ニュー・エイジ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ひたすらスタイリッシュな生活を営み、忍び寄る不安には精神主義で対抗する享楽的で刹那的な人種=ニュー・エイジの夫婦の俗物ぶりを通して、現代アメリカの夢の崩壊を描いたシニカルな風俗ドラマ。撮影に使われた現代建築や美術品、衣装(ダナ・キャラン、イッセイ・ミヤケほか)などが重要な役割を果たしている。「ザ・プレイヤー」「ショート・カッツ」の脚本で注目されたマイケル・トルキンが、初監督と脚本を手掛けた。製作は「ザ・プレイヤー」のキース・アディスとニック・ウェシュラー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のオリヴァー・ストーンとアーノン・ミルチャン。撮影はジョン・J・キャンベル、音楽はマーク・マザースボー。主演は「裸のランチ」でも夫婦を演じたピーター・ウェラーとジュディ・デイヴィス。共演は「パルプ・フィクション」のサミュエル・L・ジャクソンほか。

1994年製作/アメリカ
原題:The New Age
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

タレント・エージェントのピーター(ピーター・ウェラー)とグラフィック・デザイナーのキャサリン(ジュディ・デイヴィス)のウィットナー夫婦はビバリーヒルズの豪邸に住み、お気に入りの家具と美術品に囲まれたリッチな生活を満喫している。夫婦仲は冷えきっていたが、互いに無関心を装うことでかろうじて安定を保っていた。折からの不況でキャサリンは仕事を失い、ピーターも衝動的に会社を辞める。つのる経済的な不安に半ばやけになって開いたパーティーの夜、ピーターはベルギーから来た導士ジャンに精神的な弱さを指摘され、ゲストのミーシャと浮気して朝帰りしたキャサリンに口論を吹っ掛ける。それに対し、彼女は家庭内別居を申し出た。キャサリンはミーシャと、ピーターも愛人アリソンと公然と情事を重ね、今や夫婦は離婚する資金がないという理由だけで結びついていた。そうこうするうちにも金は底を尽き、破産まであと一ヵ月というところまで追い詰められる。二人は起死回生を賭け、「ヒップな上流階級」をターゲットにした高級指向のブティック“ヒポクラシー”をオープンした。だが、根っから商売に不向きな二人ゆえ、たちまち客足は途絶える。父親ジェフ(アダム・ウェスト)への借金もままならず、ピーターは自殺願望まで口にする。たまりかねたキャサリンは、ジャンが山中に開いた道場に出向いた時に遭遇した突然の砂嵐に、神の啓示を受けたようになり、ピーターとの関係に決着をつける決意をする。店は閉店し、家も抵当入りして文字どおり裸一貫になったピーターは、詐欺まがいの電話セールスの仕事に就く。ボスのデイル(サミュエル・L・ジャクソン)の叱咤激励を受け、どうにか初契約を取り付けるが、プライドの高い彼は屈辱を覚える。帰宅したピーターを、心中のお膳立てを整えたキャサリンが待っており、全てに疲れた彼は「死が二人を分かつまで…」と囁く彼女と共に睡眠薬を飲む。薬は致死量に達しておらず、生き延びた二人は別れた。キャサリンはさらに精神世界に傾倒し、ピーターはあの電話セールスに邁進するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0今ならわかる あの時代とあの人達

2019年5月4日
Androidアプリから投稿

New Age とは 1960年後半頃、アメリカ発信源の
霊の進化論を唱えた思想であり、この映画は
それにより「自己意識運動」に染まった人々を描いている
(シャーリー・マクレーンが 自伝的著作で、この思想を世界に 広めた)
映画は そんな世界を 皮肉を込めて、描いている

わりかしセンスの良い いけてる(自己評価は高過ぎ)
カップル、キャサリン&ピーターは 不動産投資に失敗し、本業でも失業する
セレクトショップを経営するが、これも失敗
(商売というものも 解っていない… )
結婚生活も上手くいかず、二人共 愛人を作る
(刹那的で 享楽的、また運命論的である)

崩れゆく 生活と自信… スピリチュアルなものや
怪しげな秘密クラブに逃避したり…
(これらも movement の一端である… )
メンタル崩壊だが 死にきれない二人

結構、痛烈だが「自分探し」経験者としては
「冷や汗もの」でもある
(自己啓発も その系譜)

主役二人も お洒落だが 浅はかで、私は キャサリン(ジュディ・ディヴィス)の着る ダナ・キャランや イッセイミヤケを 懐かしく見た
二人のプール付き豪邸や 親父さんの家の ロケーションも 見処

それらで 彼等の崩壊は 救えはしないが…

New Age の源流は 神智学、スピリチュアリズム、
グノーシス的神秘主義 等々で、多様な文化盗用とか 寄せ集めの疑似セラピーなどとも 批判される

最後に、自分を知る、自分らしく生きること、を追求したピーターが それらを利用した怪しげな
詐欺グループのリーダーに 収まってしまうのは、
ブラックジョークである

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
jarinkochie
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る