黄昏(1981)

ALLTIME BEST

劇場公開日

黄昏(1981)
49%
41%
5%
0%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ニューイングランドの静かな湖畔を舞台に老夫婦と娘をめぐるひと夏の触れ合いを描く。製作はブルース・ギルバート、監督は「ローズ」のマーク・ライデル、原作・脚色はアーネスト・トンプソン、撮影はビリー・ウィリアムス、音楽はデーヴ・グルーシン、編集はロバート・L・ウォルフ、衣裳はドロシー・ジーキンズが各々担当。出演はキャサリン・ヘップバーン、へンリー・フォンダ、ジェーン・フォンダ、ダグ・マッケオン・ダブニー・コールマンなど。日本語版監修は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1981年作品。

1981年製作/アメリカ
原題:On Golden Pond
配給:ユニヴァーサル=CIC

ストーリー

初夏のニューイングランド地方。「ゴールデン・ポンド」と呼ばれる湖のほとりに、サイヤー一家の別荘があった。引退した大学教授ノーマン(ヘンリー・フォンダ)と妻エセル(キャサリン・へッブバーン)が、今年も夏をこの別荘で過ごそうとやってきた。もうすぐ80歳をむかえるノーマンは心臓が悪く、物忘れもひどくなっており、死への恐怖は増すばかりであったが、エセルはおだやかな愛情をもってノーマンを支えていた。ある日、彼らの1人娘チェルシー(ジェーン・フォンダ)から手紙が届く。ノーマンの誕生日を祝いにこの別荘に来るという知らせだった。チェルシーは離婚経験がある。13歳になるビリー(ダブ・マッケオン)という息子がいるボーイフレンドの歯医者ビル(ダブニー・コールマン)を伴ってやってきたチェルシーは、エセルには心から接すことができるが、父ノーマンとは相変わらずかみ合わない。さらに悪いことには、ノーマンはビルにまで皮肉を言い、激しい感情のぶつかり合いを展開する。やがて、チェルシーがビリーをおいてビルと共にヨーロッパへと旅立った。1人残されたビリーは、しかし、だんだんとノーマンになついていき、2人はウォルターと呼ばれる魚を探しに岩だらけの入江へと釣りに出かけた。夕暮れになっても戻らない2人を心配するエセル。彼女の心配をよそに、2人はその後も釣りに熱中し入江を訪れた。一方、ブリュッセルでビルとの結婚式を済ませて帰ってきたチェルシーは、エセルにノーマンの気持ちがわからないと告げ、逆に「あなたは彼の愛情深い人柄をまだわからないの」と責められる。ウォルターを釣って意気揚々と帰ってきたノーマンに、チェルシーは初めて素直な気持ちで口を開いた。「普通の父と娘のような関係になりたい。パパと仲良くなりたい」と…。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第6回 日本アカデミー賞(1983年)

ノミネート

外国作品賞  

第39回 ゴールデングローブ賞(1982年)

受賞

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) ヘンリー・フォンダ
最優秀脚本賞 アーネスト・トンプソン

ノミネート

最優秀主演女優賞(ドラマ) キャサリン・ヘプバーン
最優秀助演女優賞 ジェーン・フォンダ
最優秀監督賞 マーク・ライデル
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0黄昏に向かう覚悟

2019年12月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

中学生の頃に映画館で見た覚えがあります
きっと何かと同時上映だったのでしょうね
中学生の私に分かるはずもないこの不安
アビの鳴き声は不安を誘うようでもあり安堵を示すようでもあります。
我が母より先日電話があり
「物忘れがひどくてやだよー」とのこと
老いは生きていれば当たり前に一日一日確実に来るもの
なのに私は突然来るような気がしてなりません
そんなはずないのにね
昔からハワイはいつか日本の直ぐそばに来るんだよと言われた事を思い出します
やっ、それはホントだからね
10代20代の君達
分かる時が来るけどそれまでは大きく羽を伸ばすんだよ
それからじじいやばばあの相手もそこそこしてね
SNSだってかまわないからさ
でわでわ

あっ、一つ心に止まったセリフ
「人生は前に進んでる」
歳を取った人も若者も同じ時を刻んでる
この意味はとても深いように思います

でわ でわ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カルヴェロ1952ll

5.0デイブグルーシンから始まるオープニングからこの映画のにフィルムの一...

JOHN DOさん
2019年5月18日
iPhoneアプリから投稿

デイブグルーシンから始まるオープニングからこの映画のにフィルムの一部となり役者の格とは何か背景の美しさとは何かキャサリンヘップバーンとは何者かを教えてもらった教科書作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JOHN DO

3.5毒舌はエッセンス、人生を自然体で受け止める老夫婦は美しく、随所随所...

2018年12月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

毒舌はエッセンス、人生を自然体で受け止める老夫婦は美しく、随所随所の台詞には胸を打たれる。若かりし頃の映画を観てい2人の名優の老いた姿が現実と重なり寂しさも覚えた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

1.0葛藤

2014年8月7日
Androidアプリから投稿

怖い

あんな頑固親父いるんですかね。
フィクションを嘘として受け止めれてないんでしょうか。嘘なら嘘でもっと美しい嘘をついて欲しかった。何だかんだ映画も進歩してて、眼と耳の肥えたつもりの身としては残念だった。
やはり、企画からしてフォンダ親娘の和解に端を発しているからかな。それにしても字幕と英語台詞の違いも飛躍しすぎていると思った。
運命共同体である家族が言葉で殴り合うなんて悲しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タカナシ
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る