空を飛んだオッチ

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

直木賞作家・海老沢泰久の同名小説を映画化したファンタジー・ドラマ。美しい自然が残る岐阜県飛騨地方の山村を背景に、突然空を飛べるようになった少年が、村の大人たちとの衝突や同級生の少女との心温まる交流を通して成長していく姿を描く。監督は、本作が劇場映画デビューとなる澤村正喜。日本映画界を代表する女優の一人、倍賞千恵子の163本目の出演作。

2005年製作/102分/日本
配給:シネマ・ディスト

ストーリー

オッチ(山辺悠太)は小学5年生で、おばあちゃん(倍賞千恵子)と二人暮らし。ある日メジロ捕りに行ったオッチは、うっかり大きな木から落っこちた。でも不思議なことに、かすり傷ひとつ負わなかった。地面にぶつかりそうになったとき、体がなぜか浮かびあがったのだ。オッチは大喜びでおばあちゃんに空を飛べたことを話した。だけどおばあちゃんは、決してそれを人に言ってはいけないと言う。それでもオッチは飛びたくってしょうがない。体育の授業で、ちょっとその力を使ってみたら、先生もみんなもびっくり。バスケットの選手にも選ばれ、町の小学校との対抗試合でも大活躍、オッチはすっかり英雄になってしまった。そんなある日、オッチは空を飛んでいるところを同級生のキヨシ(中村憲和)に見られてしまった。キヨシはいんちきだと騒ぎだし、最初は信じなかったみんなも本当だと分かると、オッチのことを気味が悪いとか宇宙人とか言いはじめた。でもクラスでただ一人オッチのことをうらやましいと言ってくれたのが、まりっぺ(高宗歩未)だった。彼女は足が悪く思うように歩けない。体育の授業も、まりっぺは最初から見学にまわされていたのだ。夏休み、オッチとまりっぺは一緒に昆虫採集をしたり、川で泳いだりした。憧れのオオムラサキにも出会った。オッチはいいことを思いつく。まりっぺを背中に背負って、一緒に空を飛んでみよう。こんなに楽しい夏休みは初めてだった。そんな楽しいときもつかの間、まりっぺのお母さんもオッチのことを警戒して、もう彼女には近づかないでくれというのだ。やりきれない悲しみのどん底に、オッチは突き落とされる。夏休みが明けて間もなく、クラスみんなで無人島探検に行ったとき、事件は起きた。オッチはみんなのために、空を飛ぶ力を使わざるを得なかった。そのおかげでみんなは救われた。でもオッチが飛べることは、村の大人たちにも知られてしまった。そして村中は大騒ぎになってしまう。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く