天井棧敷の人々

ALLTIME BEST

劇場公開日

  • 予告編を見る
天井棧敷の人々
49%
35%
10%
4%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フランス映画の古典として知られる傑作群像劇。19世紀半ばのパリを舞台に、女芸人ガランスをめぐってさまざまな男たちが織りなす人間模様を、第1部「犯罪大通り」、第2部「白い男」の2部構成で描く。1840年代、劇場が立ち並ぶパリの犯罪大通り。パントマイム師のバチストは、女芸人ガランスを偶然助け、彼女に恋心を抱く。ガランスは俳優ルメートルや犯罪詩人ラスネールにも思いを寄せられていたが、誰のものにもならない。そこへ、同じくガランスにひかれる富豪のモントレー伯爵が現れる(第1部)。数年後、座長の娘ナタリーとの間に一児をもうけたバチストは、フュナンビュル座の看板俳優として舞台に立っていた。そんなバチストを毎夜お忍びで見に来る女性がいたが、彼女こそ伯爵と一緒になったガランスだった。ガランスが訪れていることを聞いたバチストは、ある時、居ても立っても居られずに舞台を抜け出すが……(第2部)。第2次世界大戦の最中、ナチスドイツ占領下のフランスで撮影だけで約2年の歳月をかけて製作された。監督と脚本は、ベネチア国際映画祭の監督賞を受賞した「霧の波止場」などを送り出してきたマルセル・カルネとジャック・プレベールの名コンビ。出演はジャン・ルイ、アルレッティ、マリア・カザレス。解放後間もないフランスで公開されて大ヒットを記録したほか、ベネチア国際映画祭特別賞などを受賞。日本では1952年に初公開。2020年10月、製作75周年を記念して「4K修復版」でリバイバル公開。

1945年製作/190分/G/フランス
原題:Les enfants du paradis
配給:ザジフィルムズ
日本初公開:1952年

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)1946 Pathe Cinema - all rights reserved.

映画レビュー

4.0制作年に吃驚

Jolandaさん
2021年5月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

難しい

鑑賞から数日が経過してしまいました(つっても10~20年経過しててもあんまり気にせずレビュー書く私だけれども)。

ナチスドイツ支配下で作ったんですね、この映画。すげー、の一言。 ウィリアム・ワイラーの『我等の生涯の最良の年』の制作年(確か42年とか45年とかその辺り)を知った時と同じような衝撃。

観ながら思い出したのですが、実は数年前に衛星で、第一部のバチスト初登場あたりのシーンをチラ見してました。(映画の)名前がすごく有名だから、観なきゃ観なきゃとは思ってたんです。

長いよね、、3時間。終盤、ラスネールがサウナに居る辺りはもう集中が切れてた気が、、汗

観ながらまた思ったのは、バチストって何かこう、、ヤンキーの彼女(ちょっと浮世離れした雰囲気の)に惚れちゃった純朴青年的な趣があるな、と。しかし、、随分また急激に熱烈に恋に落ちますよね。ちょっと置いてきぼり喰らいましたわ、、まぁ、昔だし、、フランスだし、、

ガランスとナタリーはまた対照的な女性。
是が非でも本妻の立場で居たいナタリーと、なんやかんや愛人の立場になってしまうガランス。(しかし、、ナタリーの立場ってけっこう傍目にはキツそうに見えるんだけど、、)

若い、儚い、守ってあげたい、ロリ、そういうのがもてはやされがちな日本に生きていると、「成熟」が服着て歩いてるみたいなガランスが(男達によって)もはや入れ食い&一人勝ち状態になっている様は何とも、、隔世の感、じゃなかった、カルチャーショックですね、今更ながら。

教訓:悪党とつるんじゃだめ(fromガランス)、鉄は熱いうちに打て(fromバチスト)。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Jolanda

4.5恋はタイミング

movieさん
2020年11月21日
Androidアプリから投稿

20108.軽い日常を描きながら、徐々に人物像を明らかにする前半。抗いようのない悲劇に向かうラスト。クリアな4K修復版。傑作

コメントする (コメント数 4 件)
共感した! (共感した人 2 件)
movie

4.0「シェルブールの雨傘」とは異なり過去を選択した男

2020年11月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

かつてのNHKBS放送録画分を再鑑賞。

この映画、
同じ仏映画「シェルブールの雨傘」の
男性主人公と比較して観てしまう。

ラストシーンで妻子を捨ててまで
ガランスを追う、つまり現在よりも過去
を選択するバチストだが、
一方、「シェルブール…」の男性主人公は、
“心の中”で過去よりも現在を選択する、
というか過去を切り捨てる。

男性主人公の対照的な対応だが、
では「シェルブール…」の彼は
バチストよりも彼女への想いは
弱いだろうか。いや少なくとも、
ガソリンスタンドに現れた彼女が
自分の子供を連れているのを知った上での
決断だ。

この「シェルブール…」は
カトリーヌ・ドヌーヴが主演のため、
ついつい彼女にウエイトを置いて
観てしまうが、
何の落ち度も無い彼の立場で観ると
良く理解出来る。
この作品で観客は、
男性主人公が現在の縁を大切に、
過去を断ち切る“心の中”の決断を目撃する。
そこに私は、より涙が溢れた。

最初に「シェルブール…」を鑑賞した時、
一緒になれなかった男女が、
お互いの想いを秘めたままの再会と別れに
感傷的に感動していたが、
この「天井桟敷の人々」を観て、
「シェルブール…」再鑑賞時の、
過去を断ち切り、現在を選択する男性の
気持に感動を覚えたことを思い出す。

結婚後のバチストの感情描写がほぼカット
されていることもあり、妻子を振り切っての
ガランスへの行動に共感出来る方は
私も含めなかなか少ないかとは思うが、
一方で、
総体としての各登場人物の丁寧な描写から、
そんな想いもあり得るのかなと観た。

男女の恋愛感情は難しく、
常識論では捉えきれない。
一見、全ての登場人物に破滅が訪れた
如くのフィナーレではあるが、
人間何が幸せなのか、
何かと考えさせる映画だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
KENZO一級建築士事務所

5.0永遠に色褪せない愛しき名画

2020年10月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

幸せ

『好いた者同士には、パリは狭いよ』

しかし、愛する者同士は、パリどころか遠く何年隔たれようとも、朝も昼も夜もずっと一緒だった。
劇中劇と劇中の物語が重なり遇い、音楽の調べにのせて男女の想いが身体性豊かに交差し奏でられる。
愛が無ければ、たとえ夜を共にしても孤独と嫉妬で心満たされず、月を追うように愛は指先に届かない。

貴賤が入り乱れる激動のパリを舞台に、天井桟敷に生き生きと渦巻く無名の市民を借景として、一人のアフロディーテを取り巻く男女の悲喜劇を捉えたこの作品は、愛の本質一点にフォーカスし、全編190分に渡り微塵の隙なく観る者の知的好奇心と感情のうねりを鷲掴む、永遠に色褪せない愛しき名画である。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 2 件)
森のエテコウ
すべての映画レビューを見る(全14件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る