キャバレー(1971)

20%
54%
23%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ドイツにヒットラー率いるナチズムが台頭した頃、芸能の世界も一種の退廃の極みに達しようとしていた。そんななかで1人前のボードヴィリアンを夢みる少女の芸と恋の青春を鮮やかに描く。製作はサイ・フュアー、監督およびダンス振り付けは「スイート・チャリティ」のボブ・フォッシー、原作はジョー・マステロフのミュージカル劇「キャバレー」およびジョン・ヴァン・ドルーテン作の舞台劇「私はカメラ」並びにクリストファー・イシャーウッド作ストーリー集による。脚色はジェイ・アレン、ヒュー・ホイラー。撮影はジョフリー・アンスワース、音楽はジョン・カンダー、歌詞フレッド・エッブ、編集デイヴィッド・ブレザートンが各々担当。出演は「くちづけ」のライザ・ミネリ、「ロミオとジュリエット」のマイケル・ヨーク、ジョエル・グレイ、ヘルムート・グリーム、フリッツ・ウェッパー、マリサ・ベレンソンなど。

1971年製作/アメリカ
原題:Cabaret

ストーリー

ミュージカルナンバーは 1.Willkommen (ウィルコメン) 2.Mein Herr (私の愛するあなた) 3.Tow Ladies (女が二人) 4.Maybe This Time (こんどはきっと) 5.Sitting Pretty (シティング・プリティー) 6.Tiller Girls (ティラー・ガールズ) 7.Money Money (お金が世界を廻してる) 8.Heiraten (Married) (結婚) 9.If You Could See Her (彼女を私の目で見られたら) 10.Tomorrow Belongs To Me (明日はわれのもの) 11.Cabaret (キャバレー) 12.Finale (フィナーレ) ベルリン。ナチズムが台頭してきた1930年初頭。小さなキャバレーの舞台ではMC(ジョエル・グレイ)が“Willkommen”を歌っている。スターを夢みるサリー・ボールズ(ライザ・ミネリ)は、このキャバレーの芸人だ。ある日、ロンドンからきた語学生ブライアン(マイケル・ヨーク)が、彼女のアパートに部屋を探しにきて、隣の部屋に移ってくることになった。ブライアンはやがてサリーの友人というドイツ人フリッツ(フリッツ・ウェッパー)に英語を教えることになった。ベルリンの街頭ではナチ党員の活動が目だつようになったが、ブライアンとサリーはそれに背を向け、2人の時を楽しんだ。やがてブライアンの英語の生徒に、美しい娘ナタリア(マリサ・ベレンソン)が加わった。フリッツはナタリアに熱を上げ求婚した。そしてサリーとブライアンにも新しい問題が起きた。金持ちでハンサムなマクシミリアン・フォン・ヒューナ男爵(ヘルムート・グリーム)が出現して、2人の間に奇妙な友情が結ばれようとしていたのだ。マクシミリアンは2人に豪華なプレゼントをして、お城に招いた。3人は田舎のビア・ガーデンに寄り、給仕たちが歌う“Tomorrow Belongs To Me”を聞いた。その頃、サリーは男爵夫人になるチャンスがあることを知ったが、ブライアンもまたマクシミリアンの“恋人”だった。サリーを愛しているブライアンはヤケのようにナチ党員と喧嘩をしたが、そんな彼をサリーはなぐさめた。そして、マクシミリアンはアルゼンチンに永住するという電報をよこした。やがてサリーは身ごもった。が、将来を考え中絶した。怒ったブライアンに、育児は自分にあわないと答えた。ブライアンはサリーの傷ついた心を知った。そしてベルリンを去る決心をした。2人の別れはさわやかだった。人ごみの中に消えてゆくサリーの後ろ姿を見て、ブライアンはサリーを本当に愛していることを知った。傷心のサリーはそれを吹き飛ばすように、豪快にそして時には哀しく、自分の全てを託して“Cabaret”を歌う。ブライアンが汽車に乗る頃、キャバレーではMCがにぎやかに“Willkommen”を歌っていた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第45回 アカデミー賞(1973年)

受賞

監督賞 ボブ・フォッシー
女優賞 ライザ・ミネリ
助演男優賞 ジョエル・グレイ
撮影賞 ジェフリー・アンスワース
編集賞 デビッド・ブレザートン
編曲・歌曲賞 ラルフ・バーンズ
美術賞  
音響賞  

ノミネート

作品賞  
脚色賞 ジェイ・アレン

第30回 ゴールデングローブ賞(1973年)

受賞

最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)  
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) ライザ・ミネリ
最優秀助演男優賞 ジョエル・グレイ

ノミネート

最優秀助演女優賞 マリサ・ベレンソン
最優秀監督賞 ボブ・フォッシー
最優秀脚本賞 ジェイ・プレッソン・アレン
最優秀主題歌賞
最優秀主題歌賞
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.050年も昔の映画なのに、極めて21世紀的なテーマです まるで最近撮られたかのようなテーマで構成されています

あき240さん
2020年10月22日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

凄い映画です
ミュージカル好きならもちろんマストでしょう
音楽はステージシーンに限られているのでミュージカルが苦手の方にも観やすいと思います

50年も昔の映画なのに、極めて21世紀的なテーマです
まるで最近撮られたかのようなテーマで構成されています
恐ろしいばかりの先進性です

傑作中の傑作で間違い有りません

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

5.0ライザ魅力全開‼️

Birdさん
2020年2月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、映画館

楽しい

怖い

興奮

92回のアカデミー主演女優賞はレニー•ゼルウィガーでしたが、
彼女が演じたのはジュディ•ガーランド、でその娘って
ライザ•ミネリって知ってる人少なくなりました❓💦
プチ自慢はライザ現役の80年代頭に、ライザの舞台を観たこと⭐️
それはそれはパワフルで。 圧巻でした。

ボブ•フォッシー監督、振り付けのミュージカルの最高峰、
公開年は本国からずれ込んでいたので、
当時はFM放送でまずストーリーを追っての曲紹介がされ、
これって完璧ネタバレですよね💦
でも必死にラジオにかじりついて聴いてました。
この映画は人生の五本に入るくらい好きな映画なのですが•••。
DVDもBlu-rayもうっかり買いそびれていて、なんと
手元にないのです!
ここで訴えるのは筋違いかもしれませんが、
どうか、Blu-ray、リリースして下さい‼️
絶対買いますから😭

ナチ台頭前夜のベルリンのゴチャ混ぜ観満載の雰囲気が
上手く表現さています。歴史の一場面としての魅力もある、
貴重なミュージカル作品です。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Bird

4.0ブライアンの知性

くーちさん
2019年9月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

大昔に観た映画をもう一度観たとき、以前とは全く違った印象を持ち、自分自身や時代の変化に気付かされることがある。『キャバレー』は、まさにそういう映画だった。

頽廃的なショーや天衣無縫なサリーのキャラクターが魅力だと思っていたが、今観ると、ブライアンのセクシュアリティの揺らぎと葛藤が胸に迫る。同時に、サリーからスポットライトが外れたことで、かつては時代相を表すものと捉えていたフリッツの恋や「ユダヤ人」をめぐる言説の、ブライアンの物語との有機的な繋がりもよく見えるようになった。

ブライアンとフリッツの物語を繋ぐのは、ナチスのユダヤ人と同性愛者の迫害という歴史的事実であり、これについては既に多くの指摘がある。

その文脈を踏まえた上で、改めて驚かされたのは、ブライアンの知性の強靭さや、批判精神の健全さ、そして彼が意外なほど勇敢であるということだ。ブライアンは、生真面目な大学院生だが、決して気弱な優等生ではなく、「ユダヤ人」に対するデマや差別を言下に否定する勇気を持っている。ナチズムには抵抗の姿勢を示し、フリッツの恋を応援する。また、ブライアンの誘惑に失敗したサリーが悪びれずに口にした彼のセクシュアリティに対する疑問にも、正面から答え、誤魔化したり、あるいは悲劇的に語ったりもしない。

いま、私は、特定の国や民族に対するデマや差別を垂れ流す人物が眼の前にいたとして、そうした言説や、暴力に対して、昂然と立ち向かうことができるだろうか。フィジカルな暴力を行使する集団に対して、勇気をもって抵抗の姿勢を示すことができるだろうか。あるいは、セクシュアリティの問題に土足で踏み込んでくる他者を信頼し、胸襟を開くことができるだろうか。

ブライアンがすべての面において模範的だというわけではなく、とりわけ性に関しては時代的な制約もある。それでもなお、『キャバレー』の世界は私(たち)が生きる現在に肉薄し、「お前はどう生きるのか」と問いかけてくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
くーち

3.5頽廃的なムードが漂う中、キャバレーの歌声とダンスがさらに魅惑的な雰...

2016年2月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

頽廃的なムードが漂う中、キャバレーの歌声とダンスがさらに魅惑的な雰囲気を醸し出す。ライザ・ミネリの演技、パフォーマンスは圧巻、ジョエル・グレイのエムシーも同じく素晴らしい。アカデミーの主演女優賞、助演男優賞受賞は十分に納得出来る。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tsumu miki
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る