東京裁判

劇場公開日

  • 予告編を見る
東京裁判
東京裁判
57%
33%
9%
0%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「人間の條件」「切腹」の名匠・小林正樹監督が、戦後日本の進路を決定づけたともいえる極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録を、膨大な映像群からまとめあげた4時間37分におよぶ歴史的ドキュメンタリー。第2次世界大戦後の昭和23年、東京・市ヶ谷にある旧陸軍省参謀本部で「極東国際軍事裁判」、俗にいう「東京裁判」が開廷。その模様は、アメリカ国防総省(ペンタゴン)による第2次世界大戦の記録として撮影され、密かに保管されていた。50万フィートにも及んだ記録フィルムは25年後に解禁され、その中には、法廷の様子のみならず、ヨーロッパ戦線や日中戦争、太平洋戦争などの記録も収められていた。それらの膨大なフィルムを中心に、戦前のニュース映画や諸外国のフィルムも交え、小林監督のもと5年の歳月をかけて編集、製作。戦後世界の原点をひも解いていく。1983年製作・公開。2019年には、監督補佐・脚本の小笠原清らの監修のもとで修復された4Kデジタルリマスター版が公開される。

1983年製作/277分/日本
配給:太秦
日本初公開:1983年6月4日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
原案
稲垣俊
脚本
小林正樹
小笠原清
総プロデューサー
足澤禎吉
須藤博
エグゼクティブプロデューサー
杉山捷三
プロデューサー
荒木正也
安武龍
編集
浦岡敬一
録音
西崎英雄
音楽
武満徹
演奏
東京コンサーツ
ナレーター
佐藤慶
資料撮影
奥村祐治
ネガ編集
南とめ
監督補佐
小笠原清
ナレーター
佐藤慶
翻訳監修
山崎剛太郎
史実考査
細谷千博
安藤仁介
助監督
戸井田克彦
製作進行
光森忠勝
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0歴史の証言の貴重な記録

2019年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

東京裁判の模様や、満州事変当時の満州の様子、溥儀の生前当時の映像や、大川周明の「奇行」など、貴重な映像資料のオンパレードでまさに歴史の記録として完成度が作品。あまりこういう言い方は好きではないけれど、この作品に関しては日本人は一度は観た方が良い。 東京裁判の、各国の思惑のぶつかり合いを克明に解き明かし、世界のうねりの中で日本人がどのような立ち位置に置かれ、どんな思惑で動いたのかを丹念にわかりやすく見せている。 この作品で主要な位置を占める東京裁判の記録映像は、アメリカ国防総省が撮影し、保管していたものだ。大変に貴重な記録であり、そこで何が争われていたのか、アメリカからやってきた弁護士たちは人権とアメリカの国益の板挟みになりながら奮闘していた姿、フィリピン人判事の憎悪、インドのパール判事の立ち位置や、ニュージーランド人の裁判長と米国側の確執など余すところなく魅せる。やはり記録とはものすごい重要なものだ。簡単に破棄していいものではないのだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
杉本穂高

4.04Kデジタルリマスター版の再上映で鑑賞。インターバルを挟んでの4時...

2020年11月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

4Kデジタルリマスター版の再上映で鑑賞。インターバルを挟んでの4時間37分は正直長かったけど、2年半に及ぶ極東国際軍事裁判の内容を4時間に収めたということ、またこの裁判の訴因は1928年の満州での爆殺事件まで遡り、それに合わせた映像になっていてそこだけでも観る価値がありました。裁判自体の意義、判決の是非は1度の鑑賞だけでは何も言うことが出来ないのが正直な感想。もう一度観ないとだめだなぁ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ワイルドとみまる

5.0知らないことが多すぎた

りやのさん
2020年8月31日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
りやの

5.0【大日本帝國の産声から終焉までを、当時の世界情勢を絡めながら「戦争」の本質、愚かさを訴えかけながら描き出した稀有なドキュメンタリー作品。】

NOBUさん
2020年8月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

悲しい

知的

難しい

ー映画の題名は「東京裁判」であるが、今作は、大日本帝國が”大東亜共栄圏”という思想に走り、右傾化し、自国第一主義に加速度的に与した結果、徐々に崩壊していく過程を描いている壮大なドキュメンタリーである。-

・ポツダム宣言発令に対し、大日本帝國が右往左往している間に広島、長崎に原子爆弾を落とされ、”無辜”の多くの市民が殺傷され、その子々孫々に影響を与えてしまった部分から始まり、

・日本と三国同盟を組んだ独逸に対する「ニュルンベルク裁判」が描かれる。
-死刑に処されたナチス幹部の死体がそのまま映し出される・・。衝撃である。-

・昭和21年5月3日に開廷した「東京裁判」。
 初日、ウエッブ裁判長の被告人達に対する厳しい言葉から始まり
ー彼は、一貫して天皇の戦争責任を追及する姿勢を貫いた。-

 大川周平(只、一人の民間のA級戦犯:大東亜共同宣言執筆に関わる)が前列に座っていた東条英機の禿げ頭を叩くシーンなどをはさみ(彼は精神異常として放免されるが、狂言であったと思う。昭和30年で天寿を全うし、著名な書物も残している・・)

 ”共同謀議”による”平和・人道に対する罪”について、昭和23年11月12日まで、英米法に則り、被告人25人に対して、弁護人を付け、その罪を精緻に問うていく過程を描き出している。

・被告人全員が”無罪”を述べる場面。
ー佐藤慶のナレーションでは、数名が有罪を希望したが、弁護側が苦労して説得したと述べられる・・。-

・根底では昭和天皇の戦争責任は追及しないというアメリカ政府の意向を受け、裁判は進むが、キーナン主席判事及び”大東亜共栄圏”思想により南京事件を始めとした、壊滅的な犠牲を出した国々の出席者からの(当然の)厳しき追及の声。
ーアメリカ政府の昭和天皇の戦争責任問わずの判断の根拠は、巷間では有名である。共産主義の台頭もその一因であろう。-

・詳細を知らなかった「木戸日記」「ハルノート」の意義

・被告人たちに与えられた「個人反証」の際の被告人たちの姿と物言い。
ー特に東条英機の反証は、興味深い。-

・ローガン弁護人の言葉。
-”貴方たちが彼ら被告人の立場であれば、同じことをしなかった確証はないであろう・・。”-

・ナレーターの佐藤慶の重々しい声で述べられる、裁判途中で制定された、”詳細な”「日本国憲法 第9条」

・そして、被告人一人ひとりが個別に呼ばれ、刑の宣告を受ける場面。
絞首刑を言い渡された東条たちの刑の執行が直ぐにされたというナレーション。

<419人が証人として発言し、800回の公判を重ねた東京裁判は、7名が絞首刑、18名は終身禁固刑が言い渡されるのであるが、彼らが法執行されたあとに流されるテロップに虚しさが募った作品。
 それにしても、日本がドイツ、朝鮮のように南北に分断されることなく終戦を迎えられたのは奇跡的であるのだなあ、という思いと、
 ベトナム戦争の”あの少年の写真”には、人間は愚かしきことを繰り返すのだなあ・・、という苦い思いがこみ上げてくる作品でもある。>

<2019年8月13日 京都シネマにて4Kデジタルリマスター版鑑賞>

<2020年8月25日 別媒体にて再鑑賞>

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
NOBU
すべての映画レビューを見る(全26件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る