モスラ(1961)

劇場公開日

解説

中村真一郎・福永武彦・堀田善衛の原作を、「泣きとうござんす」の関沢新一が脚色し、「ガス人間第一号」の本多猪四郎が監督した特撮映画。「出世コースに進路を取れ」の小泉一。パースペクタ立体音響。

1961年製作/101分/日本
原題:Mothra
配給:東宝

ストーリー

南太平洋を航行中の第二玄洋丸は、突発的に発生したA型台風にまこまれて沈没した。船員のうち四人が、放射能の墓場といわれたロリシカ国の水爆実験海域のインファント島で奇跡的に救助され、帰国した。が、意外にも四人は放射汚染症状が全く見られなかった。日東新聞の社会部記者・福田善一郎は、女カメラマンの花村を連れて、核センターに原田原子力博士を訪ねた。船員の一人から無人島と思われたインファント島に原住民が生きていること、さらに原住民が飲ませてくれた赤い汁により、放射能障害はおろか普通以上の体力を取り戻せたことを聞き出した。日本、ロリシカ両国政府の申合わせでインファント島調査隊が結成された。日本側からは原田博士を副隊長に、言語学者中条信一ら有能な学者が参加した。上陸し、密林へ一人入った中条は、毒々しい色彩の吸血植物に襲われた。身長三十センチの小人の美女が彼を救った。小美人の歌うメロディに、中条は「島を荒らさないでほしい」の意味を読みとった。帰国した調査隊は、調査内容を一切発表しなかった。調査隊の事務係だったネルソンが、悪徳興行師としての正体を現わし、再びインファント島に上陸、小美人たちを奪うと、高い入場料で公開した。「モ……ス……ラ」彼女たちの歌うメロディは、テレパシィーによってインファント島の神殿に眠るモスラの卵に伝えられていた。やがて、全身白光色にきらめく巨大な幼虫が生れ、日本の方角の海に消えた。中条は、インファント島の洞窟で発見した碑文の謎を解き、モスラが小美人をさがして日本に来襲するだろうことを予知した。異常な速さで泳ぐモスラにエアゾールの集中攻撃をする大型機編隊。ロケット弾の集中砲火を浴びせる戦闘ジェット機隊。しかし、モスラの相手ではなかった。モスラは遂に東京都心へ現われ、国電やビルは粉砕された。ネルソンは国外脱出を図り、小美人をつれて大型セスナでとびたった。モスラは東京タワーに近づくと、巨大な口腔から糸を吐き始めた。幼虫からサナギへの完全三段変化が開始され、遂に巨大な蛾が現われた。巨大な蛾と化したモスラは小美人を求めてロリシカ国に飛んだ。壊滅する摩天楼。猛威を発揮したモスラは更に小美人を求めて暴れまわっていた。そのころロリシカ国政府に招かれた中条は福田、花村とともにネルソンを追いつめ小美人を取りかえした。一せいに鳴らされた教会の鐘。飛行場に白く書かれた十字架と太陽。それを目あてにモスラは静かに着陸した。かけよる小美人。遠くインファント島目ざして飛びさるモスラを見送りながら、人々は平和を祈るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
特技監督
円谷英二
脚色
関沢新一
原作
中村真一郎
福永武彦
堀田善衛
製作
田中友幸
撮影
小泉一
美術
北猛夫
安倍輝明
音楽
古関裕而
挿入歌
ザ・ピーナッツ
録音
藤縄正一
整音
宮崎正信
照明
高島利雄
編集
平一二
製作担当者
森田信
チーフ助監督
野長瀬三摩地
助監督
中野昭慶
スチル
田中一清
特技撮影
有川貞昌
特技美術
渡辺明
特技照明
岸田九一郎
合成
向山宏
特殊機械
中代文雄
火薬
山本久蔵
渡辺忠昭
光学撮影
真野田幸雄
特技編集
石井清子
特技スチール
田中一清
特技製作担当者
成田貢
光学作画
幸隆生
土井三郎
黒川博通
飯塚定雄
特技撮影助手
富岡素敬
特技助監督
浅井正勝
造形
利光貞三
八木康栄
八木勘寿
振付
県洋二
全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)1961 東宝

映画レビュー

3.0特撮映画は街の記録

2022年2月6日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

モスラは過去にリバイバル上映で観た事がありましたが、今回は4Kレストア版で、更に冒頭の序曲付き!
もうこれ以上言う事はないですね。
本作品は、怪獣バトル物ではありませんので、作品のテーマが全面に出ている気がします。
バトル物も好きですが、ゴジラやラドンのように、バトル物でない作品の方が、人間と怪獣との関係が、色濃く写し出されているように思えます。
しかし東京タワー🗼に眉を作るシーンの街の佇まいをみると、周りにビルが無いですね。
公開当時は、東京タワーがオープンしてから3年目。
建設当時の写真を見ると、確かにタワーの周りに高い建物は無いようです。
特撮映画は、公開当時の街の記録にもなるんですね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
はるっち

3.5午前十時の映画祭にて

Yoshi Kさん
2022年1月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

幸せ

午前十時の映画祭にて

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Yoshi K

4.0モスラーヤ、モスラ🎵って歌いたくなる

アキ爺さん
2022年1月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 11 件)
アキ爺

4.0蘇った迫力の映像と音の凄さ

たま21さん
2022年1月4日
Androidアプリから投稿

 テレビ放映されたことがあるかもしれないけれど、もちろん劇場は初めて。
 結果から言えば、当時の特撮の技術力に圧倒されっぱなし。
 ミニチュアの精巧さもさることながら、モスラの動きも実在感たっぷり。劇場鑑賞でより際立った感も。
 ふと思ったのは、最近のCG技術で怪獣の細やかな表情さえ表現していた『ゴジラVSコング』との比較。
 古い人間のせいかもしれないけど、きぐるみや模型でもヒトは想像力によりリアルに感じることができるのだと実感。
 もう一つ嬉しかったのは、何故モスラは都市を襲うのか、という理由がはっきりされていたこと。
 平成ガメラでもある程度理由付けはされていたけど,ここまではっきり明示された怪獣映画は初めて。
 それから、最近の映画で、仕方ないけどダラダラ長いエンドクレジットにイライラしていた身としては、“終”ですっぱり終わる作りに拍手喝采。
 ついでに、ザ・ピーナッツはやっぱり素敵。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
たま21
すべての映画レビューを見る(全25件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る