アウトブレイク

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
アウトブレイク
11%
52%
32%
4%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

すさまじい伝染力と死亡率を持つ未知の病原体の脅威と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・サスペンス。ベストセラー・ノンフィクション『ホット・ゾーン』(飛鳥新社刊)でも扱われたエボラ出血熱の事件をモチーフに、科学的根拠に基づくリアルでスリリングな恐怖が展開する。監督は「U・ボート」「ザ・シークレット・サービス」のウォルフガング・ペーターゼン。製作はペーターゼン、「逃亡者(1993)」「フォーリング・ダウン」のアーノルド・コペルソンとゲイル・カッツ。脚本はローレンス・ドゥウォレットとロバート・ロイ・プールの共同。撮影は「クイズ・ショウ」のミハエル・バルハウス、音楽は「ジュニア」のジェームズ・ニュートン・ハワード、美術はウィリアム・サンデル、編集はニール・トラヴィス、リンジー・クリングマン、ウィリアム・ホイ、SFXはボス・フィルム・スタジオ、衣装はエリカ・フィリップスがそれぞれ担当。。主演は「靴をなくした天使」のダスティン・ホフマンと「ザ・シークレット・サービス」のレネ・ルッソ。共演は「許されざる者(1992)」のモーガン・フリーマン、「ジャッジメント・ナイト」のキューバ・グッディング・ジュニア、「ディスクロージャー」のドナルド・サザーランド、「摩天楼を夢みて」のケヴィン・スペイシーほか。

1995年製作/アメリカ
原題:Outbreak
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

米国陸軍伝染病医学研究所(USAMRIID)のレヴェル4(最高警戒度)研究チームのリーダー、サム・ダニエルズ大佐(ダスティン・ホフマン)は、指揮官のフォード准将(モーガン・フリーマン)に命じられ、アフリカの小さな村に派遣された。そこで彼は、未知のウイルスによって村人たちが次々と死ぬのを目の当たりにする。サムはウイルスがアメリカにまで広がる恐れがあると判断し、警戒態勢を敷くように進言するが、フォードは“モタバ・ウイルス”と名付けられたこの病原菌の研究をやめるよう命令する。その直後、カリフォルニア州のシーダー・クリークという町で、住民たちの間に伝染病が発生した。症状はサムがアフリカで目撃したものと同じだった。彼は命令を無視して町に駆けつけ、民間の研究機関である疫病管理予防センター(CDC)で働く別れた妻のロビー(レネ・ルッソ)と共にウイルスの制圧に取り組み、ペストよりも確実に死がもたらされるという絶望的な事実を知る。陸軍から提供された血清が、ウイルスに感染した猿に劇的な効果を与えた。発見されたばかりのウイルスに効く血清をなぜ陸軍が持っていたのか、不審に思ったサムは驚くべき事実を知る。モタバ・ウイルスは60年代に米国陸軍が参加したアフリカでの局地戦の際に発見され、陸軍幹部マクリントック少将(ドナルド・サザーランド)によって採取され、生物兵器として使用するためにひそかに保管されていたのだ。しかし、ウイルスは突然変異を遂げており、猿を回復させた血清は人間には効かなかった。サムは部下のソルト少佐(キューバ・グッディング・ジュニア)と共に、最初にウイルスをもたらした“宿主”がアフリカで密猟された猿であることを突き止める。その頃、少将は生物兵器の事実を隠すため、かつてアフリカで行ったのと同じようにシーダー・クリークの町を焼き払おうと画策していた。そんな時、ロビーが誤ってウイルスに感染する。猿の居場所を突き止めたサムとソルトは軍用ヘリコプターを奪って現地に向かうが、マクリントックもヘリコプターで追跡する。ヘリの追撃をかわしたサムたちは、捕まえた猿で血清を作り、ロビーに試す。だが、既に気化爆弾を搭載した爆撃機は出撃していた。ヘリに乗ったサムは無線で爆撃機の乗組員に真実を訴え、爆撃を中止するよう懇願する。乗組員たちはサムの訴えを聞き、爆弾を海上で爆破させた。正義と責任感に目覚めたフォードは、マクリントリックを逮捕する。血清は大量に合成され、ロビーをはじめとする感染者たちは快方に向かった。サムとロビーはもう一度やり直そうと微笑みあった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • インスマスを覆う影
  • 乱歩 妖しき女たち
  • 爆裂魔神少女 バーストマシンガール
  • ハングマンズ・ノット
  • ファミリー☆ウォーズ
  • メランコリック
  • オー・マイ・ゼット!
  • トリハダ 劇場版
  • トリハダ 劇場版2
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.0力作ではあるが

WALLEさん
2021年6月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

ウイルス感染のパニック系としても、アクションとしても、やや半端な感じがする。当時としてはかなりの力作のはずで、今見ているからだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
WALLE

4.0コロナ禍の今だからこそのリアリティある良作映画

2021年2月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

知的

『アウトブレイク』はパンデミックを描いた映画の中でも良作だと思います。

古いものだと日本小説原作の『復活の日』や、SFパニックの古典『アンドロメダ…』、ひらたく言えばゾンビ映画もパンデミックの映画なわけで、未知の病原体やウイルスを扱った映画はたくさんあります。

その中でも『アウトブレイク』の優れているところは、圧倒的なリアリティ。
特に、コロナ禍を経験する我々には、25年以上前の古い作品とは思えません。

エボラ出血熱の感染危機を描いたノンフィクションを下地にしつつ、リアルな描写に定評あるウォルフガング・ペーターゼンが監督を務める作品。
今だからこそ、一見の価値のある作品だと思います。

個人的に印象的なシーンは、劇中で主人公の元妻であり研究者のロビーが、感染者を採血する際に誤って注射針で指を刺し感染してしまうシーン。

研究者として誰よりもウイルスの恐怖を理解しているロビー。

パニックに陥り、自暴自棄になる彼女をなんとか救うため、軍の包囲網を突破し、ウイルスの宿主を確保しようとする主人公(ダスティン・ホフマン)の活躍。
そして、そこからの一連の流れがまさに90年代アメリカ映画の王道という感じで、非常にエキサイティングで面白いです。

現実世界でも、今まさに最前線の現場で、コロナウイルスの対策に当たる医師や看護師の方々がいらっしゃいます。
ロビーのように不安を感じつつも、現場で医療行為に従事して下さってることに本当に感謝ですね。
頭が一ミリも上がりません。

こういった映画も見ながら、「いま自分には何ができるのか」を考えるきっかけにするのも一つかな、と思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
足立佑介

3.5今の社会・・

亮一君さん
2021年2月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:TV地上波

怖い

興奮

新型コロナが流行っている現代社会に生きている人間こそ見るべき映画。世界中が感染症に対して対応が早いのに、日本は政府の判断が後手後手に廻っているのは普段から感染症に対する意識が全く諸外国と違うからだ。感染症をテーマにした映画が26年前に公開されていたとは驚きだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
亮一君

4.0今こそ観るべきパンデミック映画の代表作

ずーさん
2021年1月30日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ずー
すべての映画レビューを見る(全48件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る