はいからさんが通る

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
40%
40%
20%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

大正後期、お転婆でハイカラな女の子が許婚の青年軍人と出逢い、繰りひろげる恋と冒険を描く。大和和紀原作の同名漫画の映画化で、脚本は「シャコタン・ブギ」の西岡琢也が執筆。監督は「いとしのエリー」の佐藤雅道、撮影は「スケバン刑事」の大町進がそれぞれ担当。

1987年製作/90分/日本
配給:東映

ストーリー

大正七年、春。お転婆娘の花村紅緒は、伯爵・伊集院家へ行儀見習いに行くことになった。扉が開かないので塀を乗り越えようとしたところ、ぬかるみに落ちてしまった。それを見て笑う軍服姿の青年は、紅緒の許婚・伊集院忍だった。何も知らない紅緒はびっくり。それは忍の祖母と紅緒の祖父が決めたものだった。料理・裁縫など奥女中・如月のシゴキが始まった。ある日紅緒が洗濯物を干していたら伯爵が来て、それを地面に叩き落とした。女の物を男の物の上に干したのが気にくわなかったのだ。怒った紅緒は伯爵を剣道で負かしてしまった。数日後紅緒は忍と街へ出かけたが、買い物の途中彼が芸者と親しく話しているのを見て苛立った。ヤケ酒を飲み酔っ払った紅緒は酒場で軍人相手に大暴れ。忍が止めに入ったが、「冗談倶楽部」という雑誌では彼が悪者になってしまい、忍は小倉の部隊へ左遷になった。芸者は忍の死んだ友人の恋人で、忍は紅緒に「小倉から戻ったら式をあげましょう」と言った。しかし、忍の部隊はそのままシベリアヘ送られた。「無事に帰って」という紅緒の願いも空しく忍は消息を絶った。復員した部下の鬼島の話では、忍はロシア兵の銃剣に倒れたという。忍は生きていると信じて疑わない紅緒は「彼が帰って来るまで律集院家に置いて下さい」と伯爵に頼んだ。その間紅緒は「冗談倶楽部」で働くことになった。大正十一年、冬。紅緒は編集長の青江冬星から結婚を申し込まれた。しかも伯爵夫妻からは「忍のことは忘れて幸せな結婚をしなさい」と言われた。紅緒は気持ちをハッキリさせるため、忍の生死を確かめようとシベリアへ立った。だが、忍に似た日本人という噂の男は別人だった。帰国した紅緒は青江と結婚することを決めた。ところが式の当日、忍が帰って来た。鬼島が式場へ走るが、すれ違いで紅緒に会えない。青江と紅緒が誓いの言葉を述べようとしたとき、大震災が起こり式は流れてしまった。青江は運命と諦め、紅緒は忍と再会した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.0いい夢見ろよ!

kossyさん
2020年10月14日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 親分!と、紅緒に懐いてしまった車夫の牛五郎(柳沢慎吾)。これが横恋慕となってしまえば松五郎が主人公の『無法松の一生』になるところだが、ストーリー的には『卒業』か?などと、映画好きには何かオマージュがあるに違いないと偏った目線で見てしまう。芸者の吉次の存在もそうだし・・・

 漫画もアニメも見てないし、それほど興味も湧かなかった作品。ただ、阿部寛が俳優デビューを飾った作品として見なければという思いのみでした。ところがどっこい、南野陽子可愛い!と、ついつい夢中になってしまった。スケバン刑事とか『私を抱いてそしてキスして』しか見たことなかったし・・・

 大正デモクラシー、シベリア出兵、関東大震災と、かなりの駆け足の作品だったけど、歴史がわかる程度であまり得るものがなかったなぁ。

コメントする (コメント数 3 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kossy

2.5阿部寛第一回映画出演作

2020年10月6日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

大正時代、はいからさん(南野陽子)は、棒を持たせれば向かうところ敵なしのはねっ帰りお嬢さん。
親が勝手に決めた許嫁(阿部寛)の家に、花嫁修行に行かされるが、次第に好きになる。
許嫁はシベリアに派遣され、戦死公報が届く。
アイドルによる漫画の映画化だが、みんな初々しく、面白く仕上がっている。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
いやよセブン

3.5アイドル映画としてはOK

2019年10月24日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

南野陽子を堪能するための作品。実は阿部寛が俳優を本格志向する契機となった作品である。
脇キャラだが、本田博太郎がいかにも実直な軍曹で好きだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
さすまー

2.5花の大正高速ロマン

近大さん
2019年8月3日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

単純

萌える

じゃじゃ馬ヒロインの大正ロマンス。
昨年一昨年と2部作でアニメ映画化もされた大和和紀の名作少女コミック。
こちら1987年の実写版。

アニメ版を見ていたので、話の流れは把握。
両家のある縁で、生まれる前から許嫁同士の紅緒と青年軍人の忍。
最初は反発し合っていたが、次第に惹かれ合っていく。
忍はシベリアへ。行方不明に。
忍を捜す為、紅緒もシベリアへ。見付からず、雑誌社の上司・青江との結婚を決意する。
そんな時、記憶喪失となっていた忍の記憶が戻り、日本に帰って来る。
関東大震災に襲われるも、紅緒と忍は再会を果たし…。
約90分の尺だが、一通りのエピソードや展開を抑えている。

しかし!
展開が早い、早い!
紅緒と忍は一体いつ、どのタイミングで何がきっかけで惹かれ合うようになったのか。ここら辺、もうちょっとじっくり描いて欲しかった。
シベリア行きも青江との出会いもクライマックスも、何もかもダイジェスト的。
アニメ版を見ていなかったら、展開の早さに呆然としていた事だろう。

今流行りのコミックの実写化と言うより、本作はアイドル映画。
南野陽子がとにかく可愛い! それに尽きる。
男勝りの性格で、家事や女性らしい嗜みはまるでダメだが、終盤髪を切り、白い喪服姿は凛とした美しさ。
当時人気モデルだった阿部寛の役者デビュー作としても有名。衝撃的なのは、その演技力…。
正直、主演二人の演技は拙いが、フレッシュさはある。
決して出来のいいとは言えないB級アイドル映画だが、周りはなかなかベテラン固め。特に、丹波哲郎と野際陽子の今は亡き“キイハンターコンビ”はファンには嬉しいだろう。

幾度も映像化されている名作故、話自体はドラマチックで面白い。
最近アニメ映画化されたばかりだが、また映画やSPドラマなどで実写化されたら、その時は誰がどんな魅力で紅緒を演じるか、ちょっと興味あり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
近大
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「はいからさんが通る」以外にこんな作品をCheck-inしています。