黒いオルフェのレビュー・感想・評価

メニュー

黒いオルフェ

劇場公開日 1960年7月7日
3件を表示 映画レビューを書く

リオ

カーニバル。

お祭で乗れない内気な少女。

しかしオルフェのギターと歌には思わず身体が動きだしてしまう。

そういった恋の始まり、鮮やかな映像美全てが輝いている。

raipyedm
raipyedmさん / 2018年1月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

音楽とカーニバル ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:55点
ストーリー: 40
キャスト: 70
演出: 60
ビジュアル: 75
音楽: 80

 カーニバルの前夜ということで、町には始終音楽が鳴り響く。映画の中でも始終歌って踊って大袈裟に動いて大袈裟に科白を言う。カーニバルだから音楽と踊りはまだいいとして、どうもこの大袈裟なラテン気質の乗りにはついていけない。だが騒がしい人々の中で物静かなユリディス役の女優が初々しくて良かった。

 元はギリシャ神話の有名な話から製作されたということだ。だがブラジルの現代劇にしているということもあってか、神話の内容から想像していたものとは趣も随分と異なる。愛する妻のためではなく、会ったばかりで一夜の相手のために死者を探し回るオルフェ。神話では黄泉の国に人が入るため、オルフェは渡し守カローンや番犬ケルベロスに哀しい音楽を聞かせて感動させた。映画ではその代わりに警官や医師が出てくるが、せがまれても特に彼らに音楽を聞かせることなく、それでもオルフェはあっさりと中に入れてしまう。そして建物の中では、死んだユリディスの代わりに、彼女の精神が乗り移った霊能者が登場。振り返っては駄目、神話同様にそう言われても振り返ってしまうと、そこに美しいユリディスの代わりにいたのが、しわくちゃ顔のブラジル版「いたこ」の婆さん。そりゃオルフェじゃなくても逃げ出したくなるだろう。本当は深刻な場面なのだろうが、思わず笑いがこみ上げる。物語は神話のありえない世界を、そんなかんじで強引に現代劇にしたことで無理がある。

 ボサノバの巨匠アントニオ・カルロス・ジョビンがサントラを手がけている。賑やかなサンバの合間に流れる、静けさと哀愁を湛えた名曲「カーニバルの朝」がとても印象的。名曲です。華やかなカーニバルの雰囲気と音楽を楽しむ映画だろうか。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

迷ったら戻っておいで。いつもここにいるから。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「黒いオルフェ」(マルセル・カミュ監督)から。
物語の背景に、リオのカーニバルがあるので、
サンバのリズム独特の陽気さに騙されそうだが、
50年以上前に製作された作品という事を差し引いても、
正直、監督はじめスタッフは、私たちに何を伝えたかったのか、
判らないまま、鑑賞を終えた。
台詞的に惹かれたのは、主人公・オルフェの上司、
エルメスが、はじめてリオに着いた、ユリディスに掛けた言葉。
「私はエルメスだ」と自己紹介した後、道案内をして
「迷ったら戻っておいで。いつもここにいるから」と。
このフレーズは、応用がきそうだ。
道だけでなく、人生に悩み、自分の進む方向に迷っている若者に
声を掛けてあげたい。
「迷ったら戻っておいで。いつもここにいるから」。
さて、タンバリンが非常にうまい子どもや、
死神の仮面を付けた、理解に苦しむような登場人物に対して、
どう反応して良いのか、迷った作品であった。
本当に、昔の映画って感じのする、意外なフランス作品である。

shimo
shimoさん / 2012年7月7日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi