ジョセフ・ロージー 四つの名を持つ男

劇場公開日

5.00
100%
0%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「二つの顔を持つ男」や「非情の時」「エヴァの匂い」「唇からナイフ」などで知られるジョセフ・ロージー監督の波乱に富んだ生涯を、関係者の証言で綴るドキュメンタリー。監督は「リング」の中田秀夫。撮影をマイケル・ロビンズが担当している。16ミリ。

1998年製作/83分/日本
原題:Joseph Losey; The Man with Four Names
配給:ビターズ・エンド

ストーリー

1909年に生まれたジョセフ・ロージーは、ダートマス大で医学を学んだ後、ハーヴァードに移り演劇を学ぶ。やがて劇評を書く新聞記者や舞台演出家を経て、37年に記録映画監督としてデビュー。48年に撮った初の長編劇映画「緑色の髪の少年」で脚光を浴びることになる。ところが、52年にイタリアで「拳銃を売る男」を撮影中に、赤狩りのブラックリストに名前を挙げられたことから、アメリカでの仕事を失ってしまうのであった。イギリスに亡命したロージー監督は、アンドレア・フォルツァーノ、ヴィクター・ハンブリー、ジョセフ・ウォルトンという変名を使って仕事を続けるが、元の名前をクレジットすることが出来たのは、57年の「非常の時」の時だった。その後も精力的に活動を続けた彼は、しかし祖国へ戻ることはなく、アメリカでの撮影を企画中の84年にロンドンの自宅で永眠した。映画は、彼の作品を織り込みながら、ロージー監督の当時の話や心情を、家族や当時のスタッフ、キャストらから聞き出していく。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ジョセフ・ロージー 四つの名を持つ男」以外にこんな作品をCheck-inしています。