ゆきゆきて、神軍

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
ゆきゆきて、神軍
44%
42%
9%
3%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ドキュメンタリー映画監督の原一男が、過激な手段で戦争責任を追及し続けるアナーキスト・奥崎謙三の活動を追った傑作ドキュメンタリー。神戸市で妻とバッテリー商を営む奥崎謙三は、自らを「神軍平等兵」と名乗り、「神軍」の旗たなびく車に乗って日本列島を疾駆する。ある日、自身がかつて所属していた独立工兵第36連隊で、終戦後23日も経ってから敵前逃亡の罪で2人の兵士が処刑されていたことを知った奥崎は、その遺族らとともに真相究明に乗り出す。時には暴力も辞さない奥崎の執拗な追及により、元兵士たちの口から事件の驚くべき真実と戦争の実態が明かされていく。1987年の初公開時は単館上映ながら大ヒットを記録。第37回ベルリン国際映画祭でカリガリ映画賞を受賞するなど、国内外で高く評価された。戦後75年、奥崎謙三生誕100周年となる2020年の8月、全国のミニシアターでリバイバル公開。

1987年製作/122分/日本
配給:疾走プロダクション
日本初公開:1987年8月1日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5今年の、敗戦記念日の前日に劇場公開された。

村山章さん
2020年8月20日
PCから投稿

初公開が1987年8月1日。33年の歳月が経った。さらに言えば、奥崎謙三が生まれて100年だという。そもそも題材になっているのが75年前に終わった太平洋戦争で起きた戦争犯罪(決してそれだけはないが)であり、なんなら歴史の彼方に感じる世代もいるだろう。

これを書いている自分も、映画が公開された時はまだ15歳で、正直、存在にすら気づいていなかった。成人してから後追いで観て、例にもれず衝撃を受け、その後、機会があれば観直している。実際、何度も劇場公開されているし、数年に一度は話題にものぼる。ドキュメンタリー映画としは屈指の人気作と言っていい。

そして、今観てもやはり強烈であり、色褪せていないのは、未だにこの映画(と奥崎謙三という人物)が理解を受け付けないようなカオスの塊だからではないか。醜い戦争の実態や、許されざる戦争犯罪を暴いてはいるが、正義や正しさのものさしでは決して計れない。そして奥崎が突きつける日本の矛盾は、今もわれわれに取り憑いたままなのだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
村山章

4.5狂気

山椒魚さん
2021年1月14日
PCから投稿

奥崎には、自らを演出する癖があったのではないか。
彼は一見、狂ったように見えるけれども、本当は狂ってなどいないのではないか。
彼はあくまで正気で、正気のまま多くの狂行に及んだのではないか。
狂っているのは、我々の方ではないか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
山椒魚

3.5ゆきゆきて

Kjさん
2020年11月21日
iPhoneアプリから投稿

海外においては帰還兵の話は多いが、日本においては語られることは少ない。戦争については美化するものも多いが、そうではなくその実態を届けようとした映像作品も多い。しかし、このドキュメンタリーが伝えるのは、そういった過酷な実情だけではなく、自分たちのしたことをどうとらえたら良いか総括できない、することもなかった背負いし者たちの救われない姿であり、この国においては稀有な作品だと思う。
証言を大きく変えた背景は分からぬが、人が変わったような対応にこちらが当惑させられる。元上官がカメラ側にいる奥さんをたしなめるところがなんとも痛々しい。ニューギニアで何があったのか…見えぬところも多い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Kj

3.5奥崎謙三の信念

りやのさん
2020年10月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

第二次世界大戦の帰還兵、奥崎謙三さんが戦時中(正確には8月15日以降だから戦後だろうけど)に起きた兵士射殺事件について、当時の帰還兵を訪ねて真相を究明しようとする話。
人肉を食べてた事実を老人から聞き出す、その際暴力も使う。
最後に射殺を指示した元上官を殺しに行って何も関係ない息子を撃つ。
当時のことを後世に伝える必要については否定しないが、やり方や関係ない人まで暴力で傷つける、また暴力は必要な時には使うと自ら公言してるなど、気狂いとしか思えない。
彼の信念らしいが、全く共感できない。
ただし、戦場での事実を後世に伝えると言う目的はある程度達成出来たのだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
りやの
すべての映画レビューを見る(全27件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る