人間の運命

劇場公開日:

人間の運命

解説

「戦争と平和」などで知られる旧ソ連の名匠セルゲイ・ボンダルチュクが1959年に発表した初監督作。ノーベル賞作家ミハイル・ショーロホフの小説を映画化し、ボンダルチュク監督が自ら主演を務めた。飢饉で家族を失い天涯孤独となったアンドレイはイリーナと結婚して1男2女に恵まれ、貧しいながらも幸せな日々を送っていた。やがて第2次世界大戦が勃発するとアンドレイは出征し、ドイツ軍の捕虜となって収容所へ送られる。隙を見て収容所を逃げ出した彼は数年ぶりに故郷への帰還を果たすが、そこに妻子の姿はなかった。生きる希望を失ったアンドレイは故郷を去り、長距離トラックの運転手として働き始める。そんな彼の前に、戦災孤児ワーニャが現れる。「セルゲイ・ボンダルチュク生誕100周年記念特集」(20年9月18日~、東京・アップリンク吉祥寺)上映作品。

1959年製作/101分/ソ連
原題:Fate of a Man
配給:パンドラ
日本初公開:1960年11月3日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5ソビエト映画の最も模範的作品

2020年4月18日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

息苦しいまでのナチス・ドイツへの批判精神。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
Gustav
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る