西部戦線異状なし(1930)

劇場公開日:

解説

世界的な評判を得つつあるエリッヒ・マリア・レマルク氏の同名小説を映画化したユニヴァーサル社の特作品で「裏切者」「暴力団(1928)」のルイス・マイルストーン氏が監督に当たった。「楽屋行進曲」のジョージ・アボット氏と「暴力団(1928)」のデル・アンドリュー氏が協力して潤色脚色し、台詞はマクスウェル・アンダーソン氏とジョージ・アボット氏が筆をとり、キャメラは「薮睨みの世界」「娘乱暴記」のアーサー・エディソン氏が担任した。主なる出演者は新進のルイス・エイヤース氏を始め、「美人国二人行脚」のルイス・ウォルハイム氏、スリム・サマーヴィル氏、ベン・アレクサンダー氏、ベリル・マーサー夫人、ヨーラ・ダヴリル嬢、アーノルド・ルーシー氏等である。

1930年製作/アメリカ
原題:All Quiet On The Western Front
配給:大日本ユニヴァーサル社輸入

ストーリー

欧州大戦に於て西部戦線の戦いたけなわなる頃。ドイツのある町の学校の窓下を戦場に向かう大部隊が通過しつつある。そこの教室では老教師カントレックが生徒達に愛国主義を吹き込んでいる。進軍の雑音と教師の弁舌に若い生徒達の血潮は燃えて彼らは直ちに出征を志願する。ポール、アルバート、ケムメリッヒ、ミュラー、ベーム、ピーター達がその中に数えられる。入隊した第一夜、かつて町の郵便配達であったヒンメルストスは曹長として彼らの前に立つ。そして苛酷な彼の訓練の後若者等は戦場へ送り出される。戦線後部の輸送所に於てポール達は最初の戦慄を感じる。ポール達は老兵に食物を求めてかえって彼らに嘲笑される。古参兵中の腕利きカチンスキーは豚を盗んで来て彼らの前に食物を供する。かくて彼らは初めて戦場へ身を晒す。それはカチンスキーに導かれた鉄条網張りの任務である。天空と大地とが厳しい砲火に轟き渡っている中に無残に碎かれてゆく若者達の英雄主義。ついに塹壕の中でベームは砲音によってヒステリーになる。ケムメリッヒもまた狂って飛び出したため脚部を打ち砕かれる。こうして彼らは幾日かを塹壕の中で仏軍の来襲を待たされるのである。糧秣車の前で兵士は分配を待っている。コックは150人分を用意しながら今は80名に減じた彼らに食糧を与えることに勿体をつける。ポール達は病床のケムメリッヒに長靴を所望してかえってケムメリッヒに障害者となったことを知らせ彼を狂乱させる。やがてポールはケムメリッヒの死んでいく態を目前に見せつけられる。教会付近の激戦でポールは腕を傷め爆破のために掘られた穴の中に砲火を避けたがその時飛び込んで来た仏兵を突き刺してしまう。終夜ポールは死に行く仏兵の傍らにあって戦争に対する疑惑と深い悔恨に苦しめられる。陣地へ戻ったポールは僚友と運河の流れで体を洗う。その時に通りかかった岸辺のフランス娘達に彼らは異性の匂いを感ずる。ポールはその後右腹部に負傷し保養のため故郷の町に帰る。だが彼の目に映ったものは教室で相変わらず少年達に愛国心を吹き込んでいるカントレックの姿とビールを飲みながら勝手な戦争論を闘かわしている金持ちや重役の姿であった。病める老母と姉とを跡に残して再び戦場へ来たポールは16歳の少年兵と老兵チャーデンの分隊に入る。カチンスキーをも訪ねたがその久しぶりの再会中カチンスキーは敵弾に命を落とす。そしてポール自身もある一日塹壕から蝶を捕らえんとする所を敵兵に撃ち殺されてしまった。だが司令部への報告は彼の死などには関係なく「西部戦線異状なし、報告すべき件なし」と伝えられた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0第3回アカデミー賞最優秀作品

森林熊さん
2022年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

タイトルは知っていたものの、昨今情勢などから興味が沸き初めて視聴した。機関銃や大砲が撃たれる中、歩兵部隊が相手の塹壕目掛けて突撃する様など、現代に生きる私達からすると正気の沙汰とは思えない。それほど命が軽く、次から次へと共に出兵した同級生や戦友たちが死んで行く。主人公のポールは重傷を負いながらなんとか生き残り、母と姉の元へ少しの間だけ帰郷する。しかし、あまりにも情勢を分かっていない父や周囲の人たち。軍人でもないただのオジサンたちが地図を広げ、ここを抜けだの、パリに一気に攻め込むべきなど、現有戦力や戦況も分かっていない机上の空論の戦略論を繰り広げる様はあまりにも痛々しい。また、国のために戦うことが美徳だと思い込む若者たちにも失望し、ここは自分の居場所では無いと予定を早めて戦場に戻るも、こんな呆気なくという終わり方。しかしそれだけ冒頭でも書いた通り命が軽いのだ。

この映画が作られたのは1930年。反戦小説を原作として作られたもので、第一次世界大戦と第二次世界大戦のほぼ中間というのはなんという皮肉か。戦争の悲惨さ、無意味さを必死に伝えようとしていることが分かる。にも関わらずこの現代社会において、第三次世界大戦すらあり得るという事態が今まさに起きている。作中で次の戦争はお偉いさん達が裸で殴り合いすればいいというセリフがあった。今も昔も犠牲者は若者や弱者ばかりだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
森林熊

5.0反戦映画の歴史的傑作にある、戦場の悲惨さを写実したマイルストン監督の演出美

Gustavさん
2021年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波

第一次世界大戦におけるドイツ軍の若い兵士たちを等身大の姿で描き、戦場の前線の悲惨さや残酷さを生々しく表現して、戦争の愚かさを説得力を持って訴え掛ける反戦映画の傑作。
特に、戦争を扇動し好戦を主張する大人たちと戦場に送られ実際に人殺しをさせられる若者との対比が象徴的に扱われていて、戦争に追い詰められた人間社会の構図を俯瞰した客観的な視点が勝る。それが地味に静かに、心に染み入る感動を呼ぶ作品になっていた。声高に反戦を主張したイデオロギーは語られないし、ドラマチックな展開もない。記録映画のような、忠実に再現された戦場を舞台に兵士同士の会話が語られ、過酷な状況の中でもユーモアを忘れない人間のありのままの行動が写実的に描写されている。また、兵士ひとり一人の顔のアップをモンタージュしたシーンの無言が訴える、その表情が語り掛ける映画ならではの表現の雄弁さも特筆に値する。これは監督ルイス・マイルストンの手腕に他ならない。また、兵士が戦場を駆けるシーンの早送り(コマ落とし)の技法による、臨場感のある緊迫の演出も素晴らしい。人類史上最も悲惨な戦争と言われる第一次世界大戦のこの戦闘シーンは観る者を圧倒して止まない。

主人公が初めて敵兵を殺すシークエンスの無常観、学友のブーツのエピソード、食料が底を付き疲労困憊するところ、帰省した主人公の蒐集した蝶のカット、野戦病院の人をモノ扱いする非情さ、束の間の女性との憩い、そしてラストシーンと、総てと言っていいくらい印象に残るシーンの連続であり、脚本・演出・演技の完成された作品として高く評価したい。
第一次世界大戦終結から約10年の歳月を経て、トーキー映画誕生の時代背景から生まれた映画史に明記すべき戦争映画である。唯一、レマルク原作のドイツが舞台のアメリカ映画故、台詞が英語の違和感は拭えない。しかし、これはまた、映画に国境がなく、自由な制作と表現が成されていた当時のアメリカ映画の懐の深さを思うと、素晴らしいことではないだろうか。

  2007年 10月28日 DVD

初見は上記より30年以上前の高校一年生の時、淀川長治氏の日曜洋画劇場だった。この時も感動し、特にラストシーンの終わり方が印象に残り、戦争映画の個人的ベストに位置づけられた。中学・高校時代で鑑賞した「誓いの休暇」「禁じられた遊び」と併せて、私の反戦映画のベスト3は、今も変わらない。日常生活では戦争について深く考えることはないので、せめて映画を観てはその都度僅かな知識を蓄えるようにしてきた。日本映画でも「五人の斥候兵」「土と兵隊」「二十四の瞳」「ビルマの竪琴」「ひめゆりの塔」「海軍特別年少兵」「日本のいちばん長い日」「真空地帯」「拝啓天皇陛下様」などで太平洋戦争について考える機会を得る。映画に夢中になった中学時代には、国内の軍部に徴兵された父に、何故日本はアメリカと戦争をしたのか質問したことがある。納得できる回答は得られなかった。学校の歴史の授業でも明治維新までで終わり、まともに太平洋戦争について教わることが無く、その疑問を映画で何とか理解するのが私の勉強法だった。そして今日、意外だったのが、2016年公開のアニメ映画「この世界の片隅に」が話題になったこと。今の時代に合った表現の戦争秘話のヒットと評価に驚きを持って、テレビドラマと映画を観たが、その語りは自然体のとても柔らかいものだった。テレビドラマでは、その世界観がモーツァルトのクラリネット協奏曲の第二楽章を連想させる穏やかな諦観を感じさせた。このような太平洋戦争を扱った日本映画が、新しい切り口と表現法でこれからも作られることを願うし、関心を持った人が少しでも古典の世界の名作に触れられたら、得るものがあると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
Gustav

4.0反戦思想を映画文化の成長を信じた力で描いたが、再び世界大戦に…

2021年10月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

「ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド」を観た関連で第一次大戦物として
数十年ぶりに鑑賞。

十代で観た時はセリフも英語だったにも
係わらず、アメリカ映画との認識では
観ていなかったような気もする。
それは、ドイツ映画の名作「橋」と
同じような匂いを感じたためかも知れない。

冒頭の、兵士への志願を煽る先生と
それに絆される生徒の教室のシーン、
蝶に手を伸ばし狙撃される印象的なシーン
位しか覚えてはいなかったが、
改めての鑑賞で、
取ったり取られたりの塹壕戦のシーンは、
敵の機銃掃射に身を晒したり、
肉弾戦を強いられたりとの戦争の残酷さを
見せ付けられる。
それらはとてつもないリアリティを持って
撮影されており、例えばスピルバーグの
「プライベート・ライアン」の
ノルマンディー上陸作戦シーンをも上廻る
迫力だったと改めて認識させられて、
スタッフの努力には敬服せざるを得ない。

共にアカデミー作品賞の栄誉を勝ち取った
2年前のサイレント作品「つばさ」も含め、
この時代に大戦を描いたハリウッド映画の
半端なく資金投入した本気度には、
この後の映画文化の成長を
信じているようにも感じ、
強い反戦思想のメッセージに
成功しているように感じる。

世界はこの作品から僅か9年後に再び世界大戦
を招くことになってしまったが。

反戦映画の名作と誉れの高い当作品だが、
構成としては、前半はリアリティ溢れる
戦場でのシーンを中心として、
当時の世界に引き込まれるばかりだが、
後半は女性グループとの交流や、
病院でのエピソード等が
少し長すぎたイメージで
前半の勢いを削いでしまったような
印象がある。
前後半のバランスの悪さが
少し残念には思えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
KENZO一級建築士事務所

4.0反戦映画の古典

2021年8月9日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
ジョニーデブ
すべての映画レビューを見る(全10件)

他のユーザーは「西部戦線異状なし(1930)」以外にこんな作品をCheck-inしています。