黒いオルフェ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
黒いオルフェ
7%
57%
29%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

リオのカーニバルを背景にギリシャ神話のオルフェとユリディスの愛の現代化を試みたもの。監督は「濁流(1957)」のマルセル・カミュ。その第二作。ブラジルの詩人ヴィニシウス・デ・モラエスの戯曲からジャック・ヴィオが脚本を書き、カミュとビオが脚色・台詞を書いた。撮影は「ひと夏の情事」のジャン・ブルゴワン。音楽はアントニオ・カルロス・ジョビンとルイス・ボンファの作曲。出演者はほとんど一般市民から選ばれ、ブレノ・メロ、マルペッサ・ドーン、ルールディス・デ・オリヴェイラ、レア・ガルシア、アデマール・ダ・シルバら。製作サッシャ・ゴルディーヌ。五九年カンヌ映画祭グランプリ、アカデミー最優秀外国映画賞、ゴールデン・グローブ賞を受けた。

1959年製作/フランス
原題:Orfeu Negro
配給:東和

ストーリー

カーニバルを明日にひかえたリオ・デ・ジャネイロにやってきた黒人娘ユリディス(マルペッサ・ドーン)は、市電の運転手である黒人青年オルフェ(ブレノ・メロ)の電車にのった。彼女は、自分を追う謎の男を避けて、田舎から従姉セラフィーナを尋ねてきたのである。電車が終点について仕事を終ったオルフェは、婚約者ミラとともに街に行き、質屋からギターをうけ出した。オルフェの歌とギターは、村の子供たちの敬畏の的だった。丘の従姉の家についたユリディスは、隣りからきこえる美しい歌声にさそわれテラスに出た。こうして、オルフェとユリディスは再会し、愛しあった。夜、明日のカーニバルの練習であるサンバの群舞に二人は酔った。すると、死の仮面をつけた例の男が現れ、ユリディスを追った。失神したユリディスを救ったオルフェは、彼女を自分の部屋のベッドに横たえた。--カーニバルの当日、ユリディスは従姉の仮装を借りてオルフェの指揮する熱狂的な踊りの輪の中に入った。夜になった頃、ミラがそんなユリディスに気づいて、彼女につかみかかった。逃れるユリディスを、死の仮面の男が追っていた。必死に市電の車庫に逃げこんだが、天井においつめられた。ユリディスの手が高圧線にかかった時、かけつけたオルフェが車庫内を明るくしようと電気スイッチを押した。ユリディスは死んだ。死んだ彼女を求めてオルフェは深夜の街を、病院から警察へとさまよった。警察の小使いに連れられて、祈祷所でオルフェはユリディスの呼び声を聞いた。その方をふりむいてしまった彼は、霊媒の老婆を見た。ユリディスの死体は死体置場にあった。夜が明けようとしていた。オルフェは死体を抱いて丘に帰った。嫉妬に狂ったミラが小屋に放火していた。彼女の投げた石でオルフェはユリディスを抱いたまま断崖から落ちた。二人の死体は重なった。彼のギターを鳴らしながら、黒人の子供たちは日の出を迎えた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第32回 アカデミー賞(1960年)

受賞

外国語映画賞  
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0名曲揃い

kossyさん
2020年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ストーリーはどうでもよくなってくるほどの音楽の美しさ。思わずギターを取り出して弾きたくなってしまう。オルフェが死んでも次のオルフェが誕生するという、ブラジルの庶民の太陽であるかのように・・・リオのカーニバルも素敵だが、ラストシーンの子供たちの歌とダンスとギターが素晴らしい!「オルフェのサンバ」

 フランス語だったけど ポルトガル版もあるの?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.5前半は素朴な優しさの溢れた映画かと思っていたが後半は悲劇へと展開し...

2019年2月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

前半は素朴な優しさの溢れた映画かと思っていたが後半は悲劇へと展開していく。それはカーニバルの終焉と見事に重なっていた。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki

4.0アントニオ・カルロス・ジョビンとルイス・ボンファというボサノバの二大巨頭を世界的に有名したことの意義は大きい

あき240さん
2019年1月31日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

60年前のリオのカーニバルを活写した作品
主題歌はあまりにも有名で、映画音楽の全集に収録される事が多い
題名の通り、筋書きはギリシャ神話をそのまま当時のリオデジャネイロの山の斜面の黒人達の住むスラム街ファヴェーラとリオデジャネイロの中心部に置き換えている

物語は神話から比較的素直で単純な置き換えをしたもの
コクトー監督のオルフェの様に何かを暗喩して政治的意味合いを持たせるというようなのもではない

その悲恋物語をリオのカーニバルとボサノバで彩って観せているところが最大のポイントだろう
公開当時、まだそれらはもの珍しく新鮮だったのだ
しかし21世紀の私達にとってはそうではない
だからラストの日の出と共に子供達が歌い踊るシーンなど印象に残るシーンも幾つかあるが、全体としては、現代人の目からすると散漫で退屈と言わざるを得ない
もっと言えばフランス人監督という外国人の目を通したエキゾチズムの映画と言えるのかも知れない

それでも本作はアントニオ・カルロス・ジョビンとルイス・ボンファというボサノバの二大巨頭を世界的に有名したことの意義は大きい
そして、その楽曲の素晴らしさ故に星半個オマケしなければならない

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

4.0リオ

raipyedmさん
2018年1月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

悲しい

カーニバル。

お祭で乗れない内気な少女。

しかしオルフェのギターと歌には思わず身体が動きだしてしまう。

そういった恋の始まり、鮮やかな映像美全てが輝いている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
raipyedm
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る