ドラゴン怒りの鉄拳

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ドラゴン怒りの鉄拳
7%
44%
40%
7%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

一九〇〇年初頭、上海を背景に、横暴をきわめる日本軍国主義に対決する青年の活躍を描く。製作はレイモンド・チョウ、監督・脚本は「ドラゴン危機一発」のロー・ウェイ、撮影はチェン・チン・チェー、音楽はジョゼフ・クーが各々担当。出演はブルース・リー、ノラ・ミャオ、ロバート・ベイカー、マリア・イーなど。

1971年製作/102分/香港
原題:Fist of Fury
配給:東和

ストーリー

非情可烈な日本軍国主義の嵐が中国大陸を吹き荒れる一九〇八年。その動乱のさなか上海の街に一人の中国人青年がやってきた。名をチェン・チェン(B・リー)といい、秀れた拳法の使い手だった。チェンの目的は、彼の武術の師であるチン・ウー道場の創始者ホ・ユアン・チアの葬儀に参列するためだった。道場はこの偉大な武道家の不可解な死に打ちひしがれさらにそれに追い討ちをかけるように数日後、同じこの上海で一派をかまえる日本武術協会から〈極東の病める国〉と記した看板が届けられた。明らかにチン・ウー道場、ひいては中国人全体に対する許しがたい侮辱であり、挑戦でもあった。チェンは憤激し、日本武術協会に乗り込んで会長のニン・ムウに挑んだが、ムウは三日以内にチン・ウー道場を明け渡すように要求した。チェンはこのとき以来、師は何者かに殺されたのではないかという疑問を抱き、その真相を確かめるべく上海にとどまることにした。手始めにムウの用心棒を捕えて問いつめ、地獄に送り込んで反応を待った。案の定、ムウは絶大な権力で警察を動かし、チェンを逮捕させようとした。警察に追われる身となったチェンを安じたユアンの娘のリー・エー(N・ミャオ)は町中を捜し廻ったが、見つからなかった。それを見計らったようにムウの命令を受けた日本武術協会の部下たちは手薄のチン・ウー道場を急襲した。その頃チェンも日本武術協会に殴り込み、多勢の高弟たちを次々と打ち倒していった。そして最後に残った会長ニン・ムウと彼のロシア人の用心棒との激突は、遂にチェンの勝利で終止符が打たれた。かくして偉大なる師ホ・ユアン・チアの仇は見事に討たれ、チェンの疑惑通り、ウー道場乗っ取りのためにニン・ムウがホ・ユアン・チアを毒殺した事実も明るみにでた。すべてが終わり、チェンは愛するリーと共に上海を逃れようと決意した。だが、それも束の間、ことは意外な方向へ進んだ。チン・ウー道場の門弟たちと日本武術協会との壮絶な闘いのあとに、チェンが駈けつけると、そこには日本領事と警察が待ち受けていた。権力をカサに着る領事は、チェンが自首しない限りチン・ウー道場を閉鎖し、門弟たちの命さえ保証せぬと脅迫していた。そのとき、道場の二階からチェンが突然姿を現わした。チェンは自分の命と引きかえに、リ・ウーたちを助けようと自首を申し出、階下に身を躍らせたが、その一瞬、凄まじい拳銃の音が耳をつんざいた。秘かに待ちうけていた警察隊の一斉射撃--チェンの肉体は絶叫を残して大地に伏した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

写真提供:アマナイメージズ

映画レビュー

2.5差別的思想に汚された凄く勿体無い作品

2019年7月27日
iPhoneアプリから投稿

笑える

興奮

久しぶりに鑑賞。

ブルース・リー主演の日本人を軽蔑した描写が全開のカンフー映画。

ストーリー自体はそれなりに面白いが、日本人を軽蔑した差別的描写がとにかく酷い。この人種差別的描写が無ければもっと素晴らしい純粋な娯楽作品になっていたと思うと凄く勿体無く感じた。

とにかく格闘シーンが凄まじい。ブルース・リーの技のキレとスピードが半端じゃない。もはや神がかっている領域に入っていて圧巻だった。

ラストは完全にアメリカンニューシネマ笑

人種差別的描写を盛り込んだことによって製作陣のオナニー映画になってしまったことが本当に勿体無く感じる。それほどブルース・リーのアクションが素晴らしいカンフー映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アントキのバンデラス

2.0懐かしい

2018年5月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ひぃちゃん

3.0ブルース・リーのアクションが光る反日映画

アキ爺さん
2016年7月18日
PCから投稿

ブルース・リーのアクションはカッコよいです・・・がストーリーが酷すぎて酷すぎて観ていてしんどい作品でした。当時の人は本当にこれをカッコいいと思ってたの?

日本人の描かれ方がアレなのは仕方ないにせよ、いらないシーン多過ぎではないでしょうか?特に芸者のダンスとか誰得?現代の映画に慣れているとここまで無駄が多い映画は観るのがツライっす。

ブルース・リーの映画にアクション以外の要素っていらないなぁっと感じます。アクション場面以外は早送りするのがおススメ!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アキ爺

3.0怒りの反日映画。

2016年3月5日
Androidアプリから投稿

単純

興奮

中国の反日映画かと思えるぐらい、出て来る日本人柔道家がステレオタイプの悪人にしか描かれていなかった点が残念でならない。
リーが単身、虹口道場に乗り込んで乱闘を繰り広げる本作最大の見せ場は、クエンティン・タランティーノの『キル・ビル』でのユマ・サーマンの大立ち回りに継承されていると思う。

粗悪なストーリーはともかくとして、リーのベタな変装やヌンチャクVS日本刀のバトルなど興味深い点もあった。
そしてヒロイン役のノラ・ミヤオが、芳しい香りを漂わせる白百合のような美々しさを湛えていたのも忘れ難い。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全9件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ドラゴン怒りの鉄拳」シリーズ関連作品