クリスタル殺人事件

クリスタル殺人事件
5%
19%
62%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ロンドン郊外の静かな町を舞台に起こった殺人事件をアガサ・クリスティがポアロ探偵と共に創造したミス・ジューン・マープルが解くサスペンス映画。製作はジョン・ブラボーンとリチャード・グッドウィン、監督は『007/黄金銃を持つ男』のガイ・ハミルトン。クリスティの原作(『鏡は横にひび割れて』/早川書房刊)を基にジョナサン・ホールズとバリー・サンドラーが脚色。撮影はクリストファー・チャリス、音楽はジョン・キャメロン、製作デザインはマイケル・ストリンジャー、衣装はフィリス・ダルトンが各々担当。出演はアンジェラ・ランズベリー、ジェラルディン・チャップリン、トニー・カーティス、エドワード・フォックス、ロック・ハドソン、キム・ノヴァク、エリザベス・テイラー、ウェンディ・モーガン、モーリン・ベネットなど。

1980年製作/アメリカ
原題:The Mirror Crack'd

ストーリー

教会で上映されていた探偵映画がクライマックスを迎えた時、機械の故障で画面がとぎれた。この時、一人の老婦人が席を立ち、犯人はわかったからこれ以上見る必要はない、と犯人をズバリ指摘して出て行った。この老婦人ミス・ジェーン・マーブル(アンジェラ・ランズベリー)は、このロンドンの郊外の町セント・メアリー・ミードに住む推理好きで有名な人気者だ。この町では今、映画『スコットランドの女王メアリー』の撮影が行なわれており、久しくスクリーンを遠ざかっていた往年のスター、マリーナ・クレッグ(エリザベス・テイラー)が主演のため、夫で監督のジェースン・ラッド(ロック・ハドソン)と共に長期滞在を予定している。町中あげての歓迎パーティでホステスを勧めるマリーナのもとに様々な人々がやってくる。婦人会のヘザー・バブコック(モーリン・ベネット)もそんな一人だ。彼女は、昔からのマリーナのファンで以前一度会ったことがある、ということなどを、一方的にしゃべりまくった。ちょうど、そのころ、製作者マーティ(トニー・カーティス)と共に主演女優でライバルのローラ(キム・ノヴァック)が到着し、マリーナのいる二階に姿を現した。彼女を見て一瞬顔をこわばらせるマリーナ。その直後、ヘザーが死んだ。彼女の死はたちまち町中にひろがり、チェリー(ウェンディ・モーガン)の口を通じてミス・マーブルの耳にもとどいた。チェリーは、パーティの手伝いに行っていて、会場の様子を詳しく知っていたのだ。やがて事件解明のためスコットランド・ヤードの警部でマーブルの甥のクラドック(エドワード・フォックス)が派遣され、ヘザーの死がカクテルに盛られた毒物によるものであることをマーブルに知らせにくる。しかも、そのカクテルは、マリーナが飲む予定だったものだ。捜査が難行しているころ撮影現場ではマリーナとローラが火花を散らせていた。やがて秘書エラ(ジェラルディン・チャップリン)が用意したマリーナのコーヒーから再び毒物が発見された。その件で容疑が深まったエラが、常用していた鼻炎用の吸入器に仕込まれた毒で殺された。テリーが語った、マリーナの表情が、一瞬氷のように変化した、という言葉を考え続けていたマーブルは、その時ヘザーがマリーナに何を語ったのかを調べた。その内容はヘザーがマリーナの舞台を見て感激し舞台裏で彼女に思わずキスしてしまったというものだった。そしてマーブルは神父が語っていたある言葉を思い出した。ヘザーがその時風疹にかかっていたという事実だ。マリーナは、妊娠中の風疹が原因で障害児を産んでいる。その時ヘザーが移した風疹が原因だとしたら…。マーブルがマリーナの滞在している館に着いた直後のクラドックもやって来た。なぜかマリーナに会わせようとしないジェースン。マリーナを愛する彼は全てをしっていたのだ。そして事件を解いてみせるマーブルに、彼はマリーナの名誉を守るため昨夜チョコレートの中に毒を入れ彼女を永遠の眠りにつかせたと告白した。マリーナの部屋に入った3人は、しかし、そのチョコレートを飲まず、自ら毒を飲んで死んでいったマリーナの最後の姿を見出すのであった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ミスト
  • マングラー
  • ROOM237
  • この子の七つのお祝いに
  • 世にも怪奇な物語
  • ピラニア
  • ピラニア リターンズ
  • チャイナ・ゲイト
  • ショック集団
  • 裸のキッス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5ミス・マープルもの。何作か読みましたが、どうしてもポワロに比べると...

2020年4月11日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ミス・マープルもの。何作か読みましたが、どうしてもポワロに比べると地味なんですよね。
今作、古さもあってか終盤まで眠気と格闘してました。
が、終盤、目が釘付けに。よく考えられています。さすがクリスティ。推理好きなら見て損はなし。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はむひろみ

3.0ポアロからミス・マープルに

2020年3月31日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

オールスターのアガサ作品、こんどはミス・マープル(アンジェラ・ランズベリー)だ。
映画の撮影隊が参加したパーティで殺人事件が起きる。
映画スターはエリザベス・テイラー、夫で監督のロック・ハドソン、秘書がジェラルディン・チャップリン、製作者がトニー・カーティスでその妻で共演するキム・ノヴァック。
警部でマープルの甥(エドワード・フォックス)は映画ファンだ。
エリザベス・テイラーの貫禄が他を圧倒する。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.0女優が我を忘れた瞬間

everglazeさん
2020年3月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

映画の撮影でやって来たハリウッド関係者達と町民が参加するパーティで、出席者の1人が亡くなる。

足を捻ったというのに、殺人事件が起きてワクワクしているMiss Marple。よく考えると、性根の悪いおばあちゃんだこと(^_^;)。
警部である甥の話から鋭い推理を展開。

原作を読んでいないので、真相に衝撃を受けました…。他人事ではないです。

ぜひネタバレなしで。
ヒントはごくわずか!

ひとつ気になると言えば、牧師はずっと1階に居たように見えることですね。

原作を知っていると映画自体はやや退屈かも知れません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
everglaze

2.0映画観すぎてます・・・

kossyさん
2020年3月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る