劇場版「はいからさんが通る」後編ビジュアル完成 主題歌は竹内まりや×早見沙織が再タッグ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年6月5日 > 劇場版「はいからさんが通る」後編ビジュアル完成 主題歌は竹内まりや×早見沙織が再タッグ
メニュー

劇場版「はいからさんが通る」後編ビジュアル完成 主題歌は竹内まりや×早見沙織が再タッグ

2018年6月5日 06:00

ドラマチックなキービジュアルが完成「劇場版 はいからさんが通る 後編 花の東京大ロマン」

ドラマチックなキービジュアルが完成
(C)大和和紀・講談社/劇場版
「はいからさんが通る」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大和和紀氏の名作少女漫画をアニメ映画化する2部作「劇場版 はいからさんが通る」の後編「花の東京大ロマン」のキービジュアルが、完成した。あわせて今作の主題歌が、主演声優・早見沙織の新曲「新しい朝」に決定。前編の主題歌「夢の果てまで」と同様に、竹内まりやが作詞・作曲を担当する。

1975~77年に「週刊少女フレンド」(講談社刊)に連載された原作漫画「はいからさんが通る」は、大正時代を舞台に、おてんばでハイカラな女の子・花村紅緒と、許婚の青年将校・伊集院忍少尉が少しずつ惹か合っていく姿をつづるラブコメディ。78年放送のテレビアニメ版をはじめ、実写映画、テレビドラマ3作品など、さまざまなメディアで映像化されてきた。

連載40周年記念作となる劇場アニメ2部作は、テレビアニメ版では描かれなかった、原作漫画のラストエピソードを初めてアニメ化。後編では、愛する少尉との別れを経て、自立した大人の女性へと成長した紅緒に待ち受ける運命を描く。

キービジュアルは、ウエディングドレス姿の紅緒とともに、「これは最初の恋、そして、最後の恋。」というキャッチコピーが刻まれており、後編の展開に期待が高まる。紅緒役の早見、少尉役の宮野真守をはじめ、櫻井孝宏中井和哉梶裕貴らが出演する「劇場版 はいからさんが通る 後編 花の東京大ロマン」は、10月19日から公開予定。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ザ・プレデターの評論 ザ・プレデター 男臭くて血しぶき飛び散る1980年代テイストを甦らせた“狂い咲き”の快作
  • かごの中の瞳の評論 かごの中の瞳 人間関係の“深い闇”が描き込まれた、欲張りでチャレンジングな1作
  • 運命は踊るの評論 運命は踊る 判りやすく迎合するばかりの安易な映画を退ける監督の覚悟に圧倒される
映画評論の一覧を見る
Jobnavi