氾濫(1959)

劇場公開日

25%
25%
25%
0%
25%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

伊藤整の同名小説の映画化で、セックスの問題を追求した風刺ドラマ。「最高殊勲夫人」のコンビ・白坂依志夫と増村保造がそれぞれ脚色・監督を担当した。撮影も同じく「最高殊勲夫人」の村井博。

1959年製作/98分/日本
原題:The Cast-Off

ストーリー

真田佐平は接着剤サンダイトを発明し、一躍、平技師から三立化学の重役になった。会社の株を贈られ、立派な家も買った。種村という若い学徒の研究論文を読まされたが、学界の雑誌に載せてもいいものだった。英訳をすすめておいた。--真田の妻文子は急に生活が変ると派手ずきになった。娘のたか子と同じに浮かれたように毎日を過す。突然、真田に西山幸子から連絡があった。戦争中、彼女は勤労動員つきの教師としてこの工場へ来、空襲の夜、彼と結ばれた。今、彼女は子供を連れてい、あなたの子だといった。二人はまた元のようになった。旅館でたびたび会った。--種村は真田にもっと近づこうとした。大学の研究室の材料をごまかしたりする貧しい生活から抜け出すのだ。彼は従妹の京子と性的関係を持っていたが、彼女は真田たか子と同級生だった。真田家のダンス・パーティに、京子と同行し、たか子と踊った。彼はダンスがうまかった。たか子は彼の論文の英訳を引き受けた。一週間後、二人は会い、映画を見に行った。暗闇で種村の手が動いた。寿司屋の小座敷で、彼は彼女を押し倒した。--サンダイトの売行きがのびなくなった。会社は真田の新しい防錆剤に期待した。彼の研究は失敗を続け、会社はドイツの商社との技術提携にふみきった。真田の友人・久我教授は学界のボスだが、真田に博士と教授の資格を売りにきた。情事の金に困ったのだ。--文子は娘のピアノ教師・板崎とホテルへ行った。高級な恋愛をしている気になった。が、彼は単なる色事師でしかなかった。--京子が真田にたか子と種村のことを話した。真田は種村を呼び、娘と彼を結婚させ、京子には手切金を出すことにした。種村の論文のアイデアは会社がドイツから買った特許の不備な点を補えるかも知れぬと励ました。真田から断わられた久我が種村を手なづけ彼のアイデアを三立化学に売りつけた。自分の名を貸し名義料をとった。--真田は重役をやめ、平技師に戻った。妻の情事を知らされ、責めると、妻は彼の情事のことを言いたてた。たか子も種村から捨てられた。真田は家を出、幸子のもとへ行った。彼女は結婚申込みを受けつけなかった。金のない彼には用がない。子供も亡夫の連れ子だった。--真田はまた家へ戻った。平技師としての地道な研究生活が待っていた。妻も娘も、また昔のつつましさに戻った。三立化学のホープとなった種村は社長の娘と結婚するらしかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

オソレゾーン

映画レビュー

2.5昭和30年代の熱い人々

2014年6月28日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

萌える

様々なオキュペーションの人物たちが一つの主題にシンプルに絡み合い、昭和30年代の社会、風俗、人々の生き様をギラギラと描いて見せる。50代60代のおじさんおばさんほ深くノスタルジーに浸ることだろう。
でもこれをリアルタイムで見ていた人々のドキドキ感は想像を超えるものだったにちがいない。。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
MoriyaTaro
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「氾濫(1959)」以外にこんな作品をCheck-inしています。