東京裁判

劇場公開日

東京裁判
53%
37%
8%
0%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「人間の條件」「切腹」の名匠・小林正樹監督が、戦後日本の進路を決定づけたともいえる極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録を、膨大な映像群からまとめあげた4時間37分におよぶ歴史的ドキュメンタリー。第2次世界大戦後の昭和23年、東京・市ヶ谷にある旧陸軍省参謀本部で「極東国際軍事裁判」、俗にいう「東京裁判」が開廷。その模様は、アメリカ国防総省(ペンタゴン)による第2次世界大戦の記録として撮影され、密かに保管されていた。50万フィートにも及んだ記録フィルムは25年後に解禁され、その中には、法廷の様子のみならず、ヨーロッパ戦線や日中戦争、太平洋戦争などの記録も収められていた。それらの膨大なフィルムを中心に、戦前のニュース映画や諸外国のフィルムも交え、小林監督のもと5年の歳月をかけて編集、製作。戦後世界の原点をひも解いていく。1983年製作・公開。2019年には、監督補佐・脚本の小笠原清らの監修のもとで修復された4Kデジタルリマスター版が公開される。

1983年製作/277分/日本
配給:太秦
日本初公開:1983年6月4日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原案
稲垣俊
脚本
小林正樹
小笠原清
総プロデューサー
足澤禎吉
須藤博
エグゼクティブプロデューサー
杉山捷三
プロデューサー
荒木正也
安武龍
編集
浦岡敬一
録音
西崎英雄
音楽
武満徹
演奏
東京コンサーツ
ナレーター
佐藤慶
資料撮影
奥村祐治
ネガ編集
南とめ
監督補佐
小笠原清
ナレーター
佐藤慶
翻訳監修
山崎剛太郎
史実考査
細谷千博
安藤仁介
助監督
戸井田克彦
製作進行
光森忠勝
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11

(C)講談社2018

映画レビュー

5.0歴史の証言の貴重な記録

ローチさん
2019年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

東京裁判の模様や、満州事変当時の満州の様子、溥儀の生前当時の映像や、大川周明の「奇行」など、貴重な映像資料のオンパレードでまさに歴史の記録として完成度が作品。あまりこういう言い方は好きではないけれど、この作品に関しては日本人は一度は観た方が良い。 東京裁判の、各国の思惑のぶつかり合いを克明に解き明かし、世界のうねりの中で日本人がどのような立ち位置に置かれ、どんな思惑で動いたのかを丹念にわかりやすく見せている。 この作品で主要な位置を占める東京裁判の記録映像は、アメリカ国防総省が撮影し、保管していたものだ。大変に貴重な記録であり、そこで何が争われていたのか、アメリカからやってきた弁護士たちは人権とアメリカの国益の板挟みになりながら奮闘していた姿、フィリピン人判事の憎悪、インドのパール判事の立ち位置や、ニュージーランド人の裁判長と米国側の確執など余すところなく魅せる。やはり記録とはものすごい重要なものだ。簡単に破棄していいものではないのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
ローチ

5.0・国宝級の映像 ・東京裁判の意義を考えるということ自体に気づかされ...

小鳩組さん
2019年11月7日
iPhoneアプリから投稿

・国宝級の映像
・東京裁判の意義を考えるということ自体に気づかされた。屁理屈じゃない弁護人の指摘は目からウロコ
・被告人数=被告人席数って本当にそうなら怖い
・この流れからの新憲法の条文は心にしみた
・何をもって裁くのか、判決直前にそこに立ち戻るとは

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
小鳩組

5.0ただの裁判記録にあらず

ちゆうさん
2019年9月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

ただの裁判記録にあらず、きちんと劇中で、戦争に至った経緯、諸外国の動向、適時適切な解説が付され、貴重な昭和史の記録映像となっている。
これをみるに、軍部が憲法に記した統帥権の拡大解釈をすることで戦争に一気に突入していったことがわかる。
今、憲法9条が拡大解釈され、改憲が議論されるにいたり歴史は繰り返すな思わざるを得ない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ちゆう

5.04時間半かけてでも観なくちゃいけない映画

2019年9月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

興奮

知的

まったく飽きさせられず、画面に釘付けでした!
4Kリマスターのおかげもあって、終戦直後の日本人や各国の人たちの表情がとてもリアルに感じられ、
新作映画を観ているような感覚。

内容の感想は、「今すべての日本人が観るべき!」という一言に尽きます。
たぶん、色々な政治信条を持っている人が、この映画を自分の主張に近づけて読み取るんだろうと思うけど、
どっちにしてもこの映画が伝えている事実をみんなが知った上で、議論するべきだと痛感しました。

それから、ナレーションの声が懐かしい感じで凄くよかった!
俳優の佐藤慶だったんですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
コウジとマニ
すべての映画レビューを見る(全20件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る