大河の一滴

劇場公開日

大河の一滴
0%
0%
86%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

愛と生と死を巡る、ひとりの女性の心の旅を描いた人間ドラマ。監督は「郡上一揆」の神山征二郎。五木寛之による原作エッセイと原案を基に、「三文役者」の新藤兼人が脚本を執筆。撮影を「夜の哀しみ Living in Shadows」の浜田毅が担当している。主演は「ラストソング」の安田成美。

2001年製作/113分/日本
配給:東宝

ストーリー

両親の反対を押し切って上京し、友人の亜美と共に輸入雑貨店を経営する29歳の雪子は、ある日、商品の買い付けで訪れたロシアで知り合ったガイドの青年・ニコライと再会を果たした。トランペット奏者の彼は、東京のオーケストラのオーディションを受ける為に来日したのだ。だが、雪子の応援の甲斐も無くニコライは落選。雪子も店の経営の失敗と、郵便局長を務める父・伸一郎が末期癌で倒れたのをきっかけに、郷里の金沢へ帰ることとなってしまう。亜美の自殺、延命手術を拒否した父、雪子の周りを死の影が通り過ぎていく。そんな金沢での生活の中、雪子は幼なじみで彼女に秘かな想いを寄せる昌治に、こちらでトランペットのオーディションがないか相談を持ちかけた。そして、金沢フィルのオーディションがあることを知った彼女は、急遽ニコライを金沢に呼び寄せ、昌治の家に彼を泊まらせることしにした。それから暫くしたある日、伸一郎は雪子とニコライを伴って温泉旅行に出かけた。その宿で、彼はニコライに先の戦争でのソ連収容所体験を語り、雪子には「信念を持って、自分の思い通りに生きなさい」と言う言葉を贈った。オーディションの日、伸一郎がニコライの合格の報せを聞くことなく逝った。しかも、ニコライもビザの申請切れを理由に本国送還となってしまう。ニコライを愛し始めていた雪子は、彼を追って昌治と共にロシア行きを決意。だが、ニコライが恋人と生活していることを目の当たりにした彼女は、彼とは会うことなく、帰国の途に付くのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第25回 日本アカデミー賞(2002年)

ノミネート

主演女優賞 安田成美
助演男優賞 三國連太郎
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0戦争は誰も幸せにしません

kossyさん
2020年10月13日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 浅野川を流れる水のようにゆったり流れる小説を読んだような気分になった。郵便局と隣り合った実家の風景、天神橋を中心とした金沢の映像、なぜかロシアの風景と相性がいいような気がした。さすがに浅野川の友禅流しは金沢独特の味が出ていたが、その他の金沢の風景がトランペットを吹くロシア青年ニコライと融合するのだ。

 金沢弁のイントネーションがおかしいなどとは言わない。もごもごした雰囲気の三國連太郎が上手すぎた。中盤以降、全く気にならなかった。彼の臨終間際の演技は他でも見たような気がするけど、安心して見ていられるため、この映画でも大往生が気持ち良く思えた。

 平凡という言葉、大河の中では何も目立たないかもしれないが、一人の人生変えてしまう力があることを考えると大切なことだと思わせる・・・金沢の人間の気質にもよく合うことが面白い。

【2020年再チェック】
 郵政民営化によって世襲制の特定郵便局はなくなった。天神橋を渡ったところにその郵便局があったかどうかも覚えてないけど、左に曲がった場所(静明寺横)には天神橋郵便局がある。ちょうど安田成美と渡部篤郎が結婚について言い争ってた場所だ。ロケ地を調べると小椋伸一郎が経営していた郵便局は富山県のようです。ちなみに渡部の勤め先は金沢中央郵便局。

 前に勤めていたタクシー会社がそのまま登場しているし、長町を走っているのに聖霊病院には行かず浅野川病院へと向かった。ロケ地ってのはそんなに都合よくないんだな~とあらためて思う。内灘海岸、鳴和台東斎場、近江町市場と、知ってるところが出ると嬉しくなるが、東尋坊を訪れた後に泊まった旅館が三国温泉望洋楼。三国海岸を一望できる客室はちょっと魅力的だった(料金もすごい)。

 人間の生と死。序盤に亜美が自殺するというショッキングなエピソードもありましたが、彼女もまた友人の家の墓に入ることで幸せになれるのかもしれないなぁ・・・難しいと思うけど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

3.0五木寛之

2020年10月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

五木寛之のエッセイを新藤兼人が脚本化した作品。
東京で働いていた娘(安田成美)が故郷の金沢に戻ってくる。
東京の雑貨店が行き詰まり、父(三國連太郎)がガンで余命がわずかということだった。
偶然知り合ったロシア人でトランぺッターの青年を、金沢フィルのオーディションに紹介する。
主人公である娘の行動があまりと言えばあんまりで、気のいい彼氏(渡部篤郎)が可哀そう。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

2.5三國連太郎、怪演だったなぁ。

たまきさん
2017年6月2日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たまき
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「大河の一滴」以外にこんな作品をCheck-inしています。