ティグレロ 撮られなかった映画

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“ハリウッドのアウトサイダー”として知られるサミュエル・フラー監督が54年に企画しながら製作できなかった映画『ティグレロ』。その記憶を、フラーがこの映画の舞台に考えていたブラジルのカラジャ族の土地に訪ね、その過去と現在を映し出すドキュメンタリー映画。監督・製作・脚本・編集は「ヘルシンキ・ナポリ・オールラントロング」のミカ・カリウスマキ。原案・製作補(ソシエイト・プロデューサー)はサミュエル・フラー夫人のクリスティナ・ラング・フラー。音楽はナナ・ヴァスコンセロス、チャック・ジャンキーとカラジャ族の民族音楽。出演はサミュエル・フラーと、彼を師とあおぐ「デッドマン」の監督ジム・ジャームッシュで、ナレーションも担当。94年ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞、95年サンフランシスコ映画祭ゴールデン・ゲート賞を受賞。1996年11月2日より、東京・渋谷ユーロスペースにて開催された「第2回アート・ドキュメンタリー映画祭」にて上映。

1994年製作/75分/フィンランド・ドイツ・ブラジル合作
原題:Tigrero-A Film that Was Never Made
配給:ユーロスペース

ストーリー

サミュエル・フラーとジム・ジャームッシュは二人でカラジャ族の土地に旅する、半ば劇映画のような構成になっており、明らかに演じられたと思われるシーンもあり、特にラストは完全なフィクションと言えるだろう。なお引用される映画はフラーの代表作「ショック集団」で、現在めったに見ることができないパートカラーのオリジナル版を見ることができる。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

3.5トーキョー ノーザンライツ フェスティバル 2018

2018年2月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

萌える

ティグレロ=J・ウェイン!?

S・フラーとJ・ジャームッシュの関係性に和ませられて冗談半分なラストに笑わせられる。

ドキュメントのようで半分は演技しているであろう二人の貴重な姿が観られるのは興味深い。

この二人が好きだからこそ楽しめる映画で個人的にはジャームッシュの素?の姿を堪能出来たのはファンとして嬉しい限り。

ジャームッシュのTシャツがRAMONESって最高!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
万年 東一
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る