シティヒート

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
46%
27%
18%
9%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ライヴァル意識ムキ出しの刑事と私立探偵が巨大な悪の組織を相手に戦い、勝利を収めるまでを描く。製作はフリッツ・マーネイズ。ブレーク・エドワーズの監督・脚本で製作に入ったが、途中で降り、かわりにリチャード・ベンジャミンが監督を担当。エドワーズの脚本にジョセフ・スティンソンが手を加えた。エドワーズの名前は使わず、サム・O・ブラウンとクレジットされている。撮影はニック・マクリーン、音楽はレニー・ニーハウスが担当。出演はクリント・イーストウッド、バート・レイノルズなど。

1984年製作/アメリカ
原題:City Heat
配給:ワーナー映画

ストーリー

1933年、カンサスシティ。冷静でスゴ腕のスピア警部(クリント・イーストウッド)と女にモテモテの私立探偵マイク・マーフィー(バート・レイノルズは、警官時代同期で、ことある事にいがみ合う喧嘩仲間。マーフィーの相棒のスウィフト(リチャード・ラウンドツリー)が暗黒街の一方の大物レオン・コル(トニー・ロー・ビアンコ)の隠し帳簿を手に入れて、もう一方の大物プリモ・ピット(リップ・トーン)から2万5千ドル、当のレオンからも5万ドルをせしめようと計画した。スウィフトの恋人ジニー(アイリーン・キャラ)は彼の身を案じ、とめたがきかず、両テンビンにかけられていることを知った組織のボス2人は先を争って帳簿争奪に立ち上がった。その帳簿が公表されればレオン・コルの失脚は明らかなだけに、コルは自己防衛のために、プリモはライヴァルをつぶすために必死だ。そんなある日スウィフトが殺された。だが彼の手元に帳簿はない。ジニーはもとより、マーフィー、秘書のアディ(ジェーン・アレクサンダー)、マーフィーの恋人キャロライン(マデリーン・カーン)にまで危機が迫った。当然、スピア警部が暗黒街の動きに気づかぬ筈もなく、スピアとマーフィーの喧嘩コンビが復活した。2人の手荒な暗黒街壊滅作戦によつて、両組織はあえなくカンサスから姿を消した。(ワーナー映画配給*1時間38分)

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

映画レビュー

2.01+1=?

2016年3月4日
Androidアプリから投稿

70年~80年代の男性アクション映画の二枚看板だったイーストウッドとレイノルズの初顔合わせに、当初は心と体が一緒になって小躍りしたもんだが、いざ蓋を開けてみると極端にイーストウッドの出番が少なくて残念だった。
これがもし気心の知れたドン・シーゲル監督であれば、イーストウッドの出番はもっと増えていたかもしれない。

レイノルズが演じていたのが女にモテるチャラい私立探偵であり、一方のイーストウッドは普段は堅物で通っているが、一旦ブチ切れると銃身の長い銃をブッ放すようなアブない刑事を演じていた。
本人による「ダーティハリー」のパロディなんだろうね、これ。
と、ここまでは二人の俳優の特性がそれぞれのキャラによく表れていたように思う。
だけど、イーストウッドが怒ると右目をピクピクと痙攣させるギャグ?がイマイチ面白く感じられなかったと言うか、変にしつこく感じられた。
結局、笑いもアクションも最後まで中途半端な作品になってしまった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
みつまる。

3.5味のある出演陣の活躍

Cape Godさん
2013年3月26日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル

興奮

総合70点 ( ストーリー:65点|キャスト:80点|演出:70点|ビジュアル:75点|音楽:70点 )

 レイノルズにイーストウッドという大物二人に加えて、秘書役のアディを演じたジェーン・アレクサンダーが味のあるいい演技をしていた。金策に詰まったレイノルズのために三か月間無給で働き、大家が来れば家賃を払い忘れただけという演技をし、ギャングが来ても動揺することなくレイノルズを助け、イーストウッドと結婚と人生の話をする。男たちを助けるしっかりものでありながら、超然として恩着せがましくない。また初めて見たときは気づかなかったが、歌手のジニー役を「フラッシュ・ダンス」で当時有名だったアイリーン・キャラが演じていてその声を聞かせてくれていた。だが敵役はただのやられ役になってしまっていた。
 物語はお決まりのよくあるものだし、短距離で激しい銃撃戦をしている割には弾が当たらないのは不自然だったりする。だが30年代らしい様子のハードボイルドと、それに時々入ってくる滑稽な場面が醸し出す雰囲気の中で、味のある出演陣が活躍する姿が楽しめた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

4.0テンポ良し

krtekさん
2010年2月3日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

楽しい

クリント=イーストウッド主演作品連続鑑賞3日目。

すごく好きな俳優さんだったけど、こうも毎日観てると、どの作品の彼も(設定は違えど)大して変わらないキャラクターな気がしてきてお腹いっぱい。

だってどの作品も二枚目で、寡黙で、ちょっと悪いとこがあって、アメリカンジョークをとばすんだもん。。。どの作品でもクリントになっちゃうという意味では、日本でいうキムタクみたいなものなのかな。

助演男優の方の演技も良かったので、時間が短く感じられました。

家族でも鑑賞できそう☆
最後はスッキリ終わります
(*^□^*)オススメ

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
krtek
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る