劇場公開日 2015年4月17日

サウンド・オブ・ミュージックのレビュー・感想・評価

4.247
49%
43%
7%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全47件中、1~20件目を表示

4.0観ました

2019年12月22日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
30代の嘆き

5.0生涯ベストの映画です!

Birdさん
2019年12月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

公開当時、見に行って以来、ずーっと共にある映画です。
どの曲もみんな大好きで、応援上映があったら
思いっきり歌っていたでしょう。←隣りの人の迷惑もかえりみず(・・;)
反戦の想いも込められていて、深い作品だと思います。

マリアさんのパワフルさに気圧されて、
観られない時期もありましたが、やっぱり戻ってきました。
リバイバル上映という形がなくなってしまったので、
今回、映画館で観られて本当に嬉しかったです。

コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
Bird

3.0リアル世代でなくても一定の共感は生まれた

KZKさん
2019年12月16日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

もう54年も前の作品になる為、その半分くらいの人生しか生きておらず近代映画しか主に見ない自分にとってはやはり多少の見づらさ、恥ずかしながらストーリー上の時代背景描写に時折理解が追いつかない時もあった。

それでもエーデルワイスやドレミの歌など、音楽が流れるとやはり心躍る気持ちになる。
音楽は時代や人種を超えても楽しませてくれる素晴らしさを改めて感じた。

ドレミの歌がのシが向こうだとティーになるのはこの作品で初めて知った。小さな知識がだが、そういった知識が増えることが映画の楽しみでもある。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KZK

5.0久しぶり感動しました。

kenyanさん
2019年12月15日
iPhoneアプリから投稿

素晴らしい映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kenyan

5.0午前十時の映画祭に感謝

kossyさん
2019年12月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

 オールタイムベストの2位にも入れてしまうほど大好きな映画。今まで30回は観てるはずなのに劇場で観たことはなかった…あ、今日で終わりや。行かなきゃ…ということで、やっぱり大スクリーンで観るのは最高でした。DVDには入ってないカットも何か所かあった気もしますし、字幕の言葉も違う。「男爵夫人」という言葉はずっと疑問を持っていたのですが、このバージョンでは「亭主の遺産が」というマックスおじさんの台詞もあり、すんない受け入れられました。

 最初に観たのは高校生のとき、好きだった女の子に勧められて慌てて観たという記憶がある。その当時はミュージカルの良さなんてわからなかった。「ほほう、これがドレミの歌ね」とか、「ギター上手いじゃん」くらいにしか・・・大学生となり、バンド活動に身を染めた私が驚いたのは、ジャズ・スタンダードの曲にこの映画の曲が多かったこと。それから作曲家のリチャード・ロジャースを尊敬の念で見ることになった。

 そして2回目からは音楽中心で観ることとなるのだが、ストーリーの深さに改めて感銘を受けました。ミュージカル映画というのは、音楽、物語、笑い、風刺と様々な要素が込められている!と初めて気づいたのです。そして反戦メッセージと・・・・

 個人的には、三女のブリギッタ(アンジェラ・カートライト)が好きです。「ひとりぼっちの羊飼い」のソロパート部ではブリギッタがちょっと噛むのですが、これがまたいい!長女リーズルの「telegram」という台詞も好きですヨ。

 自分の残された人生の時間も少ないのですが、ここの聖地巡礼も“死ぬまでにしたいこと”リストに入れておかなきゃ。たまにトラップ一家の子供たちの同窓会もあるらしいので、そんな日に巡り合えたら死んでもいいわぁ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kossy

5.0いい映画です

yumi catsさん
2019年12月11日
iPhoneアプリから投稿

初めて見たのはいつのことだろう?
授業で学生の頃かな?
何年か前にDVDを購入して1~2年に1回ほど鑑賞してましたが
映画館であるのをたまたま発見してしまい
1も2もなく観に行ってしまいました~

20年前にザルツブルグのトラップ大佐の家、
結婚式を挙げた教会、音楽会の会場は入れず…
と、今で言う聖地巡礼までしました(笑)
また行ってみたいところです。

客席はほぼ、60歳を超えた方々が占めていました。
ごく稀に20代の男性がちらほら…
アラフィフの私は全然若い方でした(笑)
初演が1965年ということで、生まれる6年前の映画ですね。

それでも、自分の人生で5本の指に入る映画です。
ジュリーアンドリュースの歌唱力然り
大自然の壮大な風景
子供たちのかわいい歌声
男前のトラップ大佐の目線…(笑)

ことあるごとにCMソングになっているのも納得です
歌が体の中に入ってくる

ほぼ、ストーリーもセリフ回しもオチも
頭の中にあるんですが
同じとこで笑います、涙します

今回はシュナイダー夫人の引き際の良さに
グッときました。
他に気持ちが行ってしまった男なんか必要ないですよね!(笑)
でも、悔しい気持ちはわかります。
自分で「私の財産目当てでもいい」とけなげな女心も出てたところもキました

最後に国境を面した国に併合される、など
現在の日本人の自分には想像できないですが

「明日違う国になる。」
当たり前にあった時代なんですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
yumi cats

5.0ミュージカル映画の最高傑作!

Naoさん
2019年12月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

幸せ

午前十時の映画祭@TOHOシネマズ日本橋で、「サウンド・オブ・ミュージック」を観る。
もう、5回以上、数えられないくらい観ているので、今回どうしようかと思ったが、観て大正解。

冒頭の大空から回るように俯瞰した有名なオープニングから、ラストシーンまで、どのシーンも完璧。
挿入曲全部が綺羅星のような名曲という、奇跡の逸品、まさにミュージカル映画の最高傑作。
何度観ても感動の極み。

「メリー・ポピンズ」と合わせて、永遠の家庭教師とも言うべきジュリー・アンドリュース、この2作に出ただけで、永遠に記憶に残ろう。昔からからファンだったが、これだけ家庭教師役が似合う女優はおるまい。

決して子供向きではない。絶対に映画館で観るべき作品。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
Nao

5.0#サウンド・オブ・ミュージック

2019年11月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

永久不滅の名作中の名作の最強で最高の
ミュージカル映画です!!!!!!!!
長い間、何度も何度も観た作品ですが、
今回初めてスクリーンで観ました。
初めは、歌に感動して、
次に、お洋服や調度品に恋して、
そして、戦争の怖さを知り、
今回は、大人の恋愛模様に気づきました。
観るたびに、
違う新しさを教えてくれます。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 6 件)
梅雨蜜柑

5.0究極のミュージカル傑作

隣組さん
2019年11月30日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

アルプスの雄大な景観と音楽が見事にマッチしていてストーリーも素晴らしい。7人の子供たちも愛らしく家族の絆がジワジワと心に染みてくる。そして心が安らぎ自然に涙が溢れてくる究極のミュージカル傑作。是非劇場の大画面で観て欲しい一本。
(午前十時の映画祭にて鑑賞)
2019-262

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
隣組

4.5タイトルなし

2019年9月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

長いし定番すぎるしミュージカルだしってことでなんとなく見てなかったこの映画。子どものころ、「日曜洋画劇場」あたりでよく放送してたような気がするけど「ドレミの歌」なんて小学校の音楽の授業ですでに食傷気味って感じもありまして。
ですが一度は見ないとってことでいまさら初鑑賞。

陳腐ですが制作者の思惑どおり「音楽って素晴らしいっっ」って思わされますわ、これは。小学生の下手なソプラノリコーダーの「ドレミの歌」と全然違う!(笑)
前半の名曲アルバム的波状攻撃は圧巻です。子どもたちのほうがミュージカルは自然に受け止められますしね。大佐も歌うけど、歌う場面設定がきっちり準備されてたしクネクネ踊ったりもしないので抵抗感を覚えることなく聞き入りました。主人公さんやシスターの歌唱ももちろん素晴らしいです。

個人的にはナチスのくだりはもっとさらりと流してくれたほうがよかったかなと思わないでもないです。「みんなのうた」の時間に軍歌が流れるような違和感とでもいいますか。公開が戦後20年という時代背景はあるかもしれませんね。ただ当時オーストリアが歓喜して併合を受け入れた世相を考えると家族を危険に晒してまでこだわった大佐の信念の説明が足りない気がしました。当時はあくまで開戦前、ホロコースト前ですから。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
肉ネ~ム

3.0ナチスナチスナチスナチス

riricさん
2019年8月10日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
riric

4.0映画館で観るべき

2019年5月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

大スクリーンで観て初めて本当の意味でこの映画の良さがわかりました。子供の時に観たら、一生忘れないだろうなァ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

5.0すべてにおいて完璧。

bassmanさん
2019年5月1日
Androidアプリから投稿

ミュージカル映画としても100点ですが
家族モノ、反戦映画の要素だけに注目しても素晴らしい!
この時代を描いているにもかかわらず幸せで悲惨にならない感じが好きです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 8 件)
bassman

4.0ミュージカルの金字塔

トラ吉さん
2019年2月9日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

楽しい

幸せ

親父が大好きだった映画。お蔭で何回も観た。
ミュージカルは得意ではないがなぜか飽きない。
やはりジュディー・アンドリュースの声と歌が凄すぎるからかな~。
やはり不朽の名作じゃわ。
ミュージカルは得意ではないんじゃけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
トラ吉

4.5And I will sing once more. 素晴らしかった!

アキ爺さん
2019年1月14日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
アキ爺

4.5なんて純粋なんだろう

光陽さん
2018年12月29日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

幸せ

とても素敵な映画でした。
エーデルワイスの歌声がしばらく頭から離れそうにありません。
歌う喜び、人を愛する尊さ、平和への祈り。
こんなにも純粋な映画はかつて観たことがありません。
凝ったストーリーの映画もいいですが、たまにはこんな純粋な映画もいいものですね。心が洗われました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 7 件)
光陽

3.5いい話だぁ〜

2017年12月30日
PCから投稿

音楽ノチカラ、映画においての音楽ノチカラが映画史上トップレベルで大きい映画でした。
前半のコミカルで愉快なパート、中盤のロマンチックな恋愛要素、後半の反戦的な暗くハードなパート。この1っぽんにギュッと凝縮されてて見ごたえが十分です!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ハワイアン映画道の弟子

3.5レンタルDVDにて観賞

2017年6月12日
Androidアプリから投稿

初見。
流石に堂々たる名作の風格。

ロケーションによる躍動感と耳馴染みのある歌曲。特にテーマ音楽は耳から離れない。若いクリストファー・プラマーが凛々しい。

古き良き作品だからしようがないが、恋愛パートがやたら長い割に、最も過酷そうなアルプス越えが案外アッサリだったりする構成のバランスは気になった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shallowwhite

5.0だれもが感動できるお話

yccnさん
2016年6月28日
iPhoneアプリから投稿

音楽もストーリーも最高。
背景や色々なところに時代は感じるけど、
不朽の名作だと思う。

あのエーデルワイスが聴きたくて、
たまに観る、そんな作品。

子供ができても是非見せたい、
王道の素晴らしい映画!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
yccn

4.0●王道だ。

2016年5月15日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

幸せ

不朽の名作。そう呼ばれる所以が理解できた気がする。王道だ。
恥ずかしながら、ドレミの歌の映画くらいの認識しかなかった。
「そうだ。京都に行こう。」のCMの元歌と初めて知った。
なるほど。冒頭の雄大な自然とこの音楽を、あのCMはリフレインさせたのだろう。

舞台は1938年、オーストリアのザルツブルグ。
ミュージカル映画ってやっぱいいかも。

良いヤツと嫌なヤツがはっきりしてる。
と思ったら、そうでもなかったりして。
単純なミュージカルかと思いきや、ひとひねりあり。
それが落ち着いたと思ったら、時代を反映した演出もあり。

親父が子供達につられて歌い出すシーンはいいね。
頑なだった心がほぐれていく。
ラストはまさかの緊迫シーン。
修道士たちの「罪を犯してしまいました」のシーンも、クスリと笑わせる。

意外だが実話らしい。ずいぶん脚色してるものの。
修道院からトラップ家に行くシーンで、マリア本人もちょい脇役で登場してるのだとか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うり坊033
「サウンド・オブ・ミュージック」の作品トップへ