ザ・ゴキブリ

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
0%
29%
57%
14%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“ゴキブリ刑事”シリーズ二作目。ゴキブリ(暴力団)狩りを自認する刑事の片破りな捜査を描くアクション映画。新岡勲原作の同名劇画の映画化。脚本は「ゴキブリ刑事」の剣持亘、監督は脚本も執筆している同作の小谷承靖、撮影も同作の金宇満司がそれぞれ担当。

1973年製作/83分/日本
配給:東宝

ストーリー

ゴキブリ刑事こと鳴神涼は転任先に向う途中、友人である元刑事の山岡が、仙台刑務所から出所するため迎えに行った。二人が刑務所から出た時、十文字会の殺し屋に襲われた。危機を脱した鳴神は山岡を元吉田組々長に預け、自分はコンビナート臨海工業地帯の街に着任した。新任地にも、公害企業とつるんで甘い汁を吸うゴキブリどもがウヨウヨいる。ここを支配しているのは十文字会の黒田、市政審議会々長の大山、公害企業の志村、そして右翼の大物・児島たちである。ある日、公害センターが発表する汚染数値と化学工場の実例値を比較対称した極秘データーが、香川研究員によって持ち出された。あわてた志村は、香川を見付け出し殺害するが、データーは出てこなかった。すでに鳴神の手に入っていたのだ。黒田は以前、山岡に片腕を切り落された仕返しを狙っていた。黒田は組員に警官を殺害させ、情婦の石内昭子を目撃者に仕立て山岡のモンタージュを作り上げた。鳴神は山岡の真相を知るために根崎港で働く山岡を訪ね、彼の嫌疑は晴れたが、黒田の送った殺し屋によって山岡は殺された。一方、中央署にもゴキブリがいた。伊東刑事によって鳴神のデーターを持ち逃げされたのだ。車の大迫跡が始まった。そして、敵のワナに落ちた鳴神は、ダンプ・ブルドーザーによって車ごと土砂に埋められてしまった。鳴神は自からガソリンタンクをぶち抜き車から脱出に成功した。鳴神を殺したと安心した黒田は、モーテルで昭子との情事に浸っていたが、そこへ鳴神が踏み込んだ。鳴神の拳銃が火を吹き、黒田と昭子の胸を貫いた。翌日、鳴神は志村に早朝の競輪場に呼び出された。志村はニトログリセリンで鳴神を脅し、書類を奪い返すが、鳴神の拳銃がニトロに命中した。ニトロは大爆発、火ダルマとなって吹っ飛ぶ志村。サイレンの鳴り響く中を、鳴神は去っていった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

2.0角が取れてきた

2020年12月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

今回は公害を垂れ流し、数値を誤魔化し、賄賂で警察も仲間に、右翼の大物を使ってヤクザも牛耳る化学メーカーの社長が相手となる。
ドラマパートにふくらみがないので、アクションがダラダラした感じに。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る