存在の耐えられない軽さ

劇場公開日

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

激動の68年のプラハを舞台に有能な脳外科医の若者が体験する波乱の人生を描く。製作はソウル・ゼインツ、エグゼクティヴ・プロデューサーはバーティル・オールソン、監督は「ライトスタッフ」のフィリップ・カウフマン、ミラン・クンデラの原作を基にジャン=クロード・カリエールが脚色。撮影はスヴェン・ニクヴィスト、オリジナル音楽はマーク・アドラー、アラン・スプレット選曲によりレオシュ・ヤナーチェクの楽曲が全篇に配されている。編集はB・シアーズ、ヴィヴィアン・ヒルグローヴ、ステファン・A・ロッターが担当。出演はダニエル・デイ・ルイス、ジュリエット・ビノシュほか。

あらすじ

68年のプラハ。トマシュ(ダニエル・デイ・ルイス)は、有能な脳外科医だが、自由奔放に女性とつき合っている独身のプレイボーイ。画家のサビーナ(レナ・オリン)も、そんな彼の数多い女ともだちの1人。2人が逢う時は、必ず、サビーナが大切に保存している祖先から伝わる黒い帽子と楕円形の鏡がそばに置かれていた。ある日トマシュは出張手術に行った先でカフェのウェートレス、テレーザ(ジュリエット・ビノシュ)と出会う。トマシュの本を読む姿に惹かれたテレーザは、トマシュのアパートに押しかけ、2人は同棲生活を始める。トマシュにとっては、初めての女性との深いかかわりだった。トマシュとサビーナの計らいで写真家としての仕事を始めたテレーザ。トマシュは、相変わらずサビーナとも逢い、一方で、共産主義の役人たちを皮肉ったオイディプス論なども書いていた。やがてソ連の軍事介入--チェコ事件が始まり、サビーナは、プラハを去り、ジュネーブへと旅立つ。追いかけるようにしてトマシュとテレーザもジュネーブヘ向かう。相変わらず女性と遊んでいるトマシュにイヤ気がさし緊迫したプラハへと戻ってしまうテレーザ。大学教授フランツ(デリック・デ・リント)と交際していたサビーナもアメリカへと去る。テレーザを追ってプラハに戻ったトマシュだったが、プラハは以前のプラハではなかった。オイディプスの論文が原因で外科医の地位もパスポートも失ったトマシュは、テレーザと共に田舎に行き、農夫としてひっそりと暮らし始める。カリフォルニアで新生活を始めていたサビーナのもとに1通の手紙が届いた。それはトマシュとテレーザが事故で突然死んだという知らせだった。

1987年製作/171分/アメリカ
原題:The Unbearable Lightness of Being
配給:松竹富士

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第46回 ゴールデングローブ賞(1989年)

ノミネート

最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀助演女優賞 レナ・オリン
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

4.5軽くないよ、硬派だよ

きりんさん
2019年2月7日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「存在の耐えられない軽さ」???
いったいトマシュのどこが"軽い"のか、納得のいかない題名です。

このタイトルは邦題がおかしいのかと思ったが、原題そのままの訳なんですね。
浮気を咎めるテレーザの一言がそのまま表題になってしまっています。
でも多少の女好きは若い外科医なら当たり前でしょう。

その彼がプラハへのソ連軍侵攻と秘密警察の思想弾圧に屈せず、職も地位も一切を投げうって、持ち物といえばたった二つ、
─愛妻テレーザと「オイデプス」に込めた自身のプライドだけ─を携えて田舎へ行くという闘争の歴史ではありませんか。
これを硬派と呼ばずして?

テレーザのどこがそんなに良かったのかは、これがまったく不明。おつむが"軽くて"男にとっては"重い女"テレーザ。その彼女を理由もなく愛し守って添い遂げた、そんな男の重厚な物語なのでした。

撮影時には23歳のジュリエット・ビノシュです。前髪を切ってもっと幼く見えますね。アップ多用は監督の惚れ込み様の証。

171分と長尺にも関わらず
飽きさせないのは、どこかTVドラマ風の 早い画面の切り替え故。たびたび暗転します(CMタイム?)。そして繰り返し3つのマグカップを写して3人の固い友情を話の核としている。
かつ、どのエピソードにも無駄がなくて煌めいているのです。⇒どこから再生しても引き込まれる。

たまにはR18の"お色気物"でも観るか~(笑)と借りたDVDでしたが、とんでもなかった。「タクシー運転手」の光州事件のシーンを思い出すシリアスな作品でした。

サビーネ役のレナ・オリン素敵ですね。「愛を読む人」のアウシュビツ生存者。
トマシュはもちろん「ガンジー」~「リンカーン」へと大成するダニエル・デイ=ルイスでした。

若き日の三大名優の共演。
さすが、みんな上手いわ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
きりん

4.5終わり方が許せない

hide1095さん
2018年12月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

なかなかの映画だったけれど、終わり方が許せないよー。でも、エロいシーンは凄くエロかったり。おいらはただのヌードではエロさは感じないのだけれど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hide1095

4.530年間支持され続けている映画の存在理由

琥珀さん
2018年9月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

『どうしようもないくらい軽い奴だけど、どうしようもないくらい好きで仕方ない』

そんな女こころを、超絶可憐なジュリエット・ビノシュが演じている。これ以上何を望むというのでしょうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
琥珀

4.0ソウル・ゼインツなんですね。

rockoさん
2014年6月13日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

知的

トマシュがあれだけすき放題やっていながら周りからぜんぜん責められないのがすごいですよね。当事のヨーロッパの風潮なのか、それとも彼自身の人柄からなのか、二人の女性もトマシュに振舞わされながらもそれを受け入れている。確かに彼は男性から見ても女性から見ても魅力的でですよね。キザだけどどこか愛嬌があって人間味があって。

参院の関係が歴史的な背景で翻弄されたり、一つのシーンが小さな物語で完結していて映画そのものがその連続であったり、台詞にところどころ気の利いたユーモアが入っていたり、ゼインツ氏の作風がしっかり入っていました。

テレサが飼い犬が死ぬときの「心配しなくていいのよ、○○(名前は忘れましたが、知り合いのおじさんが飼っている豚)もすぐにそっちに行くからね。」という台詞とか、ラストでは豚よりも先に彼らが死んでいるところとか、ナチュラルなブラックユーモアがよかったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
rocko
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る