オーバー・ザ・トップ

劇場公開日:

解説

愛する息子のために腕相撲(アーム・レスリング)大会のチャンピオンを目ざすトラッカーを描く。製作・監督は「デルタ・フォース」のメナヘム・ゴーラン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・D・ブルベイカー、脚本は主演のシルヴェスター・スタローンとスターリング・シリファントの共同執筆、撮影はニック・マクリーンが担当。出演はスタローン、デイヴィッド・メンデンホール、ロバート・ロッジア、スーザン・ブレイクリーほか。

1987年製作/94分/アメリカ
原題:Over the Top
配給:東宝東和

ストーリー

リンカーン・ホーク(シルヴェスター・スタローン)は放浪のコンボイ・トラッカー。彼は10年前、義父ジェイソン(ロバート・ロッジア)との確執から追い出されるように家を出た。彼の心には常に妻クリスティーナ(スーザン・ブレイクリー)と息子マイケル(デイヴィッド・メンデンホール)の姿が焼き付いている。行く先々で得意のアームレスリングの賭けゲームに熱中するだけが、彼の孤独をまぎらわす唯一の手段だった。そのホークが陸軍幼年学校を卒業した12歳になるマイケルをトラックで迎えに行った。クリスティーナが重病で入院し、彼女のたっての願いでマイケルとともに病院に来てほしいというのだ。マイケルは教養もなく野卑な父に拒否反応を示し、なつかない。だが、アームレスリングで圧倒的な強さを誇る父を見、ラスヴェガスの世界大会で優勝して、その賞金でトラック会社を設立、親子3人で暮らす夢を話す父に、徐々に心を開いていった。その2人に、義父ジェイソンが孫のマイケル奪回のために雇った男たちが襲いかかる。ついに2人は病院にたどり着いた。だが、父子を待っていたのは母の死だった。マイケルはショックのあまりジェイソンの元へ戻っていった。ホークはジェイソンの屋敷にトラックごと突っ込んでマイケルの名を呼ぶがマイケルは顔を見せず、逆に留置場に入れられたあげく、息子を手放すことを条件に州外に追放された。ホークは世界アムーレスリング選手権大会が行なわれるラスヴェガスに乗り込んだ。世界中から集まった強敵たち。次々と相手を打ち負かすホーク。いよいよ決勝。その時、マイケルが会場に姿を現わした。「ぼくが悪かった。ぼくはパパのものだ!」……。息子の声がホークにファイトを甦らせ、死闘の末、勝利を得るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5息子うぜ~~~

2022年3月31日
PCから投稿

けど嫌いじゃなったです。子供のときにみたい映画。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
aaaaaaaa

3.0運転しながらエクササイズ

2021年11月8日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

敵役の魅力が今一つ。闘う意義がないというか、ダメな父親が子供に認められる唯一の手段が腕相撲とは、なんとも破天荒なストーリーだ。

『リアルスティール』での、ヒュー・ジャックマンも、ロボットプロレスというかなりニッチな世界で、トップを目指し、家族の理解を得られるかどうかが着地点だった。アメリカは、何事もやりすぎることで家族を失うのが最大のダメージなのだろう。

印象的なテーマ曲は、格闘技のイベントなんかで繰り返し使われたので、耳なじみはいいかもしれない。でも、何の思い入れも無い映画。それ以上でも以下でも。。。

2018.10.12

コメントする (0件)
共感した! 0件)
うそつきカモメ

3.5スーザン・ブレークリーを久々に拝見できたのが一番の収穫。あと車の中...

2019年7月6日
Androidアプリから投稿

スーザン・ブレークリーを久々に拝見できたのが一番の収穫。あと車の中でも筋トレが出来る(実行中)のを教えてくれた点で感謝してます。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
もーさん

5.0初めて知る優しい父親

2018年11月15日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

興奮

幸せ

スタローン脚本&主演の父と子の感動作。
この作品、大好きです(^^)b

ぼーっとした感じの父親だけど、内に秘める熱さを時折見せる。その辺が胸熱ポイントだけど、それを盛り上げるのが、後にフジテレビのF1番組のエンディングテーマ曲となったロビン・ザンダーによる挿入歌などのサントラ曲♪
このサントラは、映画史に残る傑作ですわ(^^)b

最後のアームレスリング大会の、ドキュメンタリーみたいなインタビュー映像が印象的。
そのインタビュー映像でスタローン演じる主人公が、『帽子をぐるっと回して逆にかぶる』ってのは、よく真似しました(^_^;)

それにしても、ジジイになったスタローンを見慣れてしまってるだけに、たまに若い頃のスタローンを見ると、めっちゃカッコ良く見える( °_° )

コメントする (0件)
共感した! 0件)
n.yamada
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る