クリスタル殺人事件

劇場公開日

4%
29%
59%
8%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロンドン郊外の静かな町を舞台に起こった殺人事件をアガサ・クリスティがポアロ探偵と共に創造したミス・ジューン・マープルが解くサスペンス映画。製作はジョン・ブラボーンとリチャード・グッドウィン、監督は『007/黄金銃を持つ男』のガイ・ハミルトン。クリスティの原作(『鏡は横にひび割れて』/早川書房刊)を基にジョナサン・ホールズとバリー・サンドラーが脚色。撮影はクリストファー・チャリス、音楽はジョン・キャメロン、製作デザインはマイケル・ストリンジャー、衣装はフィリス・ダルトンが各々担当。出演はアンジェラ・ランズベリー、ジェラルディン・チャップリン、トニー・カーティス、エドワード・フォックス、ロック・ハドソン、キム・ノヴァク、エリザベス・テイラー、ウェンディ・モーガン、モーリン・ベネットなど。

1980年製作/105分/アメリカ
原題:The Mirror Crack'd
配給:東宝東和

ストーリー

教会で上映されていた探偵映画がクライマックスを迎えた時、機械の故障で画面がとぎれた。この時、一人の老婦人が席を立ち、犯人はわかったからこれ以上見る必要はない、と犯人をズバリ指摘して出て行った。この老婦人ミス・ジェーン・マーブル(アンジェラ・ランズベリー)は、このロンドンの郊外の町セント・メアリー・ミードに住む推理好きで有名な人気者だ。この町では今、映画『スコットランドの女王メアリー』の撮影が行なわれており、久しくスクリーンを遠ざかっていた往年のスター、マリーナ・クレッグ(エリザベス・テイラー)が主演のため、夫で監督のジェースン・ラッド(ロック・ハドソン)と共に長期滞在を予定している。町中あげての歓迎パーティでホステスを勧めるマリーナのもとに様々な人々がやってくる。婦人会のヘザー・バブコック(モーリン・ベネット)もそんな一人だ。彼女は、昔からのマリーナのファンで以前一度会ったことがある、ということなどを、一方的にしゃべりまくった。ちょうど、そのころ、製作者マーティ(トニー・カーティス)と共に主演女優でライバルのローラ(キム・ノヴァック)が到着し、マリーナのいる二階に姿を現した。彼女を見て一瞬顔をこわばらせるマリーナ。その直後、ヘザーが死んだ。彼女の死はたちまち町中にひろがり、チェリー(ウェンディ・モーガン)の口を通じてミス・マーブルの耳にもとどいた。チェリーは、パーティの手伝いに行っていて、会場の様子を詳しく知っていたのだ。やがて事件解明のためスコットランド・ヤードの警部でマーブルの甥のクラドック(エドワード・フォックス)が派遣され、ヘザーの死がカクテルに盛られた毒物によるものであることをマーブルに知らせにくる。しかも、そのカクテルは、マリーナが飲む予定だったものだ。捜査が難行しているころ撮影現場ではマリーナとローラが火花を散らせていた。やがて秘書エラ(ジェラルディン・チャップリン)が用意したマリーナのコーヒーから再び毒物が発見された。その件で容疑が深まったエラが、常用していた鼻炎用の吸入器に仕込まれた毒で殺された。テリーが語った、マリーナの表情が、一瞬氷のように変化した、という言葉を考え続けていたマーブルは、その時ヘザーがマリーナに何を語ったのかを調べた。その内容はヘザーがマリーナの舞台を見て感激し舞台裏で彼女に思わずキスしてしまったというものだった。そしてマーブルは神父が語っていたある言葉を思い出した。ヘザーがその時風疹にかかっていたという事実だ。マリーナは、妊娠中の風疹が原因で障害児を産んでいる。その時ヘザーが移した風疹が原因だとしたら…。マーブルがマリーナの滞在している館に着いた直後のクラドックもやって来た。なぜかマリーナに会わせようとしないジェースン。マリーナを愛する彼は全てをしっていたのだ。そして事件を解いてみせるマーブルに、彼はマリーナの名誉を守るため昨夜チョコレートの中に毒を入れ彼女を永遠の眠りにつかせたと告白した。マリーナの部屋に入った3人は、しかし、そのチョコレートを飲まず、自ら毒を飲んで死んでいったマリーナの最後の姿を見出すのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 極道兵器
  • デッドボール
  • WELCOME TO JAPAN 日の丸ランチボックス
  • メランコリック
  • シライサン
  • ファンタズム
  • ファンタズムⅡ
  • ファンタズムⅢ
  • ファンタズムⅣ
  • ファンタズムV ザ・ファイナル
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5エルキュール・ポアロは登場しません アガサ・クリスティのもう一つの人気シリーズのミス・マープルが登場する作品の映画化です

あき240さん
2021年8月27日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

1980年英国公開
日本公開は1981年7月

原題は、「The Mirror Crack'd」
アガサ・クリスティの原作小説「The Mirror Crack'd from Side to Side」を縮めたもの

どうしてこの邦題になったかというと、「なんとなく、クリスタル」という小説が同年に大ベストセラーになったからです
それに乗っかっただけのことで、クリスタルは映画にも、原作にも、その小説にもなんの関係もありません
原題にある鏡をクリスタルにこじつけただけです

しかも原題にある鏡も映画には登場しないときます

ある人物が小舟にみえないこともないカウチに寝て死んでいる重要シーンがあります

それは小舟に横たわって死んでいくシャーロット姫のアーサー王伝説をモチーフにしたものです

その伝説をモチーフにしたビクトリア朝時代の詩の一節に、割れた鏡が登場するのからです

その上、日本版映画ポスターにあるロンドンの時計塔は一切登場しないしなんの関係もありません

とまあややこしいことです
詐欺だよこれなんてさわがず、おおらかな気持ちでご覧になって下さい

エルキュール・ポアロは登場しません
アガサ・クリスティのもう一つの人気シリーズのミス・マープルが登場する作品の映画化です

ミス・マープルが主人公の映画は1960年代に4本あり、マーガレット・ラザフォードが演じています

本作ではアンジェラ・ランズベリーが演じています

製作意図は、オリエント急行殺人事件、ナイル殺人事件と大ヒットしたので、ポアロにならぶ2大名探偵のミス・マープルも映画化しようと言うものです

日本でいえば水戸黄門と大岡越前がかわりばんこでやるみたいな構想だったのでしょうか?

大してヒットもしなかったので、このミス・マープルの映画はこれきりとなりました
まあ頑張ってはいるのですが、ヤッパリ映画としは地味でした
テレビの2時間ドラマにはピッタリだと思います
日本でも翻案のテレビドラマがあったそうです

さすがエリザベス・テイラーだけあって彼女はまあまあです
でもキム・ノヴァクはガッカリでした
あの輝くような美貌はいまは何処?
期待した二大スターの火を噴くような演技合戦も無いのです

小さなお盆にのせたコップを男性が2階へ階段で運ぶシーンがあります
ヒッチコックの断崖のオマージュです

ミス・マープルシリーズはロンドンの南40キロにある架空の村セント・メアリ・ミードが舞台です

本作ではこの村に映画のロケ隊がやって来るという翻案になっており、映画撮影の裏側を見せつつお話が展開される趣向です

セント・メアリ・ミードは、日本でいうならきっと古い街並みの残る村
そこに金田一耕助の映画のロケ隊がやってきて……なんて翻案の日本版をみてみたいと思いました

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

4.0大スターの共演

2021年4月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

映画は1980年だから、製作当時30年ぐらい前の大スター。世が世ならとんでもない出演者。なかでも、リズ(これが通じると年が分かる)の風格と演技力に圧倒される。スター役だから地の役なんだけど、映るだけで画面が華やぐのはさすがの一言。
往年の大スターの競演も単なる顔見世で終わらせず、それぞれはまり役でアガサ・クリスティのミステリーがきちんと成り立つ。もっと評価されても良い作品か。
ちなみに、日本版ポスターがすごい。イギリスが舞台ではあるけど、本編とここまで違うと見事としか言えない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
bluetom2000

3.5奥が深いアガサクリスティ作品

さん
2021年1月25日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

警部がやって来て言うには、フェンリー伯爵殺人犯を見つけたと言うところで映画のフィルムが切れた。アンジェララズベリー扮するミスマープルは、犯人に対する推理を言って出て行った。エリザベステーラー扮する久しぶりに復帰する大女優マリーナグレッグが撮影する村のパーティーに登場した。ミスマープルは、犬に転ばされて足をくじき家に戻った。マリーナに村の女性ファンで戦時中にマリーナに会ったと言うパブコックが話し続けていた時、キムノヴァク扮するマリーナと犬猿の仲の女優ローラが現れたためマリーナは固まった。ローラがマリーナにちょっかいを出して来た時、マリーナが頼んだダイキリが届いた。そのダイキリを飲んだパブコックが毒殺された。ミスマープルは、その話を家で聞かされた。パブコックが飲んだダイキリは、ロックハドソン扮するマリーナの夫で映画監督のラッドが手渡して元々マリーナが持っていたダイキリで、パブコックがこぼしたからマリーナがパブコックに渡した物だった。ジェラルディンチャップリン扮するラッドの助手のエラは、ラッドを愛していた。ミスマープルは、エラが第一容疑者だと言った。マリーナは、撮影休憩時にエラが渡したコーヒーにも毒が入っていると騒ぎ立て、事実ヒ素が出た。しかし、そのエラも殺された。果たしてマリーナを毒殺しようと狙ったものだろうか? エドワードフォックス扮するミスマープルの甥でロンドン警視庁のクラドック主任警部が事件を探る。ミスマープルはほとんど表には出ていないけど、さすがアガサクリスティだね。なかなか奥が深いので、単に画面を観ていただけでは犯人は判らないね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
重

3.5ミス・マープルもの。何作か読みましたが、どうしてもポワロに比べると...

2020年4月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ミス・マープルもの。何作か読みましたが、どうしてもポワロに比べると地味なんですよね。
今作、古さもあってか終盤まで眠気と格闘してました。
が、終盤、目が釘付けに。よく考えられています。さすがクリスティ。推理好きなら見て損はなし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ
すべての映画レビューを見る(全7件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る