ピーカン夫婦

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

外でしか体を許さない妻と、皮肉屋で嫌われ者の音楽ディレクターの夫が織り成す叙情派エロス。監督は「プウテンノツキ」で頭角を現した新鋭・元木隆史。篠山紀信『アカルイハダカ』で衝撃のヌードを発表したのはら歩が、映画初主演。身近で倒錯したエロス作品を製作する「フルモーション」レーベルの1本。

2005年製作/76分/日本
配給:バイオタイド

ストーリー

レコード会社のディレクター尾藤(山本剛史)は、皮肉屋で社内でも浮いた存在。その偏屈な性格は、人を寄せつけず、社内では「尾藤童貞説」がまことしやかに囁かれていた。そんな尾藤でも、人並に悩みはあった。それは、人とうまく付き合えないこと。殻に引きこもった自分を打破して「真の俺」を手に入れたい。なんとか周りとコミュニケーションをとろうと目論む尾藤は、草野球チームを作る。チーム名は「フラストレーションズ」。社内掲示板に貼紙を出したり、バッティングセンターでスカウトしたり、新人歌手の売込みに来たマネージャーを誘ったり…。が、案の定人は集まらず、独り寂しくグラウンドでバットを振る日々を過ごすのだった。そんな折、グラウンドの奥の草むらで、日光浴をする一人の女(のはら歩)と出会う。しかも女は半裸だった。光子というその女に一瞬で心を奪われた尾藤は、その日のうちに女と関係を持つ。青空に祝福されながら、ふたりは激しく愛を交し合うのだった。その後、二人は結婚。尾藤は人が変わったように明るくなり、社内の評判も上がる。仕事も順調で、かねてから売込まれていた演歌歌手、花形さゆりを『半熟の女』という楽曲でデビューさせようと、久々に燃えていた。しかし、結婚から一か月、どうしたことか光子が夜の求めに応じてくれない。尾藤が問いただすと、毎週末天気が悪かったからだと言う光子。その意味が分からない尾藤。そして、光子による衝撃のカミングアウト。なんと光子は、「外」でしかできない女だった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ピーカン夫婦」以外にこんな作品をCheck-inしています。