死霊の盆踊り

劇場公開日

死霊の盆踊り
死霊の盆踊り
6%
0%
11%
23%
60%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

墓場からよみがえった美女の霊たちが裸で踊り狂う姿を描き、映画評論サイト「Rotten Tomatoes」で0%のスコアを叩き出すなど“史上最低の映画”としてカルト的人気を集めるエロティックホラー。満月の夜、人気のない荒れ果てた墓地。棺桶から目覚めた夜の帝王クリスウェルは、闇の女王に命じて不幸な死を遂げた女たちの霊を呼び出す。次々とよみがえった女たちの霊は、豊満な肉体を揺らしながら裸になって踊り狂う。ホラー作家のボブは作品のインスピレーションを求めて恋人シャーリーとドライブしていたが、事故を起こして墓地に迷い込んでしまう。2人はミイラ男と狼男に拉致されて墓石に縛り付けられ、死霊たちの裸踊りを延々と見せられることになり……。「プラン9・フロム・アウタースペース」の監督エド・ウッドが脚本を担当。日本では1987年に劇場初公開。2019年12月には、新宿シネマカリテで開催の特集上映企画「サイテー映画の大逆襲2020!」で、HDリマスター版が上映される。

1965年製作/91分/G/アメリカ
原題:Orgy of the Dead
配給:エデン
日本初公開:1987年9月28日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • アンチクライスト
  • ブリムストーン
  • ボーグマン
  • トラフィッカー 運び屋の女
  • X 謀略都市
  • ブルー・マインド
  • バニー・ザ・キラー
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • ザ・ドア 交差する世界
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9

(C)1965 Astra Productions, under license from Vinegar Syndrome

映画レビュー

3.0C級映画を楽しむという発明。

村山章さん
2020年5月26日
PCから投稿

悲しい

寝られる

これは純粋に映画の評価ではない。ダメ映画の代名詞ともされる『死霊の盆踊り』が、かくも長い命を持って繰り返し観られている。間違いなく、本作と本作を日本に紹介した江戸木純は、まったく新しい映画の鑑賞法を提示したと思うのだ。

『死霊の盆踊り』の出来栄えは、B級、C級、Z級みたいなランク付けが無意味なくらい、本当にヒドい。例えば同じエド・ウッド絡みでも『プラン9・フロム・アウター・スペース』みたいな映画は、確かにヒドいかも知れないが、同時にそれでもこの映画を作りたかったという情熱が感じられて、愛嬌が魅力にもなっている。要するに、可愛らしいダメ映画なのだ。しかし『死霊の盆踊り』は違う。とにかくタルい。腹が立つくらい面白くない。本当に、観客を面白がらせたいという気持ちがないのではないか。

B級、C級の映画を観るという行為はどこかスカしていて、さあ、どれだけヒドいか笑ってやろうという試みでもある。そして、得てして作り手が本気な部分を、無理解により冷笑するようなシチュエーションが起きがちだと思う。しかし『死霊の盆踊り』は、そういう当たり屋気質に真っ向から立ち向かう。どうだ、本当のダメ映画の神髄を見せてやる!と。

映画に作り手にそんな意図があったとは思わないが、この映画を繰り返し劇場にかける興行には、映画好きの物好きな好奇心に限界を押し広げようという、結構壮大な効能があるのではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
村山章

1.5エド・ウッドは踊り続ける

近大さん
2021年1月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

単純

ネタを求めて夜の墓場へ車を走らすホラー小説家。恋人の制止も聞かず、それが仇となり、車は誤って転落。
やがて意識を取り戻して2人が見たものとは…!?

悲しい死を遂げた女たちが墓から蘇り、半裸で踊り続ける。
夜の帝王と闇の女王が催す妖しい宴。
2人も捕まってしまって…!?

脚本はエド・ウッド。
昨年、『プラン9・フロム・アウタースペース』と共にHDリマスター版が上映。
ロッテントマト支持率驚異の0%!
史上最低映画にも選出!
共にレンタルしてきて、サイテー映画の宴!

噂には聞いていたけれども、確かにこれは聞きしに勝る。
某キャッチコピーに掛けて言うなら、
残念ながら『死霊の盆踊り』について語れる事は何も無い。自分の目で確かめろ。
中身ナシ、下らないアホな設定、学芸会レベルの演出や大根演技…。
極め付けは、半裸の美女たちが自慢のデカパイを揺らして踊り続ける。
本当にそれが作品の大半以上を占め、延々見せられる。
よくこれ企画通ったなぁと言うより、よくこれ思い付いたなぁとある意味感心。
エド・ウッドはおバカなのか、それとも異才なのか…?

確かに怪作・珍作の類い。出来映えなんてとてもとても褒められたもんじゃなく、採点で★5なんてご冗談を。
でも決して、駄作とは感じなかった。私にとって駄作とは、先日見たとても映画とは呼べない代物のヤンキーおバカ。
あんなのに比べたら、本作はまだまだ“映画”。
珍妙だけどエドの映画愛。
どんなにバカにされようとも、酷評されようとも、オリジナルのアイデアで映画を作り続けていく。

そう考えたら、長い歳月を経ても尚(一部の間で)エドの作品は愛され続けている。
こういう監督が居るから、映画は面白い。
“史上最低の映画監督”じゃなく、エド・ウッドもまた名匠なのかもしれない。

コメントする (コメント数 2 件)
共感した! (共感した人 2 件)
近大

1.5おっぱいファンク

2020年9月24日
PCから投稿

軒並み形のいい乳房のトップレス死霊が入れ替わり立ち代わり踊り続ける事90分。
美女がパンツ一丁で大真面目にキレ味の悪いダンスを踊る絶妙な間抜けさ。
1965年にこんな斬新なミニマムコメディが生まれたとは。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
えんがわ

0.5くだらなすぎて寝れます

りやのさん
2020年7月28日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

墓場で霊が裸踊りするだけ。あまりにくだらなくて眠気に耐えれない。
史上最低、満足度0%、と訳のわからん宣伝してるから、話のタネに観たけど、その通りくだらなかった。
この作品に比べれば、これからどんな映画だって良いと思えるはず。
そういう意味では価値ある経験だった、のかも。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りやの
すべての映画レビューを見る(全19件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る