老人Z

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
18%
43%
32%
7%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大友克洋原作・脚本・メカニックデザイン、江口寿史がキャラクターデザインを担当。SFアクション・アニメ。監督はオムニバス・アニメ「ロボット・カーニバル」の一話を担当した北久保弘之。

1991年製作/80分/日本
配給:バビット

ストーリー

寝たきり老人を乗せた自動看護ベッドが、変形しながら勝手に動きだし、軍事用に開発されたロボットとはげしい戦いを繰り広げる。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0怪獣老人介護

U-TAさん
2019年7月16日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

原水爆がゴジラを生み出し 高齢化社会は老人Zを生む  怪獣の系譜 怪獣は悪ではなく 社会 システム 国家が生み出したもの 人間がシステムの中に取り込まれてゆく事で 「狂気」を生み出してゆく その中で まだ完全にシステムに取り込まれていない存在ー女子大生ボランティアが人間愛から立ち向かう事で 周りを目覚めさせてゆく。
インターネットのAI化など現代に続くSF系譜は見られるが 人間性の目覚めに関しては 現代よりより楽観的である。システム 、国家の象徴の所長が「善」に変わる所など 今見ると牧歌的にさえ見える。
併映でAKIRAも見たので 大友克洋のテーマがよくわかった。

だが、この映画の目玉は大友&江口のタッグだろう。 メカと女性 そして、世界観の全く違う二人の絵も無理やりな感じなく
融合されていて 両者の絵は20年以上経っても楽しめる。特に江口の映画となると
自分は初めて見たように思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
U-TA

4.5介護ロボが暴走するSFアニメ。 ハッカーのコンピュータおじいちゃん...

yonda?さん
2018年12月29日
iPhoneアプリから投稿

介護ロボが暴走するSFアニメ。
ハッカーのコンピュータおじいちゃんズが大活躍するのが良い。
海が見たかっただけという。

メカが大友克洋でキャラが江口寿史という至高の作品。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
yonda?

4.0根深い内容

2017年1月17日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

メカニックでハチャメチャな展開ですが、高齢化社会の問題を真面目に取り入れた、根深い内容です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジンクス

3.5大友克洋×江口寿史

オレさん
2016年3月13日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

笑える

高齢化社会における老人介護問題を笑える作風にしながらも技術の進歩により忘れ去られがちな人の温もり的なものを伝えた割と風刺的な面も強い作品。

Z-001号機が暴走するのを止めようと奔走する春子たちや厚生省の寺田たちの様子がすごく面白い。
しかし暴走する理由を知ると少し切ないコンピューターが人格を(しかもおじいちゃんの亡くなった妻ハルの)持って、おじいちゃんの願いを叶えるために疾走する様子は暴走というのは無粋かもしれない。

キャラデザ担当の江口寿史の絵がどストライクすぎてすっごい春子が可愛く見えたさすがKING OF POP笑。

大友克洋のメカデザも秀逸。AKIRAしか見たことないけどなんというか頭の中でしか描けなさそうなよくわからないものを画にするのがすごい上手いと思った。ガラクタを寄せ集めてちゃんと人の形になっているデザインとかよく描けるなと思う。

80分という短い時間の中でキレイにまとまった20年前の良作!バブル時代の雰囲気も楽しめてオススメ!
さらっとZ-001の動力に原子力使っているとか言ってしまうあたりも時代なんだろうなぁ今じゃ絶対ダメだろうに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
オレ
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「老人Z」以外にこんな作品をCheck-inしています。