「とと姉ちゃん」子役・内田未来ちゃん、ベルギー人監督次回作で女神役に!?

2016年4月12日 16:10

内田未来ちゃん
内田未来ちゃん

[映画.com ニュース] NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」でヒロイン・小橋常子(高畑充希)の幼少期を演じた子役・内田未来ちゃんが4月12日、東京・麹町のベルギー王国大使館で行われたコメディ映画「神様メール」の監督来日会見に出席した。

映画は、ベルギー出身のジャコ・バン・ドルマル監督(「トト・ザ・ヒーロー」)による約6年ぶりの新作。ベルギー・ブリュッセルに暮らす神様と、その娘エアが巻き起こす世界規模の騒動を描き、同国やフランスで大ヒットを記録。今作は日本・ベルギー友好150周年記念作品として公開されることから、未来ちゃんは祝福の花束をドルマル監督に贈呈した。

主人公エアと同じ10歳の未来ちゃんは、ひと足先に映画を鑑賞したそうで「すごく面白くて、途中で何回も笑ってしまいました」と大いに楽しんだ様子。これにはドルマル監督も、満面の笑みで「メルシイ!」と感謝した。さらに神様と娘が奇跡を起こす物語にちなみ、「どんな奇跡を起こしたい?」と問いかけられると、「私のお芝居で、見てくれた人を楽しい気持ちにしたり、もっと頑張ろうという気持ちになってくれたらいいと思います」とほほ笑んだ。

また、MCから「日本で一番有名なドラマに出演した子役」と紹介され、「次回作にぜひ!」と推薦されると、ドルマル監督は「(今作に)神様はたくさんいるんですが、女神はあまりいないんです。女神役をやってもらおうかな」とノリノリ。未来ちゃんは控えめながらも「嬉しいです」と喜び、そんな姿にドルマル監督は「未来ちゃんの未来が、とても明るいものになることをお祈りしています」と祈願していた。

神様メール」は、5月27日から東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入
トト・ザ・ヒーロー[DVD]

トト・ザ・ヒーロー[DVD]

自分が向かいの家の子供と産院で取り違えられたと信じる男の悲痛な一生と、人生の幸福を取り戻すための旅を実験的な手法で描く悲喜劇。

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース