トト・ザ・ヒーロー

劇場公開日

20%
51%
20%
9%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

自分が向かいの家の子供と産院で取り違えられたと信じる男の悲痛な一生と、人生の幸福を取り戻すための旅を実験的な手法で描く悲喜劇。脚本・監督は本作が長編デビューになるジャコ・ヴァン・ドルマル、撮影はヴァルター・ヴァン・デン・エンデ、音楽はピエール・ヴァン・ドルマル(挿入歌はシャルル・トレネの「ブン」)が担当。出演はミシェル・ブーケ、ミレーユ・ペリエほか。

1991年製作/92分/ベルギー・フランス・ドイツ合作
原題:Toto le heros
配給:フランス映画社

ストーリー

老人ホームで暮らすトマ老人(ミシェル・ブーケ)は自分が産院の火事の際にカント家のアルフレッドと取り替えられてしまったと信じている。すべての幸福を奪われてしまった人生の思い出が浮かんでくる。8歳のトマ(トマ・ゴデ)の夢は、TVの名探偵トトになることだった。向かいの家に住むアルフレッドに比べればつつましい暮しだが、仲睦まじい家族に包まれて、トマは幸せだった。しかし、カント氏の依頼で雷雨の夜に飛び立った飛行士のパパ(クラウス・シンドラー)は戻ってこなかった。大好きな姉のアリス(サンドリーヌ・ブランク)とトマは、カント氏のスーパーに復讐を決行する。ママ(フェビエンヌ・ロリオー)がドーバーまで死体を確認しに行っている間中、姉弟は自由で夢のような日々を過した。だが、やがてアルフレッドと仲良くなったアリスにトマは激しく嫉妬する。トマの涙を見たアリスは、カント家に火をつけ、炎の中に消えた。時がたち、青年トマ(ジョー・ド・バケール)はサッカー場でアリスにそっくりな音楽家エヴリーヌ(ミレーユ・ペリエ)を見つけ、愛しあうようになった。が、駆け落ちの日に彼女がアルフレッドの妻であることを知り、トマは絶望する。そして今、大実業家となったアルフレッドが殺し屋に命を狙われていることを知ったトマは、それより先に復讐を果すために懐かしい通りのカント家へ向かうが、アルフレッドもまたトマに嫉妬していたことを知り、年老いたエヴリーヌ(ギーゼラ・ウーレン)とも再会し、決意してアルフレッドとして銃弾に倒れるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0こども老人の悲しき空想の世界

mimiccuさん
2018年6月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

難しい

老人トマ、同じ誕生日で向かいのアルフレッド、ときどき姉エヴリーヌ。頭から終わりまで老人の回想、空想、夢、劇中劇(トト・ザ・ヒーロー)が入り交じりながら進む。終盤の老人を追い越すトラックの荷台に父と姉が演奏する軽快な主題歌「♪ブン、~ブン」が老人の悲劇性を一層引き立ててた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
mimiccu

3.5女優の魅力

2017年3月23日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

幸せ

萌える

わぁ、ミレーユ・ペリエだぁ! 知らないで観てたら彼女が出てきたのでびっくり! カラックス監督の『ボーイ・ミーツ・ガール』で完全に彼女にノックアウトされてた私なんで、こうやって偶然で出会えたのは嬉しかったなぁ。

そう考えると、この作品、確かにトマの悲しさがベースなんだけど、その悲しさを一層際立たせたのが、やっぱりミレーユ・ペリエ、そして子役のサンドリーヌ・ブランクのなんとも言えぬ魅力だったと思います。

やっぱり女優って大事だなぁ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー

3.5けっこう面白かった

2014年10月1日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

2.0空想と回想の物語

2013年2月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る