アイ・ラヴ・ピース
ホーム > 作品情報 > 映画「アイ・ラヴ・ピース」
メニュー

アイ・ラヴ・ピース

劇場公開日

解説

一人前の義肢装具士を目指す女性聾者と、片足を失ったアフガニスタンの少女との心の交流を描いたヒューマンドラマで、”アイ・ラヴ”シリーズの第3作。監督は「アイ・ラヴ・フレンズ」の大澤豊。脚本は、「金色のくじら」の山本洋子と大澤監督の共同。撮影監督に「アイ・ラヴ・フレンズ」の岡崎宏三があたっている。主演は、「黄泉がえり」の忍足亜希子と新人のアフィファ。文部科学省選定、文化庁映画芸術振興事業「映画制作支援」、大田市市制50周年記念、中村ブレイズ創業30周年記念作品。

ストーリー

島根県大田市大森の”中沢ブレイズ”で、日本初の聾者の義肢装具士を目指して働いているいづみは、ある日、大学の先輩・日田の誘いでNGOの一員としてアフガニスタンに行くことになった同僚の久保に同行を頼まれ、戦争の傷跡も生々しいカブールへと赴く。滞在期間は10日間。その間に、義足を必要としている人たちの型を取るのがいづみの仕事だ。そんな忙しい毎日の中、彼女はパリザットと言う地雷で片足を失った少女と出会い、義足が壊れて困っている彼女に杖無しで歩ける義足を作ってあげたいと思うようになる。そして、その想いは帰国した後も絶えることはなかった。突然、いづみの前にパリザットが現れた。実は、NGOの資金集めの為に日田が彼女を連れて来たのだ。いづみは、自分の手でパリザットの義足を作ることを決意。果たして、義足は完成したものの、パリザットは杖を放そうとはしなかった。そんなパリザットを時に優しく時に厳しく励ますいづみ。やがてパリザットが日本を離れる日、彼女はいづみたちの前で杖無しで歩いて見せるのであった。それから一年後、再びアフガニスタンを訪れたいづみは、元気なパリザットと再会を果たす。...

スタッフ

監督
脚本
山本洋子
大澤豊
脚本協力
麦野仁紀
プロデューサー
佐々木裕二
川崎多津也
宇野京子
中嶋春喜
プロデューサー(アフガニスタンスタッフ)
ヌールラー・セイフィ
撮影監督
岡崎宏三
第二班撮影(アフガニスタンスタッフ)
宇井忠幸
特殊効果(アフガニスタンスタッフ)
ゲヤス・ボセット
美術
春木章
装飾
相田敏春
音楽
佐藤慶子
主題歌
小野正利
録音
本田孔
音響効果
福島幸雄
瀬谷満
照明
古川昌輝
第二班照明(アフガニスタンスタッフ)
関野高弘
編集
境誠一
衣裳
小野今朝義
スタイリスト
安斎美紀子
アシスタントプロデューサー
浅見一史
製作主任
宇賀神幸男
助監督
日垣一博
スクリプター
増田実子
スチール
高岩震
日本語字幕
飯村俊子
手話監修
米内山明宏
手話コーディネイト
妹尾映美子

キャスト

作品データ

製作年 2003年
製作国 日本
配給 「アイ・ラヴ・ピース」全国配給委員会(インディーズ=こぶしプロダクション=ハートフル・ウィング)
上映時間 108分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.0 2.0 (全1件)
  • 悪くはないが 義肢製作者の善意の物語を海外まで広げて映画にしても、限界がある。 インディーズ作品で製作費はメジャーに比べるべくもない為仕方ないが。 ...続きを読む

    うにたん♪ うにたん♪さん  2018年6月7日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

30日間無料トライアル 月額400円で映画見放題

容疑者Xの献身 ジェネラル・ルージュの凱旋 MW -ムウ- ゴジラVSデストロイア
容疑者Xの献身 ジェネラル・ルージュの凱旋 MW -ムウ- ゴジラVSデストロイア
  • Powered by Amazon

他のユーザーは「アイ・ラヴ・ピース」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi