宣戦布告

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
10%
50%
10%
10%
20%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

突然の有事に対する日本政府の対応を、リアルにシミュレートしたポリティカル・サスペンス。監督は「イコン伝説 追憶のエルミタージュ」の石侍露堂。麻生幾による同名小説を基に、小松與志子と石侍監督が共同で脚色。撮影を「突入せよ! あさま山荘事件 THE CHOICE OF HERCULES」の阪本善尚が担当している。主演は「残 ZANKYO」の古谷一行。

2002年製作/105分/日本
配給:東映

ストーリー

200X年、福井県敦賀半島に北東人民共和国の潜水艦が座礁。艦内から特殊武装した戦闘員が上陸し、夜の闇に姿を消した。この事態に、時の首相・諸橋揆一郎は警察力で対応しようとするが、民間人の犠牲者が出るに至って、遂に自衛隊出動を決意する。ところが、様々な法令に阻まれ思うような戦闘が出来ない。そんな中、自衛隊出動を日本の”宣戦布告“と受け取った北東人民共和国が、核ミサイル発射態勢に入ったとの情報が流れた。首相官邸の危機管理センターに、周辺国に緊張が走る。と突然、共和国軍が発射態勢を解除した。実は、内閣情報調査室長・瀬川が流した「アメリカが北の首脳部を爆撃する」と言う偽情報がすんでのところで功を奏したのだ。こうして日本の危機は回避されるが、その後、諸橋首相は一切の責任をとって辞任するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
脚色
小松與志子
石侍露堂
原作
麻生幾
製作
石侍露堂
プロデューサー
増田久雄
和田康作
撮影
阪本善尚
美術
福澤勝広
装飾
湯澤幸夫
音楽
礒金俊一
岩渕一真
二本柳一明
音楽スーパーバイザー
米村武
音楽プロデューサー
石川光
録音
中村淳
音響効果
柴崎憲治
照明
大久保武志
編集
川島章正
衣裳
富樫昇
選曲
薄井洋明
アソシエイト・プロデューサー
徳山雅也
製作担当
久家豊
監督補
崎田憲一
助監督
酒井直人
スクリプター
中田秀子
スチール
原田大三郎
特殊効果/操演
羽鳥博幸
宇田川幸夫
高見澤利光
CGプロデューサー
小林謙一
CGディレクター
毛利陽一
造形
松井祐一
全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.5憲法9条では国に守れない事実を見ました!

NPKさん
2018年1月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

自衛隊が万一出動しても反撃できず殺されるだけ、政治家の事なかれ主義、現在の中韓や北朝鮮の問題がかなりダブって見えました。
マスコミの無責任さや北〇鮮を思わせる敵国のハニートラップ等による情報収集や工作員達が我が物顔で工作活動をしていること。このままの日本でいいのでしょうかと考えさせられました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
NPK
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る