カンカン

劇場公開日

3.00
0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

エイブ・バロウズのミュージカル・コメディの映画化。編中の歌曲はコール・ポーターによる。脚色は「Z旗あげて」のドロシー・キングスレイと「翼よ!あれがパリの灯だ」のチャールズ・レデラーの共同であたり、「王様と私」のウォルター・ラングが監督した。撮影は「全艦発進せよ」のウィリアム・ダニエルス。出演は「波も涙も暖かい」のフランク・シナトラ「走り来る人々」のシャーリー・マクレーン、「恋のてほどき」のモーリス・シュヴァリエ、「大都会の女たち」のルイ・ジュールダンのほか、ジュリエット・プラウズ、マルセル・ダリオら。製作ジャック・カミングス。

1960年製作/アメリカ
原題:Can-Can
配給:20世紀フォックス

ストーリー

1896年のパリ。カンカン踊りはワイセツだと突然禁止されたが、シモーヌ(シャーリー・マクレーン)の店ではカンカン上映が続けられていた。知恵者の彼女が弁護士フランソワ(フランク・シナトラ)を通じて警官や判事たちを丸めこんでいたのである。主席判事ポール(モーリス・シュヴァリエ)のもとに新任判事フィリップがやってきた。コチコチの法律尊重主義者である彼は、早速シモーヌのカフェに手入れを行って踊り子を告訴しようと考えたが、そのうち当のシモーヌに夢中になってしまった。だが、カンカンの取り締りは強引に行なった。仕事と恋は別のことだと。フランソワは、判事の心を身ぬき、巧妙に立ち廻ってシモーヌを釈放させ、告訴妨害を試みた。彼女の心は実はフランソワにあったが、フィリップ判事がとうとう求婚してきたのを利用してフランソワをやきもきさせ、彼に求婚させようとした。彼はその手にはのらなかった。シモーヌはしびれをきらしてフィリップとの婚約を発表した。老ポール判事は、フィリップがカンカン踊りの首謀者と結婚して地位を棒にふることを恐れ、善後策をフランソワに相談した。そうしてシモーヌを社交会のお歴々の前につれ出し、赤恥をかかせてしまうことにした。計画は図に当たったが、フィリップの方はシモーヌに幻滅を感じなかった。計画の立案者フランソワに復讐するため、シモーヌは彼をカフェの臨時経営者にし、カンカンを踊って警察に手入れをさせた。かれは告訴されると弁護士の地位を失うという危機におちた。そうなると、シモーヌも弱った。そこでポール老判事主席が解決にのりだし、法廷でカンカンを踊らせてことの否決を決定させるという策を出した。その結果「ワイセツとは美と同じく見る人の目によってきまる」という純粋なものだった。フランソワとシモーヌは結局結ばれた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第33回 アカデミー賞(1961年)

ノミネート

作曲賞(ミュージカル) ネルソン・リドル
衣装デザイン賞(カラー) アイリーン・シャラフ

第18回 ゴールデングローブ賞(1961年)

ノミネート

作品賞(ミュージカル)  
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る