アンナ(1966)

劇場公開日

  • 予告編を見る
アンナ(1966)
アンナ(1966)
19%
24%
47%
5%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「気狂いピエロ」のアンナ・カリーナが主演を務め、パリの街を舞台に描いたポップでカラフルなミュージカル作品。フランス国営放送が初のカラー番組として製作したテレビ映画。新天地を求め、田舎からパリへやって来たアンナ。広告代理店の社長セルジュは、駅構内で撮影したポスターに偶然写り込んでいた彼女に一目ぼれし、あり余る資金を使ってパリ中を捜し回る。そんなセルジュの思いに気づくアンナだったが……。共演に「いとこ同士」のジャン=クロード・ブリアリ、「あの胸にもういちど」のマリアンヌ・フェイスフル。セルジュ・ゲンズブールが劇中の楽曲を手がけ、出演もしている。監督は「ガラスの墓標」のピエール・コラルニック。日本では1998年に劇場公開。2019年9月、4Kデジタルリマスター版でリバイバル上映。

1966年製作/86分/フランス
原題:Anna
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム
日本初公開:1998年8月29日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)INA - 1966

映画レビュー

3.0アラレちゃんメガネは美人を隠す小道具

kossyさん
2020年2月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 去年亡くなられたアンナ・カリーナ。この映画を観る限りではメガネをかけていた方がキュートでコケティッシュ。年齢も若返るし、こんなメガネがまた流行るのかもしれません。

 全体的にミュージカル風。音楽もセルジュ本人が作っているのですが、歌はそれほど上手いとは言えません。どちらかというとPV、MVといった雰囲気に仕上げているのもいい。それにしてもポップ、カラフル、お洒落。そんなアンナが愛おしくてたまらなくなる作品です。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

5.0最後にやられたwww

でゑさん
2020年2月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

知的

萌える

ヌーベルバーグの映画なんでちょっと難解なところがあるけど
あんまり気にしないでいいと思う。
むしろそれは全部フリでこの映画の真価は最後のシーンにある。
電車の車窓の中の彼女の物憂げな表情にやられるw
偶然も重なっているけどこのワンシーンの為にこの映画はある感じ。
あんな物憂げな表情を作れるこの女優さんはスゴイ人だと思う。
泣かされ寸前だったwww

昔の映画にアメリと言うのがあったけど
あれによく似ている。
アメリのエンディングはハッピーエンドだったけどこちらは悲劇的。
恐らくアメリの原型になる映画だと思って間違いないと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
でゑ

5.0今年の映画初めと決めていた大のお気に入り"ANNA" (1967)...

公方さん
2020年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

今年の映画初めと決めていた大のお気に入り"ANNA" (1967) をシネマジャック&ベティで観賞。泣いた。
家に帰って前回1998年に渋谷日本初公開された際に買ったパンフを読みつつサントラを聴き返す。DVDも持っていたんだが誰かに貸したたまま行方不明。
所々で出てくる脇役のセルジュ・ゲンズブールが良い。
今晩は昨年亡くなったアンナ・カリーナをおもいながら『女は女である』をアマプラで観よう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
公方

5.0メガネは正体バレない最強アイテム

たら印さん
2020年1月11日
Androidアプリから投稿

全てのシーンのアンナ・カリーナにキュンキュンきちゃう☺
セルジュ、いい加減気づけよ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たら印
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る