SFファンタジー「オーロラの彼方へ」テレビドラマ版のキャストが決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年3月7日 > SFファンタジー「オーロラの彼方へ」テレビドラマ版のキャストが決定
メニュー

SFファンタジー「オーロラの彼方へ」テレビドラマ版のキャストが決定

2016年3月7日 21:30

ペイトン・リストとライリー・スミス「オーロラの彼方へ」

ペイトン・リストとライリー・スミス
Photo by Kevin Mazur/WireImage、
Photo by Taylor Hill/Getty Images
[拡大画像]

 [映画.com ニュース] カルト的な人気を誇る2000年のSFファンタジー映画「オーロラの彼方へ」の、CWネットワークによるドラマシリーズ化の主要キャストが決定した。

オリジナル映画版「オーロラの彼方へ」は、太陽が活発化した影響で、ニューヨークでオーロラが観測された日を背景に、30年前に殉職した消防士の父と息子が、時を超えて無線で会話をして絆を深め、やがて周囲の人間の運命を変えていく姿を描いたSFファンタジーサスペンス。デニス・クエイドが父親役、ジム・カビーゼルが息子役を演じた。

ドラマ版は、主人公が息子ではなく娘という設定に変更されているが、米Deadlineによれば、このほど娘ライミー役に「THE FLASH/ザ・フラッシュ」「マッドメン」で知られる29歳の米女優ペイトン・リストが起用されたという。また、2016年の世界では刑事をしているライミーの父親で、1996年に死んだ同じ刑事の父フランク役には、ライリー・スミスが決定している。

ドラマ版は、米人気ドラマシリーズ「SUPERNATURAL」の現ショーランナーであるジェレミー・カーバーがプロデュースと脚本を手がける。

THE FLASH/フラッシュ〈ファースト・シーズン〉 コンプリ...[Blu-ray/ブルーレイ] THE FLASH/フラッシュ〈ファースト・シーズン〉 コンプリ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥8,748 光速を超えた、その先へ―。並み外れた超能力を持つ最速最強のヒーロー、フラッシュの活躍を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • レディ・バードの評論 レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金の評論 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆けるの評論 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
映画評論の一覧を見る
Jobnavi