駅馬車(1939)
ホーム > 作品情報 > 映画「駅馬車(1939)」
メニュー

駅馬車(1939)

劇場公開日

解説

アメリカ映画界に燦然と名を刻む巨匠ジョン・フォード監督が残した傑作群の中でも、最高傑作と名高い西部劇の金字塔。1880年代のアメリカ西部、アリゾナからニューメキシコへと走る駅馬車を舞台に、先住民の襲撃や無法者との決闘などドラマチックなエピソードを盛り込みながら、駅馬車に乗った人々が織りなす人間模様を描き出した。主演を務めたジョン・ウェインは、本作で地位を確立。以降、アメリカ映画界を代表するスター俳優として活躍する。1939年・第12回アカデミー賞では、作品賞ほか7部門にノミネートされ、助演男優賞と作曲賞を受賞。同年の作品賞は「風と共に去りぬ」だったが、双方に出演しているトーマス・ミッチェルは、本作の酔いどれ医師ブーン役で助演男優賞を受賞している。ジョン・フォード監督生誕120周年を記念した2014年、デジタルリマスター版でリバイバル。

作品データ

原題 Stagecoach
製作年 1939年
製作国 アメリカ
配給 マーメイドフィルム
日本初公開 1940年6月19日
上映時間 99分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全5件)
  • 本作の醍醐味であるダブルクライマックス ネタバレ! 本作の主要ストーリーである一台の駅馬車に乗り合わせた乗客達の人間模様の描き方が素晴らしい。そしてラストのダブルクライマックスのインディアンの襲撃に抗する銃撃戦と主人公の因縁の決闘は映画史上の白眉... ...続きを読む

    eichan eichanさん  2018年4月16日  評価:4.5
    このレビューに共感した/1
  • セリフがいい! 戦闘シーンも。 セリフ回しがおしゃれでかっこいいですね、劇中の「いずれいずこかでたまにあたり酒に死すだろう・・・」というセリフの後に「帰るのか?」と聞かれて「いや、もう一杯飲む」と答えるこのやりとり、最高におし... ...続きを読む

    ねじまき鳥 ねじまき鳥さん  2017年7月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • さすがの名作です 6頭の馬と馬車の連結シーンなどに見入ってしまいました。アクションシーンもCG使わないでこの迫力には驚きです。 ...続きを読む

    いちとら いちとらさん  2016年9月24日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

硫黄島の砂 黄色いリボン 荒野の決闘 駅馬車
硫黄島の砂 黄色いリボン 荒野の決闘 駅馬車 (吹替版)
  • Powered by Amazon

DVD・ブルーレイ

駅馬車[DVD] 女房の殺し方教えます[DVD] 女房の殺し方教えます[DVD] 巨匠たちのハリウッド アンソニー・マン 傑作選 DVD-BOX[DVD]
駅馬車[DVD] 女房の殺し方教えます[DVD] 女房の殺し方教えます[DVD] 巨匠たちのハリウッド アンソニー・マン 傑作選 DVD-BOX[DVD]
発売日:2008年4月24日 最安価格: ¥1,008 発売日:2006年12月16日 最安価格: ¥2,257 発売日:2011年6月22日 最安価格: ¥972 発売日:2012年6月2日 最安価格: ¥4,850
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

映画ニュースアクセスランキング

映画ニュースアクセスランキングをもっと見る
Jobnavi