殺人狂時代

劇場公開日:

  • 予告編を見る
殺人狂時代

解説

チャールズ・チャップリンが監督・脚本・製作・作曲・主演を務め、戦争による大量殺人を告発した異色のブラックコメディ。

銀行員として真面目に働いてきたヴェルドゥは、不況のあおりを受けて仕事を解雇されてしまう。彼は車椅子の妻や幼い息子を養うため、裕福な女性を次々と誘惑して命と財産を奪っていく。数年後、ついに逮捕された彼は、シニカルなメッセージを残して死刑台へと向かう。

チャップリンがおなじみの放浪者役を封印して洗練された紳士を演じ、痛烈な反戦メッセージを込めながら、スタイリッシュなユーモアと名演出で描き出す。しかし戦勝に沸いていた当時のアメリカでは激しいバッシングを受け、チャップリンが事実上の国外追放を受けるきっかけのひとつとなった。

1947年製作/124分/アメリカ
原題:Monsieur Verdoux
配給:KADOKAWA
日本初公開:1952年9月2日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)Roy Export SAS

映画レビュー

3.0堺正章

2022年11月16日
iPhoneアプリから投稿

チャップリンが終始、堺正章に見えた。
お笑い要素はあまりなく、やや退屈だった。

結婚式のシーンとかもっと面白くできそうだけどなあ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
hyvaayota26

2.5後半の展開までの序章が長すぎた。

2021年4月13日
iPhoneアプリから投稿

後半の展開までの序章が長すぎた。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
せーじ

3.0最後のラム酒一気飲み!

2021年3月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

この歳になって初めて見た名作…
有名な台詞
「一人を殺せば殺人者だが、百万人を殺せば英雄だ」
は知っていたが終盤の決め台詞だったんですね
テンポのあるコケティッシュな場面が秀逸
そんな時の表情と、人間性を取り戻す瞬間の表情
チャップリンが称賛されるわけです…

コメントする (0件)
共感した! 0件)
mamagamasako

5.0殺人狂時代

2021年3月24日
iPhoneアプリから投稿

楽しめました。
戦争はビジネス、殺人は悪、解せないですが現実です。
あと雨宿りの女性とのストーリーも主人公の人間性の一面を表してますね。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
alextm
すべての映画レビューを見る(全16件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る