駅馬車(1939)

劇場公開日

31%
47%
15%
2%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アメリカ映画界に燦然と名を刻む巨匠ジョン・フォード監督が残した傑作群の中でも、最高傑作と名高い西部劇の金字塔。1880年代のアメリカ西部、アリゾナからニューメキシコへと走る駅馬車を舞台に、先住民の襲撃や無法者との決闘などドラマチックなエピソードを盛り込みながら、駅馬車に乗った人々が織りなす人間模様を描き出した。主演を務めたジョン・ウェインは、本作で地位を確立。以降、アメリカ映画界を代表するスター俳優として活躍する。1939年・第12回アカデミー賞では、作品賞ほか7部門にノミネートされ、助演男優賞と作曲賞を受賞。同年の作品賞は「風と共に去りぬ」だったが、双方に出演しているトーマス・ミッチェルは、本作の酔いどれ医師ブーン役で助演男優賞を受賞している。ジョン・フォード監督生誕120周年を記念した2014年、デジタルリマスター版でリバイバル。

1939年製作/99分/アメリカ
原題:Stagecoach
配給:マーメイドフィルム
日本初公開:1940年6月19日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)MCMXXXIX BY WALTER WANGER PRODUCTIONS, INCORPORATED. ALL RIGHTS RESERVED.

映画レビュー

4.02022年に見ても色あせぬ迫力

2022年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

新文芸座のリニューアルオープンにともない特別上映されていた黒澤明監督の『7人の侍』を鑑賞しました。その黒澤明が影響を受けたのがジョン・フォードであることを知り、名作の誉れ高い『駅馬車』を鑑賞しようと思った次第です。

良かった点
1.興奮する迫力と雄大な景色
CGなどない時代のものとは思えない迫力です。落馬するシーンが多いですが、落馬してその上を馬車が通り過ぎるシーンなどは、命がけの撮影だったろうと思います。また、モニュメントバレーを中心とした雄大な景色は、迫力を引き出すのにふさわしかったです。

2.重層的なクライマックス
本作品には二つのクライマックスがあります。ひとつは、アパッチ族との銃撃戦を潜り抜けていくシーンです。もうひとつは、リンゴ・キッドが敵討ちを果たすシーンです。決闘をして最初に酒場に戻ってきた敵方が決闘に勝ったのかと思いきや・・・。古臭い演出ですが、魅せるシーンでした。

3.後味の良い人間模様
たまたま乗り合わせた人たちの個性や背負っている人生を描き、クライマックスを挟んでそれぞれの話にエンディングを持たせてあります。そのため、鑑賞後の余韻は非常に良いものでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ねりまっくま

3.0西部劇映画の名作!

みなさん
2021年11月12日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

怖い

興奮

銃撃戦とか落馬スタントの迫力エグい。大半は同じ駅馬車に乗り合わせた男女の人間ドラマ。粋な映画でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
みな

4.0分かりやすいストーリーとキャラクター。 アパッチとの格闘も迫力ある...

2021年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

分かりやすいストーリーとキャラクター。

アパッチとの格闘も迫力あるし、全編通して明るいものを感じさせてくれる。

あの格闘はよく馬が撃たれてコケるが、どうやって撮影したのだろう。

映画通ではないが、西部劇の金字塔というのもうなづける。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
藤崎敬太

5.0西部劇の教科書

2021年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

ジョン・フォード監督、ジョン・ウェイン主演の西部劇で、古い作品でも面白いものは面白い。
日本でも昭和15年に公開されている。
ジョン・ウェインは冤罪の脱獄囚で、駅馬車で真犯人たちのいる街に向かう。
乗り合わせた乗客のドラマとアパッチの襲撃、最後は3対1の対決となだれ込む。
酔いどれ医者(トーマス・ミッチェル)がホノボノ担当でいい味を出している。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全18件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「駅馬車(1939)」以外にこんな作品をCheck-inしています。