アウトブレイク

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
アウトブレイク
10%
51%
33%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

すさまじい伝染力と死亡率を持つ未知の病原体の脅威と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・サスペンス。ベストセラー・ノンフィクション『ホット・ゾーン』(飛鳥新社刊)でも扱われたエボラ出血熱の事件をモチーフに、科学的根拠に基づくリアルでスリリングな恐怖が展開する。監督は「U・ボート」「ザ・シークレット・サービス」のウォルフガング・ペーターゼン。製作はペーターゼン、「逃亡者(1993)」「フォーリング・ダウン」のアーノルド・コペルソンとゲイル・カッツ。脚本はローレンス・ドゥウォレットとロバート・ロイ・プールの共同。撮影は「クイズ・ショウ」のミハエル・バルハウス、音楽は「ジュニア」のジェームズ・ニュートン・ハワード、美術はウィリアム・サンデル、編集はニール・トラヴィス、リンジー・クリングマン、ウィリアム・ホイ、SFXはボス・フィルム・スタジオ、衣装はエリカ・フィリップスがそれぞれ担当。。主演は「靴をなくした天使」のダスティン・ホフマンと「ザ・シークレット・サービス」のレネ・ルッソ。共演は「許されざる者(1992)」のモーガン・フリーマン、「ジャッジメント・ナイト」のキューバ・グッディング・ジュニア、「ディスクロージャー」のドナルド・サザーランド、「摩天楼を夢みて」のケヴィン・スペイシーほか。

1995年製作/アメリカ
原題:Outbreak
配給:ワーナー・ブラザース映画

ストーリー

米国陸軍伝染病医学研究所(USAMRIID)のレヴェル4(最高警戒度)研究チームのリーダー、サム・ダニエルズ大佐(ダスティン・ホフマン)は、指揮官のフォード准将(モーガン・フリーマン)に命じられ、アフリカの小さな村に派遣された。そこで彼は、未知のウイルスによって村人たちが次々と死ぬのを目の当たりにする。サムはウイルスがアメリカにまで広がる恐れがあると判断し、警戒態勢を敷くように進言するが、フォードは“モタバ・ウイルス”と名付けられたこの病原菌の研究をやめるよう命令する。その直後、カリフォルニア州のシーダー・クリークという町で、住民たちの間に伝染病が発生した。症状はサムがアフリカで目撃したものと同じだった。彼は命令を無視して町に駆けつけ、民間の研究機関である疫病管理予防センター(CDC)で働く別れた妻のロビー(レネ・ルッソ)と共にウイルスの制圧に取り組み、ペストよりも確実に死がもたらされるという絶望的な事実を知る。陸軍から提供された血清が、ウイルスに感染した猿に劇的な効果を与えた。発見されたばかりのウイルスに効く血清をなぜ陸軍が持っていたのか、不審に思ったサムは驚くべき事実を知る。モタバ・ウイルスは60年代に米国陸軍が参加したアフリカでの局地戦の際に発見され、陸軍幹部マクリントック少将(ドナルド・サザーランド)によって採取され、生物兵器として使用するためにひそかに保管されていたのだ。しかし、ウイルスは突然変異を遂げており、猿を回復させた血清は人間には効かなかった。サムは部下のソルト少佐(キューバ・グッディング・ジュニア)と共に、最初にウイルスをもたらした“宿主”がアフリカで密猟された猿であることを突き止める。その頃、少将は生物兵器の事実を隠すため、かつてアフリカで行ったのと同じようにシーダー・クリークの町を焼き払おうと画策していた。そんな時、ロビーが誤ってウイルスに感染する。猿の居場所を突き止めたサムとソルトは軍用ヘリコプターを奪って現地に向かうが、マクリントックもヘリコプターで追跡する。ヘリの追撃をかわしたサムたちは、捕まえた猿で血清を作り、ロビーに試す。だが、既に気化爆弾を搭載した爆撃機は出撃していた。ヘリに乗ったサムは無線で爆撃機の乗組員に真実を訴え、爆撃を中止するよう懇願する。乗組員たちはサムの訴えを聞き、爆弾を海上で爆破させた。正義と責任感に目覚めたフォードは、マクリントリックを逮捕する。血清は大量に合成され、ロビーをはじめとする感染者たちは快方に向かった。サムとロビーはもう一度やり直そうと微笑みあった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • ジェーン・ドウの解剖
  • 機械じかけの小児病棟
  • ハンガリー連続殺人鬼
  • 怪談新耳袋 百物語【TBSオンデマンド】
  • クリーピー 偽りの隣人
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • もうひとりいる
  • 喰女 ―クイメ―
  • オーディション
  • カオス
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1

写真:Album/アフロ

映画レビュー

3.5ラストシーンがしゃれている

lanachamaさん
2020年7月4日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
lanachama

3.0監督は「Uボート」の人

ipxqiさん
2020年6月28日
iPhoneアプリから投稿

そのせいかミリタリー要素が強め
「コンテイジョン」「復活の日」につづき、パンデミックの進行中にあえて迎えにいくシリーズの3本目。
主人公がCDCではなく、軍の感染症研究所の所属というのがポイント。
その権限をフル活用して物理的に活躍できるため、パンデミックものに活劇要素を加えたというナイスアイデア。
ヘリでのチェイス楽しいです。

レネ・ルッソに比べてダスティン・ホフマンが歳とりすぎな気もするけど、あのスタンドプレーぶりは豪華客船号に乗り込んだ某先生を思い起こさせることもあり、妙に実在しそうなリアリティを感じました。ケヴィン・スペイシーは思いっきりキャラ作り込んでるな。

今回のウイルス騒動で陰謀説を唱えた人はみんなこの映画が頭にあったのか、それとも目の前の不条理な現実を理に落としたいという人の心の生理なのか…?
でも細菌兵器なんて、現実問題、今の世の中じゃ危なくて使えないと思うのですが。使われた時に防ぐために研究するっていうならまだわかる。

あとは専門知識がないのでよくわからないけど、アレをナニするだけでそんなにバッチリ奏功するものなんでしょうか。。

小さな町の平穏な日常が感染症によって地獄絵図に変わるというのは「復活の日」でもあったけど、あくまでハリウッド的娯楽ものなので、ちょっと甘いところがあるのは仕方ないのかな。
とはいえ王道の娯楽映画で、わかっていてもハラハラさせられ、安定のおもしろさでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ipxqi

3.5大好物のパンデミック物

なおさん
2020年6月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

などと去年までは呑気に言ってられましたが。
劇場公開時鑑賞。CDCが出てくるだけでテンション上がります。
感染してからあまりにも早く劇症化したり死亡したりすると、感染する暇が無くなって、生存戦略的には失敗なのではと思いますがどうなんでしょう。空気感染可能への変異は大当たりですが。
社会派ネタやタイムリミットサスペンスの要素も入れつつ、きっちり楽しめるエンターテインメント作品ですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

4.5今こそ観て唸る作品

2020年6月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
むらじゅん
すべての映画レビューを見る(全38件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る