白い巨塔(1966)

劇場公開日

22%
52%
26%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

昭和三十八年から山崎豊子が「サンデー毎日」に連載した同名小説を、「大菩薩峠(1966)」の橋本忍が脚色、「氷点」の山本薩夫が監督した。撮影は「雁(1966)」の宗川信夫。

1966年製作/149分/日本
原題:The Great White Tower/The Ivory Tower
配給:大映

ストーリー

浪速大学医学部では、明年定年退官となる東教授の後任をめぐって、色々な前工作が行なわれていた。東の教え子財前五郎は最有力候補と目されていたが、東は五郎の傲慢不遜な人柄を嫌っていた。貧しい家庭に生まれた五郎は人一倍名誉欲が強く、苦学して医学部を卒業した後、裕福な開業医財前又一の婿養子となり、その財力を利用して、助教授の地位を手にしたのである。最も五郎は食道外科に関しては若いながら権威者であり、癌の手術をさせると見事な腕前を示した。五郎は日頃から教授と助教授の間には大きな差があることを実感していたから、教授候補者として入念な事前工作を進めていた。その中で、医学部長鵜飼に高価な絵を贈って味方にしたことは成功だった。一方、東は自分の派閥を拡張したいという含みで、東の出身校東都大学系列である金沢大学医学部の菊川教授を、後任教授に推薦した。その上娘の佐枝子と結婚させて、退官後の地位を確保しようという思惑もあった。こうして、教授選の日までに、財前、菊川、それに、基礎医学グループや整形外科の野坂教授の推す葛西という三人の候補者が推薦された。そんなある日、五郎は、同期生である里見助教授の依頼で胃癌患者佐々木庸平を手術した。しかし、五郎は、術後に庸平が苦しむ原因を探ろうともしなかった。教授選に気をとられていたのである。庸平は間もなく死んだ。やがて教授選の日、様々な思惑をもって投票が行なわれたが、結局、五郎と菊川が日を改めて決選投票を行うことになった。そうなると、財前又一の金力を背景にもつ五郎が断然有利である。買収、脅迫、あらゆる手段を用いて五郎は教授の地位を手にしたのだった。ところが、間もなく、佐々木庸平の遺族が、五郎に対して誤診の訴訟を起した。これはマスコミの注目するところとなったが、医学界の権威を守ろうとする大学側の証人は、五郎を無罪にしてしまった。そして純粋に医学上の立場から五郎に不利な証言をした里見は、大学を去らねばならなかった。今や、財前五郎の前に敵はなく、白い巨塔の中を自信たっぷりに闊歩している。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

5.0田宮二郎主演の伝説の名作です

あき240さん
2020年2月20日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

現在2020年2月20日です
新型コロナウイルスで連日テレビのニュースショーに、色んな先生が出演されて解説をなされています
里美先生のように、大河内先生のように、医師としての使命感を第一に考えて発言なされている先生はどれくらいいらっしゃるのでしょうか?
国民の健康と生命を第一に考えて頂いている先生はどの先生なのでしょうか?
本作の裁判の証言のようにポジショントークなのでしょうか?
YouTubeに突撃報告をアップされた先生はどこまで信じて良いものなのでしょうか?

今こそ本作を観るべきです

山崎豊子の原作小説の取材力を見事に映像化してあるので、究極のリアリティがあります!
なにしろ本物の開腹手術シーンから始まるくらいです

テレビでも何度もドラマ化されていますが、やはり本作で主演した田宮二郎が、そのままテレビでも主演した1978年フジテレビ版につきます

なぜなら田宮二郎が演じる財前吾郎こそが、若く有能であり強烈な上昇志向と高慢なプライドの塊の小説の主人公が姿形を得て肉体化しているからです
そのものなのです
彼こそが究極のリアリティの本体です

映画化は本作のみです
これほどの人気作品なのにリメイクは有りません
理由は簡単です
これを上回るものなど出来ないからです
究極のリアリティ、田宮二郎を上回る主演男優、取り巻く脇役達
本作を凌駕してみせると企画できる人間は、財前吾郎以上の実力とプライドを示す自信がないと出来ないからです
単に50年以上昔の白黒作品なのだからと侮ることは出来ないのです
映画でリメイクしてみせようなど考えること自体無謀であることが明らかだからです

何度観ても面白いです
もちろん原作も読んでいますし、映画の本作も、テレビドラマも唐沢版だって観ていますから、お話の筋は久々に観てもほとんど頭に入っています
それでも面白い
のめり込んで観てしまいます

後半の退屈になりがちな裁判シーンも、テンポよく切り替えされむしろスピード感があります

伝説の名作です

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

3.0傑作ドラマ

隣組さん
2018年12月2日
iPhoneアプリから投稿

1966年の作品とは思えないほど良く出来た作品。前半はさすがに古さを感じて眠くなるようなシーンもあったが後半は一転し見応えがあった。当時の映画賞を独占しただけある納得の傑作ドラマです。
2018-237

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
隣組

4.0むちゃ良かった

aoponさん
2018年4月10日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

物語は途中までだけどどの役者さんも演技が上手くて
本当に見応えがあった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aopon

5.0非常におもしろい

2017年8月19日
PCから投稿

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
すべての映画レビューを見る(全6件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る