若者のすべて
ホーム > 作品情報 > 映画「若者のすべて」
メニュー

若者のすべて

劇場公開日

解説

イタリアの巨匠ルキノ・ビスコンティが1960年に発表した監督第7作で、都会の生活に翻弄される兄弟の姿を、アラン・ドロン、アニー・ジラルド、クラウディア・カルディナーレら若き俳優たちを起用して描いた。ミラノに住む長男を頼りに、南部から移住してきたパロンディ家。次男のシモーネはボクサーとして成功への糸口を見つけるが、娼婦ナディアに溺れ落ちぶれていく。ある時、三男のロッコも偶然にナディアと知り合い、ロッコとナディアは惹かれあっていくが、2人の関係に嫉妬したシモーネによって悲劇が引き起こされる。日本では60年に初公開。ビスコンティ生誕110年&没後40年となる2016年、「ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル イタリア・ネオレアリズモの軌跡」と題した特集で、デジタル修復版が上映される(4K完全修復版マスターから変換した2K上映)。

作品データ

原題 Rocco e i suoi fratelli
製作年 1960年
製作国 イタリア・フランス合作
配給 アーク・フィルムズ、スターキャット
日本初公開 1960年12月27日
上映時間 179分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全6件)
  • ヴィスコンティの 人間洞察力! 南から北イタリアへ 貧困を逃れてきた家族の物語 長男が 取っ掛かりをつけ、次男が一時 生活を支え、三男が大黒柱になり、四男がそれを支え 五男の成長を促す、ということになる この 五人の息子達の中... ...続きを読む

    jarinkochie jarinkochieさん  2018年9月4日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 克服だけが全て 都市の怪しい欲望の炎に寄せ集められる蛾の様に、ある者は美しく舞い、ある者は炎に飲まれる。これを美しく描く事も出来るだろうが、本作では更に描ききる事で破滅の美しさなどという凡庸さ、リアリティのなさ... ...続きを読む

    ひろち ひろちさん  2018年1月14日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 4人兄弟の心の内面が丁寧に描かれている。アラン・ドロンの表情が相変... 4人兄弟の心の内面が丁寧に描かれている。アラン・ドロンの表情が相変わらず素敵。豪華絢爛のビィスコンティ映画とはまた違った味わいがあった。 ...続きを読む

    tsumumiki tsumumikiさん  2017年8月29日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「若者のすべて」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi