フラッシュ・ゴードン

劇場公開日

フラッシュ・ゴードン
6%
29%
59%
6%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

未知のエネルギー放射線のために月の軌道がずれ、10日以内に月が地球に衝突するだろうという恐るべき事態をむかえた人類が、フットボールのヒーロー、フラッシュ・ゴードンの力を得て宇宙の平和を守るというアレックス・レイモンドの新聞連載マンガを基にしたSF映画。製作総指揮はバーナード・ウィリアムス、製作はディノ・デ・ラウレンティス、監督は「電子頭脳人間」のマイク・ホッジス、脚本はロレンゾ・センプル・ジュニア、撮影はギルバート・テイラー、音楽はクイーン、編集はマルコム・クック、美術はジョン・グレイスマークとノーマン・ドーム、特殊効果はグレン・ロビンソン、ジョージ・ギブスとリチャード・コンウェイが各々担当。出演はサム・ジョーンズ、メロディ・アンダーソン、オルネラ・ムーティ、マックス・フォン・シドー、ハイアム・トポル、ティモシー・ダルトン、マリアンジェラ・メラートなど。

1980年製作/アメリカ
原題:Flash Gordon
配給:20世紀フォックス

ストーリー

近未来のアメリカ東海岸一帯。その日、人々は暗闇の中で目ざめた。陽はとっくに昇っていいはずの時刻だ。早速科学者たちが召集され、この異常現象の調査が始められた。その結果未知のエネルギー放射線の仕業で月の軌道が12度ずつずれ、皆既食が起こったことが判明した。元NASA(米国航空宇宙局)の原子力科学者ハンス・ザーコフ博士(ハイアム・トポル)は、恐るべき事実をキャッチした。それは、月の軌道が12度ずつずれていくと、10日以内に月が地球に衝突し、人類ともども地球が壊滅するというのだ。ザーコフ博士は、その放射線を探り、それが惑星モンゴから発信されていることをつきとめた。そして、フットボールのヒーロー、フラッシュ・ゴードン(サム・ジョーンズ)を自作のロケットに乗せ、ザーコフ博士はこの大惨事を未然に防ぐべくモンゴ星を目ざして向かった。恋人デイル・アーデン(メロディ・アンダーソン)と共にモンゴ星に到着したフラッシュは森の王国アーボリア、空中都市フリジアなど、見たこともない巨大な凍ったダイヤのような世界を驚異をもって眺めた。そこにはホークマン(鷹人間)と呼ばれるエイリアンが住んでおり惑星アクエリアからはトカゲ人間が現われた。2人は、遂にモンゴ惑星の悪の軍団と遭遇し、その支配者、皇帝ミン(マックス・フォン・シドー)と姫オーラ(オルネラ・ムーティ)の無慈悲で残忍な独裁ぶりを目にする。彼らの側には悪漢クライタスと、その手下カラ(マリアンジェラ・メラート)がいたが、フラッシュらは、皇帝に反抗する銀河王国の息子バリン(ティモシー・ダルトン)とその配下の樹木人間部隊の協力を得て反乱軍を組織した。やがて壮絶な宇宙戦争が展開され、見事、フラッシュは、ミン皇帝一味を倒すのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

3.5不思議な魅力

babydollさん
2019年10月4日
iPhoneアプリから投稿

なんかわからないけど、最後まで観ちゃう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
babydoll

2.0タイトルなし

@Pigmonさん
2018年11月13日
Androidアプリから投稿

まずサントラを聴いてから映画を観た。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
@Pigmon

4.5バカげた内容なんですが、勢いよく一気に魅せてくれる

不死鳥さん
2015年2月6日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
不死鳥

3.5♪ドッドッドッドッドッドッドッドッ…フラッシュ!アァ〜

近大さん
2013年8月4日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

単純

偶然TSUTAYAに置いてあったのを見つけ(しかも新作)、思わず借りてしまった。
何故借りたかと言うと、勿論「テッド」の影響(笑)

「スーパーマン」に並ぶ人気を誇るアメコミの映画化。
「スター・ウォーズ」の元ネタの一つで、ジョージ・ルーカスは「スター・ウォーズ」製作前に「フラッシュ・ゴードン」の映画化を考えていた…というのは有名な話。
1930年代に一度映画化され(シリーズ化もされた)、本作は1980年の2度目の映画化。
「スーパーマン」も過去に何度か映像化され、1978年(と今年)には超大作となったのだが、こちらは超大作にはなれなかった?

いやはやチープである(笑)
「テッド」でいい意味でパロディにされてたのも納得のチープさである。
1980年と言うと、既に「スター・ウォーズ」や「スーパーマン」や「エイリアン」が製作され、技術的に進歩していた筈。
なのに、セットも衣装もメイクも特撮も安っぽい事(笑)
それこそ、TV特撮か50年代のSF映画。ピアノ線も見えちゃったし。
予算が無かったのかな? それとも敢えてB級のノリで作ったのかな?

話は単純明快なヒーロー活劇だが、至る所に後のSF作品への影響が見て取れる。
他惑星からの攻撃は、「スターシップ・トゥルーパーズ」や「宇宙戦艦ヤマト」へ継承。
乗り込んだロケットがアクシデントで発進…というのは、「ドラえもん」でよくある話。
偶然か運命か、選ばれた地球人が宇宙を救う…という筋書きは、「グリーン・ランタン」といった所か。

主演のサム・ジョーンズが何故か藤岡弘とダブって見えて仕方なかった(笑)
皇帝ミンは名優マックス・フォン・シドー!
おや、4代目ボンドも発見。

ツッコミ所は有り過ぎ。
惑星モンゴに不時着して何の躊躇いも無くロケットから出るフラッシュたち。酸素あるのかよ!
そして皆、英語で会話。宇宙共通の言葉!
何故アメフトの花形選手が宇宙を救う?…と指摘するのは野暮。だって、そういう話なのだから!
宇宙を舞台にした勧善懲悪ストーリーは、素直に童心をくすぐる。
「スター・ウォーズ」や「スーパーマン」のようなA級超大作にはなれなかったけど、ああいう風にオマージュを捧げられたら作品冥利に尽きる。

見なきゃ良かった…とは思わなかった。1800円出して劇場で見たら凹むかもしれないが(笑)
友達と家でツッコミながら見るのがオススメの鑑賞法。

QUEENの音楽がカッケ〜!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る