カトマンズの男

劇場公開日

カトマンズの男
12%
35%
53%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界的ヒット作「リオの男」の主演ジャン=ポール・ベルモンドと監督フィリップ・ド・ブロカをはじめ主要スタッフが再結集し、ジュール・ベルヌの小説「必死の逃亡者」を原作に壮大なスケールで描いたアクションコメディ。父から莫大な遺産を相続したアルチュールはあらゆる快楽に飽き、退屈のあまり自殺を試みるが失敗する。彼は父の友人だった中国人ゴオの勧めで世界一周の船旅に出るが、寄港先の香港で、株の大暴落により自身が破産したことを知る。これで心置きなく自殺できると喜ぶアルチュールに、ゴオは有意義に死ぬべきだと多額の生命保険をかけ、1カ月以内に殺してあげようと約束。そんな矢先、アルチュールは香港でストリッパーのアルバイトをしていた社会学者アレクサンドリーヌに一目ぼれし、死ぬのが惜しくなってしまう。アレクサンドリーヌ役に「007 ドクター・ノオ」で初代ボンドガールを演じたウルスラ・アンドレス。1965年製作で、日本では65年に初公開。2021年、ベルモンド主演作をHDリマスター版で上映する「ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2」(21年5月14日~、東京・新宿武蔵野館ほか)で公開。

1965年製作/109分/G/フランス・イタリア合作
原題:Les tribulations d'un Chinois en Chine
配給:エデン
日本初公開:1966年5月14日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

a film by Philippe de Broca (C) 1965 TF1 Droits Audiovisuels All rights reserved.

映画レビュー

3.5アレクサンドリーヌが美しかった

りあのさん
2022年2月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

萌える

父から莫大な遺産を相続したアルチュールはあらゆる快楽を試し、それに飽きてしまい、退屈のあまり自殺を試みるが何度トライしても失敗していた。父の友人だったゴオの勧めで婚約者家族と世界一周の船旅に出たが、寄港先の香港で、株の大暴落により自身が破産したことを知った。これで心置きなく自殺できると喜ぶアルチュールに、ゴオはせっかくなら有意義に死ぬべきだと多額の生命保険をかけ、1カ月以内に殺してあげようと約束した。そんな時、アルチュールは香港でストリッパーをしていたフランス人のアレクサンドリーヌに出会い、一目ぼれし、死ぬのが惜しくなってしまった。そのため、ゴオが雇った殺し屋から逃亡するという話。
ジャン・ポール・ベルモンドが逃げるだけの話なんだけど、ドタバタコメディで面白かった。
アレクサンドリーヌ役のウルスラ・アンドレスが美しくスタイル抜群で、彼女を観るだけでも価値ありかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
りあの

4.0ベルモンド版、湯けむり温泉2時間ドラマ

2021年5月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

できる限り傑作選を観たくて鑑賞。

なんだよー、めちゃくち笑ちゃいました。
ノリはドリフ大爆笑じゃないかよー。
いや、こっちが元ネタかなー?

見るだけで笑えちゃうドタバタアクションです。
後半は5分に一回笑いがあると言っても
過言じゃないです。
怒涛です。うん、まさに怒涛。畳みかけます。

ストーリーが破天荒で泣かせてくれます(笑)
日々充足してしまう富豪の男が刺激を求めるお話。
少しでも不幸と修羅場を求めると言う塩梅。
物語最初が自殺シーンという斜め上の映画です。

破天荒なストーリーには破天荒な展開と
ドタバタと派手な大掛かりアクションがぴったりです。

本作は中国、チベット?ネパール?あたりが舞台。
うまーくお国柄を反映した作りしとるのです、感心です。
なんか、温泉地とタイアップしてる2時間ドラマの感じです(笑)
観光地巡ってる気になります。
ご当地ネタをふんだんに盛り込み
ハラハラとドキドキとわっはっは!を
織り交ぜたジェットコースターストーリーに
僕たちを乗せて一気に進んでくれます。

アクションも十分すぎるほどに堪能できます。
竹の足場(だよな?)アクションなんて、
ジャッキーかと思ってしまいました。
相変わらず、無茶テイストがふんだんです。
僕としては爆走ベッドと、逃走登山がおもしろすぎました。
遭難するって!(笑)
あと、あの保険屋に雇われた二人組、サイコー。
笑いのセンス、すげぇな。

よくもまぁこんなに楽しい娯楽映画作れますね。感心。

でもってラストがまたイイんです。
ベルモンドが悲哀あるいい顔するんだよなー。
ちゃーんとお話としてはナイスなオチがついてます。
前髪がキーですね(笑)

ベルモンド、最高!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
バリカタ

4.0ベルモンドとアジアの果てまでイッテQ

2021年5月29日
iPhoneアプリから投稿

これぞ、まさにスラップスティック・コメディ!毎回能天気なベルモンドが、自殺願望の大金持ちの青年役と言うのからして笑えます。ところが、保険金目当ての殺し屋に狙われて、命が惜しくなって、香港中だけでなくヒマラヤまで逃げ続ける、馬鹿馬鹿しいほどの行き当たりばったりなドタバタぶりが痛快です。コメディとしては、『リオの男』よりも見せ場がてんこ盛りで、あの手この手で楽しませようと言う、ベルモンドやスタッフの奮闘ぶりがベルモン道。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 1 件)
シネマディクト

4.0ナンセンスな股旅物

2021年5月28日
iPhoneアプリから投稿

『リオの男』が理路整然に見えるほど、しっちゃかめっちゃか大騒ぎ。
その場のノリ重視で人の話を聞かない主人と、一緒に旅する執事のレオンがいい味で、弥次さん喜多さんみたいな股旅珍道中ものに。

殺し屋たちとのユルくてナンセンスな追いかけっこは、『長靴をはいた猫 80日間世界一周』とか、クレイジーキャッツの『大冒険』とかを思い出しもしました。

ベルモント演じるアルチュールが、憂鬱で死にたくなると前髪が伸びる設定に大爆笑。
タイトルとなるカトマンズの滞在時間は、ほんのごくわずか。
実質『香港の男』だったんだけど、まぁこのユルさもベルモンド作品の良さってことで。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
コージィ日本犬
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る