午後の遺言状

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
37%
18%
18%
9%
18%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

別荘に避暑にやって来た大女優が出会う出来事の数々を通して、生きる意味を問うドラマ。監督・脚色は「墨東綺譚 (1992)」の新藤兼人。撮影は「墨東綺譚 (1992)」の三宅義行。主演は杉村春子と、1994年12月22日に逝去した乙羽信子。芸術文化振興基金助成作品。1995年度キネマ旬報ベストテン第1位ほか、監督賞(新藤)、脚本賞(新藤)、主演女優賞(杉村)、助演女優賞(乙羽)の4部門を受賞した。

1995年製作/112分/日本
配給:ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画

ストーリー

夏の蓼科高原に、女優・森本蓉子(杉村春子)が避暑にやって来た。彼女を迎えるのは30年もの間、その別荘を管理している農婦の豊子(乙羽信子)だ。言葉は乱暴だがきちんと仕事をこなす豊子に、庭師の六兵衛が死んだことを知らされた蓉子は、六兵衛が棺桶に乗せたのと同じ石を川原から拾って棚に飾る。豊子には22歳の娘・あけみ(瀬尾智美)がいた。子供のいない未亡人の蓉子は、あけみを自分の子供のように可愛がっている。翌日、別荘に古い友人の牛国夫妻がやって来る。しかし、夫人の登美江(朝霧鏡子)は痴呆症にかかっており、様子がおかしい。過去と現実が混濁している登美江を元に戻したい一心で、夫の藤八郎(観世栄夫)は蓉子に会わせたのだが、一瞬チェーホフの『かもめ』の一節を蓉子と空で言えたかと思うと、元の状態にすぐに戻ってしまう。と、そこへピストルを持った脱獄囚が別荘に押し入って来た。恐怖におののく蓉子たち。だが、男がひるんだ隙に警戒中の警官が難を救った。そして、蓉子たちはこの逮捕劇に協力したとのことで、警察から感謝状と金一封を受け取る。ご機嫌の蓉子たちは、その足で近くのホテルで祝杯を上げた。翌日、牛国夫妻は故郷へ行くと言って別荘を後にする。やっと落ち着ける蓉子だったが、近く嫁入りするあけみは実は豊子と蓉子の夫・三郎(津川雅彦)との子供だったという豊子の爆弾発言に、またもや心中を掻き乱されることになる。動揺した蓉子は不倫だと言って豊子をなじるが、あけみには真実を隠したままにしておくことになった。そして、結婚式を前にこの地方の風習である足入れの儀式が執り行われた。生と性をうたうその儀式に次第に酔いしれていく蓉子は、早く帰郷して舞台に立ちたいと思うようになった。ところが、そこへ一人の女性ルポライター・矢沢(倍賞美津子)が、牛国夫妻の訃報を持って現れた。驚いた蓉子は豊子を伴い、矢沢に牛国夫妻が辿った道を案内してもらう。二人が入水自殺を図った浜辺で、蓉子は残された人生を充実したものにすると、手を合わせる。別荘に戻った蓉子は舞台用の写真の撮影を済ませると、東京へ帰っていく。豊子は蓉子が死んだ時に棺桶の釘を打つために、以前拾ってきた石を預かるが、いつまでも死なないで強く生きて欲しいという願いを込めて、それを川原に捨ててしまうのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第19回 日本アカデミー賞(1996年)

受賞

作品賞  
監督賞 新藤兼人
脚本賞 新藤兼人
助演女優賞 乙羽信子
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0棺おけの最後の釘を打つ石

kossyさん
2019年12月2日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 留置所からの脱獄囚が現れ、老人性地方症の登美江が撃退してしまう。警察に表彰され、最後の食事を楽しんだ後、牛国夫妻は旅立つ。

 娘朱美の父親は、実は森本であると衝撃の告白を受け、戸惑う蓉子。朱美の結婚が近いということで実の父を告白するかどうかで議論する二人。2日後に足入れの儀式があるというので、帰りたくなった蓉子も見学に行く。この儀式が笑える。

 冒頭で登場する、“棺おけの最後の釘を打つ石”が最後まで伏線となっているところがストーリーを綺麗にまとめている。途中までは、ボケと老人の死についてばかりが強調されているような気がしていたので尚更だ。唐突な出来事と揺れ動く老人たち。時折笑えるエピソードで和ませてくれた。

 音羽信子が遺作。杉村春子も2年後に死亡。朝霧鏡子も4年後に死亡。そんなことを考えてると、元夫である新藤監督は予期して作った映画だったのだろうかと、ふと考えてしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

5.0日本映画の金字塔のひとつに間違いありません

あき240さん
2019年10月29日
Androidアプリから投稿

圧倒的な感動、本当の名作です

テーマは誰もにも必ず訪れる老いと死
超高齢化社会に突入した日本が無視できない
必ず向き合わないとならないシビアな現実です
さらに認知症と老々介護という極めて現代的な問題を真っ正面から扱ってアグレッシブですらあります

能の稽古でアカンという台詞
そうかアカンか…という2006年に京都で起きた認知症介護の悲劇を予言すらしているのです

優れた脚本、配役、演技、演出、撮影、音楽
何もかもパーフェクトでした
流石は新藤兼人監督です
感動と敬服しかありません

主演は杉村春子、助演が乙羽信子で、役柄を逆にしたのは何故と序盤で思ってしまいがちですが、なるほどという膝を打つような見事な配役です
あのガサツな杉村春子が大女優役で派手な衣装を纏って登場、高齢にもなり最初は彼女と気付かない程
しかし、だんだんとバシバシ、ズケズケと話し出して成る程彼女にしか出来ない役だと大納得です

監督のお気に入りの乙羽信子も、成る程という配役の理由がありました

ゲートボールに興じる老人達を鉄バットで襲って否定してみても老いは確実に訪れるのです
逃げ回ってみたところで必ず捕まるのです
だめ押しに列車で護送されるところにまで、見たくない老いの現実は追いかけてくるシーンまであるのです
そう、その脱走犯は団塊の世代の年代で設定されているのです
ゲートボールは川島透監督の1981年の映画竜二からの引用かと思います

終盤の赤い風船は深作欣二監督の1975年の映画仁義の墓場のオマージュではないでしょうか
飛んで行く彼女の無垢な魂です

段取りよく終活するのも良いでしょうが、死に急ぐことになっては本末転倒です

2500万も残して、心体健康で仕事もこなしていた
ろくべえは恥ずかしくなって、彼は黄泉の国から逃げ帰ってくるのです
黒子達が棺を担いで海から浜に揚がってくるシーンの意味はそれだと思います

そしてラストシーンで丸い石は小川に水しぶきを上げて捨てられたのです
素晴らしいカタルシスの瞬間でした

日本の明るい未来への視線も、娘の足入れ式の祝いのシーンとともに、バイクに2人乗りで空港に向かって疾走するシーンは新しい世代への期待が込められています

日本映画の金字塔のひとつに間違いありません

しかしあの娘夫婦も今はもう50歳と48歳
もう子供を産めない年齢です
何人の子供をあの夫婦は産んだのでしょうか?
本作公開からもう25の年月が過ぎ去さり、深刻さはさらに深く進行しているのです

世代も入れ替わってしまいました
老いと死を受け入れられなかった脱走犯の世代が主人公達の世代になったのです

しかしリメイクは無理かも知れません
本作はあまりにも完璧過ぎて、物語を時代に合わせたところでこれ以上に展開して掘り下げる余地があるとも思えないのです

第一、足入れ式をやる若者達が田舎に揃うこと自体が現実味を失ってしまい兼ねません

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
あき240

1.0凡人には・・・

2016年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

寝られる

対象年齢・・全年代
どんな人と見る・・全てOK
感動・・しません
ハンカチ・・要りません
DVD出たら・・観ません
他人には・・勧めません
総評・・

いっぱい賞を貰っているし、午前十時の映画館で上映していたので観たんだが、はっきり言って凡人の私にはなんだかよくわからない。
何が、言いたいのかな・・・?
多分、棺桶に打ち付ける石を沢に捨てるんだから、それが言いたいのか?
個人的に賞を貰う映画って、しっかりとしたストーリーに添って俳優陣がしっかりとした名演技をする。
観ている観客を次はどうなるのかわくわくさせながら、映画の中に引きずり込む。
あっという間に時間が過ぎ去る。
多くの凡人でもいい映画だったなって思えるような映画。
そんな映画を観たい。

長い時間でした。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
辛口マン

0.5退屈な年寄りの話。

2016年5月31日
PCから投稿

寝られる

評判の良い映画だったので見てみた。
20分まで見て退屈で我慢できなくなってきた。
話はちっとも始まらない。
そしたら急に・・・が出てきて

なにやってんだコラ。

って感じになった。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KIDO LOHKEN
すべての映画レビューを見る(全5件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「午後の遺言状」以外にこんな作品をCheck-inしています。