サウンド・オブ・ミュージック

ALLTIME BEST

劇場公開日

49%
44%
6%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

リチャード・ロジャース作曲&オスカー・ハマースタイン2世作詞によるブロードウェイミュージカルを、「ウエスト・サイド物語」のロバート・ワイズ監督により映画化。1938年、オーストリア・ザルツブルグ。古風で厳格な教育方針のトラップ家に家庭教師としてやってきた修道女マリアは、子どもたちに音楽や歌うことの素晴らしさを伝えていこうとするが、子どもたちの父親であるトラップ大佐とは事あるごとに衝突してしまう。やがて、自分がトラップ大佐にひかれていることに気付いたマリアだったが、そんな折、トラップ大佐は再婚が決まってしまう。「ドレミの歌」「私のお気に入り」「エーデルワイス」など劇中で歌われる名曲の数々とともに、映画史に名を刻む傑作ミュージカル。アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか5部門受賞。日本でも1965年に公開されて以降、長年にわたり愛され続けている。2003年には「ニュー・プリント・デジタルリマスターバージョン」でリバイバル公開。15年には「製作50周年記念日本語吹替版」として、新録音された日本語吹き替え版が公開。

1965年製作/174分/G/アメリカ
原題:The Sound of Music
配給:20世紀フォックス
日本初公開:1965年6月26日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第38回 アカデミー賞(1966年)

受賞

作品賞  
監督賞 ロバート・ワイズ
編集賞 ウィリアム・レイノルズ
編曲賞 アーウィン・コスタル
音響賞  

ノミネート

女優賞 ジュリー・アンドリュース
助演女優賞 ペギー・ウッド
撮影賞(カラー) テッド・マッコード
衣装デザイン賞(カラー) ドロシー・ジーキンズ
美術賞(カラー)  

第23回 ゴールデングローブ賞(1966年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ジュリー・アンドリュース

ノミネート

最優秀助演女優賞 ペギー・ウッド
最優秀監督賞 ロバート・ワイズ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2015 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5圧倒的な歌唱力とアルプス、オーストリアの映像の美しさ、子供達の魅力、そして母国愛と反ナチスの平和へのメッセージ

Kazu Annさん
2022年5月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
Kazu Ann

5.0名作

nさん
2021年12月25日
スマートフォンから投稿

何回見ても飽きない。誰もが知っている歌なので全世代にお勧め。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
n

5.0幼き日に慣れ親しんだ「好きじゃなかった方のぬいぐるみ」(笑)

pipiさん
2021年9月7日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館、TV地上波、VOD

楽しい

難しい

幸せ

「ウエストサイド物語」と共に、幾度となく見せられた双璧。
史実だと知ったのは随分と後だったので、ここでは純粋に「ロバート・ワイズの映画作品」のみについて記したい。

白と黒なら黒が好き。光と闇なら闇が好き。単純な正義よりも、葛藤や複雑な事情の絡み合う権謀術数が好きな子供だったのでウエストサイド物語は好きだが、本作に対してはストレートに好きとは言えない感情を抱いて育った。
ハートウォーミング系作品やお涙頂戴系作品を母に強要されるのが嫌だったのだね。

しかし、やはり名作中の名作なので、嫌いになれない。嫌いどころか惹かれる箇所も多い。ジレンマとアンビバレンツに苛まれつつも、エーデルワイスは小3頃に歌えるようになった。
英語歌詞は母に「すべてカタカナで」書いて貰って覚えた(笑)

意識変革はやはり高校の頃。
西洋の中世史や近現代史を学んでからかな。
塩野七生ファンなので、古代ローマから中世スペイン(カスティリア王国華やかなりし頃や)、大航海時代、ボルジア家、メディチ家、ルネサンス、ハプスブルク、辺りのキーワードは大好物。
その辺りがわかってくると、旧オーストリア=ハンガリー帝国とナチスとの関係についてもわかってくる。
決して、厳格なやもめ軍人と能天気な修道女のラブロマンス映画ではない事も見えてくるし、長女リーズルの恋人、ロルフの変貌も胸が痛む。

言うまでもなく、トラップ一家と共に本作を支えるもう一方の主役は「歌」だ。
いずれも印象深く、甲乙付け難い名曲ばかり。
Sixteen Going On Seventeenもつい口をついて出てしまうタイプの曲だし、My Favorite Thingsも耳に残る。
ドレミの歌は言わずもがな。
So Long, Farewellもいい。コンクールでの脱出行の伏線になっているのが、またいい。

しかし、たった一つだけ最も好きな曲を選べ、と言われたらClimb Ev'ry Mountainかな。
これは中学か高校の音楽教科書にも載っていた気がする。
最初にそれを見たときには、何故数ある名曲の中で、さほどインパクトのある場面でもないこの曲なのかな?と不思議だったが、最も深いのはこの曲であり、この歌詞。それがわかるようになるにはやはり高校生頃までの成長が必要でありました。

かくして、子供時代の「好きじゃなかった方のぬいぐるみ」も、もう一方と同格の大切な宝物として共に思い出BOXに収納されたのであります。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 13 件)
pipi

4.5名作中の名作

2020年12月25日
iPhoneアプリから投稿

楽しい

幸せ

※素材元自叙伝 未読
※原作ミュージカル 未鑑賞

最初は子供の頃に鑑賞。何故か私は、新しいお継母さんと子供たちがなかなか仲良くなれない内容だったと勘違いして記憶していたのだけれど、大人になって観直してみたら、改めて良い作品だなと感じた。

なんと言っても、誰もが知るドレミの歌に始まりエーデルワイスや表題曲サウンド・オブ・ミュージックなど、耳に残る名曲の数々が魅力。
ヨーロッパにおいてファシズムが台頭した時代を背景にし、苦しい状況のなかで担う音楽の力も描いている。
それぞれの歌を役者陣が情緒豊かに表現していて、なんとも気持ち良い。

史実とは異なる描写も多いらしく、オーストリア現地では公開当時に上映すらされなかったらしいが、娯楽作品としての完成度は高いと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
まりぽっさ
すべての映画レビューを見る(全55件)