新吾十番勝負

劇場公開日

1.70
0%
0%
50%
0%
50%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

朝日新聞連載中の川口松太郎の同名小説を、川口松太郎自身が脚色、「丹下左膳 怒濤篇」の松田定次が監督した娯楽時代劇。撮影は「忠臣蔵(1959)」の川崎新太郎。

1959年製作/97分/日本
原題:Ten Duels of Young Shingo -Part1

ストーリー

物ごころついた頃から武州大台ケ原の真崎道場にあって、梅井多門と真崎庄三郎にいつくしまれて育った新吾は、近所の娘お縫に云いよる黒田藩の武士五人を斬り、黒田藩に出頭を命じられた。そこで新吾は多門から自分の出生の秘密を聞かされた。彼は紀州五十五万石の三男頼方公の子だったのだ。--十数年前、頼方は試し斬りで町人越前屋半六を刀にかけた。半六の娘お長と、彼女と末を誓った番頭庄三郎は、頼方の仇と狙ったが、かえってお長は頼方公と結ばれ、美女丸という子を生んだ。失意の庄三郎は多門にひろわれ、復讐のため剣の教えをうけ武士となった。頼方は間もなく紀州本家を相続して吉宗となり、お長はお鯉の方となった。庄三郎はお長いとしさのあまり美女丸を盗み出した。それが今の新吾なのだ。彼が将軍家の子と知った黒田藩の態度は一変した。やがて庄三郎の命で大奥奉公にあがったお縫を通じて、吉宗が父子対面をしたがっているのが知らされ、お墨つきと葵新吾という名が彼に与えられた。しかし新吾と庄三郎は黒田藩を出て安藤対馬守のもとに身をよせ、新吾はそこで綾姫、雪姫、勝姫という美しい三人娘を知った。対面のせまった新吾を、幕府の裏面で策謀をたくらむ老中河内守の一味が襲った。そして一味は対馬守を島流しにし、その邸を焼討ちにした。怒った新吾は単身河内守の駕籠を襲ってこれを斬ってすてた。老中を斬ったからには、いかに将軍の子とはいえ新吾と吉宗の対面は延期された。だが、新吾の行く手には大きな自由がある。彼は父からのお墨つきをひらいてみた。そこには「葵新吾、この者諸国通行勝手たるべし、吉宗花押」とあった。お縫の顔がそれを見てほころんだ。庄三郎のはげましと、多門のいましめの言葉をうけて、新吾は新しい運命に向って出発する。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「新吾十番勝負」以外にこんな作品をCheck-inしています。