天使のはらわた 名美

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
20%
80%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

強姦された女性達のその後をルポする女性週刊誌記者名美の姿を描く。石井隆の人気劇画の映画化シリーズ三作目。脚本は「天使のはらわた 赤い教室」の石井隆、監督は「ピンクサロン 好色五人女」の田中登、撮影は「むちむちネオン街 私たべごろ」の森勝がそれぞれ担当。

1979年製作/98分/日本
配給:にっかつ

ストーリー

一流女性週刊誌「ザ・ウーマン」の記者、土屋名美は、強姦された女性達のその後をルポしていた。名美は最初、高校生のとき強姦され、現在ストリッパーをしている蘭を訪れた。名美は帰りぎわにぶつかったサングラスの男がどこか気にかかった。その後、恋人、陽介の部屋で、ある大出版社の社史にストリップ小屋の男の顔を見つけた。次に名美は、今、平凡な人妻となっている良子を訪ね、嫌がる彼女にカメラを向けると、その手をさえぎる者がいた。あの男だ。村木哲郎「実話ショック」というエロ雑誌の記者で、彼も同じ企画を追っていたが、名美の傲慢な取材態度にごうを煮やしていた。村木は大日本出版のエリート編集者だった頃、妻が強盗に強姦されてしまい、その日から彼の妻は、その男を家に引き入れ、背徳の情事に耽れ、そのあげく駈け落ちしてしまった。それ以来、村木は身をもち崩し、エロ雑誌の編集者になっている。名美は看護婦の美也を取材した。彼女は強姦されたときの恐怖で気がふれ、精神病院に入院、今、退院して看護婦として勤めている。しかし、彼女は名美に話しているうちに当時の恐怖が甦り名美に襲いかかった。間一髪のところで村木が飛び込み、名美は難を逃れた。名美はそのショックで、自分が強姦されるという被害妄想に陥り、狂乱状態となって自殺を企てた。止めに入った村木ともみ合ううち、いつしか二人は抱き合いはじめた。翌日、名美は編集室で妄想に襲われた。そして、やさしく介抱する村木の姿が、犯そうとする男に見え、名美は凶器で、力いっぱい村木を突き刺した……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

3.0終盤のスリラー展開!!

2017年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

単純

萌える

レイプ被害者を追跡取材するというお話に興味が持てず、時間も長く感じましたが、終盤の夕暮れスリラー展開は面白かったです。主演の鹿沼えりは古尾谷雅人の奥さんなんですね。サスペンス向きのクールな美女でした。「みずいろの雨」が2回かかるのも良かったです。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
𝔄𝔫𝔤𝔢𝔩𝔬

3.0名美と村木のエンドレス地獄

colt45SAAさん
2016年1月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

「天使のはらわた」シリーズは観ずじまいで今頃鑑賞となった。さすがにシリーズ化されてるだけあり見応えのある日活ロマンポルノだった。プログラム・ピクチャーでこれだけの作品が作れるのは時代だからだろうか。ストーリーは無茶なところがあるが田中登監督の絶妙な演出ですべてが丸く収まってる感じがする。こんな職人監督最近ではいないと思う。この「名美と村木」の悲しいドラマは永遠に続くのだろうか?石井隆さん・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
colt45SAA

4.0セカンドレイプ?

2012年2月10日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

悲しい

難しい

そういえば天使のはらわたシリーズでこれだけ未見でした。田中登監督作品もたしかお初だったはず。

今回の名美は雑誌編集者で過去にレイプされた人たちのその後を記事にして書いてる。
でもこれってセカンド・レイプのなにものでもない。当時だから出来たのかわからないが、今やったらフェミニストから反感を買いそう。
村木はたまたま取材先のストリップ劇場で会ったエロ雑誌編集者。過去に妻が強盗レイプされ、そのレイプ犯とできちゃって駆け落ちされた経歴を持つ。

そう、この映画は序盤から最後までレイプ三昧(笑)。レイプ嫌いな私としてはあまりいい気持ちはしなかったが、あくまで映画ですからね。

石井隆の脚本もさることながら、田中登の演出がすばらしい!個人的に濡れ場のシーンがあまり多くなかったのもよい(濡れ場嫌いなんだよ)

ただラストで犯した名美の行動がよくわからなかった。いい盛り上がり方をしているのに、ラストでえ?って思っちゃった。名美の心境の変化なのか・・・よくわからなった。

と、疑問に思ったので見返してみたが、名美の心の中で村木共々男を受け入れることが出来なくなってしまったのかもしれません。

あとこれもラストシーンなんだけど、夢なのか現実なのかわからない部分があった。
逐一説明する必要はないとは思うが、『天使のはらわた 赤い教室』の衝撃なラストシーンが頭から離れないので、どうしても比較しちゃうんだよね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
青山大輔
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「天使のはらわた 名美」以外にこんな作品をCheck-inしています。