第七の予言

劇場公開日:

解説

新約聖書の黙示録に記された“七つの予言”を基にしたオカルト・スリラー。エグゼクティヴ・プロデューサーはポール・R・グリアン、製作はテッド・フィールドとロバート・W・コート、監督はカール・シュルツ、脚本はW・W・ウィケットとジョージ・キャプラン、撮影はジュアン・ルイス・アンキア、音楽は「ナインハーフ」のジャック・ニッチェが担当。出演は「きのうの夜は…」のデミ・ムーア、「エイリアン2」のマイケル・ビーン、「ビバリーヒルズ・コップ2」のユルゲン・プロホノフほか。

1988年製作/アメリカ
原題:The Seventh Sign
配給:コロムビア・トライスター

ストーリー

うるう年を翌年に控えた1987年。ハイチ島の海岸で死魚が打ちあげられたり、一夜にして砂漠の村が凍結したり、世界各地で異常現象が起きていた。同じ頃のカリフォルニア、弁護士のラッセル(マイケル・ビーン)を夫に持つアビー(デミ・ムーア)は2月29日に出産予定の子をみごもっていた。そんな2人の家に、デイヴィッド(ユルゲン・プロホノフ)と名乗る謎の男が下宿する。その時からアビーを不気味な現象が襲うようになる。デイヴィッドに不審を抱いた彼女は彼の留守中部屋の中を調べ、古代文字で書かれた文書を発見した。そこに書かれていたのは、「聖書の“七つの予言”が全て現実になった時、世界は崩壊する」という文章だった。七番目の予言こそ、アビーの出産なのだ。いまラッセルが弁護にあたっている少年の死が第五の予言と知った彼女は、少年の死刑を止めようと処刑場へ急ぐが、世界の崩壊を願う神父(ピーター・フリードマン)の手によって少年は殺されてしまい、アビーも銃弾を受けた。その時、第六の予言通り日食が起き大地震が人々を襲った。そんな中でアビーに激しい陣痛が起こる。運命の日、アビーはついに赤ん坊を出産。彼女の死と新たな生命の誕生によって世界は救われるのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

映画レビュー

2.0残念な1作

2021年3月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

90年代くらいによくあった、昼間の地上波で放送してたようなアメリカ映画のひとつ。
聖書の予言、神の怒り、アポカリプスと、よくあるテーマ。人間は自己犠牲によって神の愛を再び勝ち取れるのかという話は悪くないと思うのだけど、どうも間延びした展開だった。
アビー妊婦にしては軽やかすぎるし、しいたけみたいな傘が気になった。
Netflixにあったから観たけど、残念。デミ・ムーアって名前は有名だけど、実際出てる作品は当たりがないよなぁ……。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ちかし
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る