カストラート

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

18世紀のヨーロッパで、ボーイソプラノを維持するために去勢された歌手=カストラートの中でも伝説的な人物ファリネッリの生涯を、バロック調の荘厳な絵巻に仕立てた人間ドラマ。監督はベルギーのテレビで音楽関係の番組を手掛け、劇映画でも「仮面の中のアリア」「めざめの時」と、一貫して音楽を主題とした作品を発表しているジェラール・コルビオ。彼とアンドレ・コルビオの共同脚本を、マルセル・ボーリューが加わって脚色。製作はヴェラ・ベルモント、撮影は「仮面の中のアリア」「無伴奏『シャコンヌ』」のワルテル・ヴァンデン・エンデ、音楽監督・指揮・編曲は、古楽アンサンブル“レ・ラタン・リリック”を率いて世界的に高く評価されているクリストフ・ルセ。衣装は「可愛いだけじゃダメかしら」のオルガ・ベルルーティ。出演は本作で初の本格的主演を果したステファノ・ディオニジ、「小さな旅人」のエンリコ・ロ・ヴェルソ、「ミナ」のエルザ・ジルベルシュタイン、「愛と死と」のカロリーヌ・セリエ、「逃亡者」のジェローン・クラッペほか。

あらすじ

カルロ・ブロスキ(ステファノ・ディオニジ)は10歳の時に落馬事故で去勢された。8歳年上の兄リカルド(エンリコ・ロ・ヴェルソ)は弟の優れた音楽の才能に驚き、以来、兄が曲を書いて弟が歌うという関係が続いていた。英国宮廷の作曲家ヘンデル(ジェローン・クラッペ)はナポリの街頭で歌うカルロの声を聴いて驚嘆し、ロンドンに来るよう誘う。だが兄も一緒にという申し出は聞き入れられず、リカルドは契約を結ばせなかった。12年後、30歳となりファリネッリと名乗ったカルロはあらゆる場所で歌い、その超絶的な声の魅力は女たちを熱狂的させた。演奏旅行では弟が誘惑し悦びを与え、兄が種をまいて、2人で女を抱いた。ドレスデンでファリネッリは、アレクサンドラ(エルザ・ジルベルシュタイン)という若い女から、貴族オペラ座の窮状を救ってほしいと依頼され、兄とともにロンドンへ向かう。貴族オペラ座では、数ヶ月前からファリネッリの師であるポルポラ(オメロ・アントヌッティ)が、対立するコヴェント・ガーデン劇場の音楽監督を務めるヘンデルと競い合っていた。ファリネッリは貴族オペラの有力なメセナ(庇護者)であるマーガレット・ハンター(カロリーヌ・セリエ)と出会い、彼女の姪であるアレクサンドラに情熱的な愛を注ぐ。聴衆はファリネッリの声に熱狂し、貴族オペラ座の盛況ぶりとは裏腹に、コヴェント・ガーデン劇場は閑古鳥が鳴いた。だが、一方では兄の書いた凡庸なオペラでは弟は満足しなくなっていた。そのジレンマを感じ取ったアレクサンドラはヘンデルの楽譜を盗み出し、ファリネッリはそのアリアを歌うことを決意した。それは長年の兄弟の関係の終焉でもあった。リカルドは弟の心と自分のプライドを取り戻すため、未完のオペラの完成を決心する。貴族オペラの初日、ヘンデルは盗まれた楽譜を間違いなく歌えるものかとファリネッリを挑発し、さらに彼を動揺させるため、彼の去勢が事故ではなく兄の策略だったことを告げた。しかしファリネッリは絶望の淵から見事に歌いこなした。ヘンデルもその衝撃的な感動に浸って自身の負けを悟る。彼は2度とオペラを書くことはなく、ファリネッリも二度と舞台に立たなかった。3年後、スペイン国王フェリペ5世のためだけに歌うことを決意したファリネッリは、少しずつ心の安らぎを見いだしていた。そこへリカルドがついに書き上げたオペラ『オルフェオ』を携えて現れた。だが、弟は兄を許すことができず、リカルドは自殺を図った。アレクサンドラの愛が兄弟愛を蘇らせた。彼らはかつてのように、ひとりの女性を愛し合った。数カ月後、リカルドは弟と最後の共作の成果=アレクサンドラの身籠もった子供を残して宮廷を去った。

1994年製作/フランス・イタリア・ベルギー合作
原題:Farinelli il Castrato
配給:ユーロスペース

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第67回 アカデミー賞(1995年)

ノミネート

外国語映画賞  

第52回 ゴールデングローブ賞(1995年)

受賞

最優秀外国語映画賞  
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0伝説の美声

norikofさん
2015年9月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

興奮

萌える

ボーイソプラノの音域を出せる時期に去勢し、大人になってもその音域で発声できるカストラート。そのカストラートととして有名だったファリネッリが主人公の作品。
映画では、ソプラノとカウンターテナーの合成が主人公の声として聴けます。
彼の美声を聴いて卒倒するシーン、ブーイングから観客が徐々に魅了され喝采に包まれるシーン、素晴らしいです。
オペラに詳しくなくても、彼の美声に魅了される事間違いありません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
norikof

4.53オクターブ半の音域!

nunaさん
2014年10月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

萌える

その声は胸の奥深くに迫るものがあります。テレビ画面の前なのに陶酔してしまいます。
作品中の貴婦人ではありませんが、卒倒したくなるのも分かります(笑)
こちら、Godfatherさんのレビュー通りに前知識なしに鑑賞、その後「カストラート」について検索してみました。その結果、その明らかとなった史実が作品に対する深みを増し、実在したファリネッリの壮絶な生き様に想いを馳せることが出来ました。

ボーイソプラノは、もはや現代世界ではありえない声域なので、劇中では女性ソプラノと男性テノールとの合成技術により再現されているそうですが、本当に感動というのはこのことをいうのでしょう…。生涯通して、紆余曲折の兄弟の絆ももう一つのテーマとなっており、大満足の一本です。ご紹介に感謝いたします。そして、私もおすすめします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
nuna

5.0合成だけど至福の歌声に酔ってしまう音楽映画

2013年12月11日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

悲しい

興奮

萌える

 DENONの試聴室で視聴した『カストラート』の時代ドルビー(ドルビーレジスタードトレードマークTrueHD)版では、その音響効果の素晴らしさ以上に、主役のファリネッリを演じたステファノ・ディオニジの超絶的な声が素晴らしかったです(但し後述するように訳有りだが)それは、もはやこの世のものとは思えない響き。劇中でも魂を揺すぶられる歌声に、自作を盗まれて激怒していたヘンデルも脱帽し完敗を認めざるを得ませんでした。そして劇場の女たちは、まるで沢田研二やスパイダース(喩えが古いけど(;゜ロ゜))のライブのごとく、次々と失神し倒れていくのでした。こう書くと、大げさのように見えるでしょうけれど、実際に理想的な音響施設を整えた試聴室で視聴していると、本当に意識がふわっと持っていかれて、天まで昇るかのような心地よさに包まれるのです。
 間違いなく音楽映画が好きな人ならのベストワン
 ストーリーも兄リカルドと主人公の去勢にからむ真実の暴露、ヘンデルが音楽監督を努める劇場との興行バトルなど、起伏に富んだ展開を魅せて、飽きさせません。芸術の秋に、ぜひ本作で提供される楽曲に酔っていただきたいとお勧めします。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
流山の小地蔵
すべての映画レビューを見る(全3件)