バック・イン・ザ・USSR

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

モスクワを舞台に、秘宝のイコン強奪事件に巻き込まれたアメリカ人観光客が、事件の黒幕に立ち向かうサスペンス・アドベンチャー。モスフィルムとラルゴが手を組んでオール・モスクワ・ロケを敢行した。監督は「ブルージーン・コップ」のデラン・サラフィアン、製作・脚本はリンゼー・スミス、共同製作はイルマー・タスカ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「シー・オブ・ラブ」のルイス・A・ストローラー、撮影は「D.O.A.(1988)」のユーリ・ネイマン、音楽はレス・フーパーが担当。

1992年製作/アメリカ
原題:Back in the USSR
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

ソ連のとある聖堂から、14世紀の秘宝である黒い聖母像のイコンが発見された。神父がそれを美術修復協会に預けようとするが、途中で何者かに奪われてしまう。同じ頃、モスクワのホテルで外国人ビジネスマン、スタイナーとベッドをともにしていたロシア人の娘レナ(ナタリア・ネゴーダ)は些細なことから口論をし、部屋を追い出された腹いせに彼のバッグを奪って逃げる。ホテルのロビーで、コンセルジュにバッグのことを訊問されたレナに助け船を出したのは卒業旅行中のアメリカ人大学生アーチャー(フランク・ウェイリー)だった。一目で彼女に惹かれたアーチャーはレナのあとを追い、彼女と意気投合する。ホテルに戻ると神父がロビーで彼を待っており、秘宝のイコンが奪われたこと、そしてそれがレナの奪った鞄に入っていることを告げる。彼はイコンを神父に戻すことを約束し、レナから鞄を取り戻すが、帰り道に暴漢に襲われ鞄を奪われてしまう。翌朝路上で目を覚ますと、警官と称する男クリロフ(ロマン・ポランスキー)にイコンが戻らないと監獄行きだと、脅される。アメリカ大使に助けを求めに行くが助手のクラウディア(デイ・ヤング)に話を信じてもらえず、アーチャーは逃げ廻るハメになるがクリロフに捕まってしまう。実はクリロフの正体は密輸業者で、イコンを狙っていたのだ。その間にスタイナーと神父が殺される。イコンを奪ったのは修復協会の内部の人間だった。そこからイコンを奪い返したクリロフは、彼とグルだったクラウディアとともに国外逃亡をはかる。真相をつきとめたアーチャーとレナは警察と協力して、2人を空港で逮捕するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る