午後の遺言状のレビュー・感想・評価

メニュー

午後の遺言状

劇場公開日 1995年6月3日
3件を表示 映画レビューを書く

凡人には・・・

対象年齢・・全年代
どんな人と見る・・全てOK
感動・・しません
ハンカチ・・要りません
DVD出たら・・観ません
他人には・・勧めません
総評・・

いっぱい賞を貰っているし、午前十時の映画館で上映していたので観たんだが、はっきり言って凡人の私にはなんだかよくわからない。
何が、言いたいのかな・・・?
多分、棺桶に打ち付ける石を沢に捨てるんだから、それが言いたいのか?
個人的に賞を貰う映画って、しっかりとしたストーリーに添って俳優陣がしっかりとした名演技をする。
観ている観客を次はどうなるのかわくわくさせながら、映画の中に引きずり込む。
あっという間に時間が過ぎ去る。
多くの凡人でもいい映画だったなって思えるような映画。
そんな映画を観たい。

長い時間でした。

辛口マン
辛口マンさん / 2016年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

退屈な年寄りの話。

評判の良い映画だったので見てみた。
20分まで見て退屈で我慢できなくなってきた。
話はちっとも始まらない。
そしたら急に・・・が出てきて

なにやってんだコラ。

って感じになった。

気取ろう軒
気取ろう軒さん / 2016年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今、見直してもなお、色あせない邦画の秀作!! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

没後15年を経た今日でも、女優杉村春子の影響を受けていない現在の大女優はおそらく存在し得ないと思われる日本を代表する大女優であり、しかも91歳で他界する迄その生涯を現役のまま閉じる事が出来た、そんなキャリアを持つ俳優も彼女をおいて他にはいないと思う。その杉村春子をはじめとし、乙羽信子、観世栄夫、朝霧鏡子この4人を主要キャストとして繰り広げられる、人の老いをテーマに物語「午後の遺言状」は描かれるのだが、誰にでも確実に忍び寄って来る筈のその、人間の老いと死と言う重いテーマを描いているにも関わらず、時にユーモラスに、そして深く魅せ、感じさせる作品もこの作品をおいて他には無いのでは?と思うのだ。
それは、言うまでも無くこの4人の見事な芝居があっての事でもあるけれど、それよりも更に、この作品の監督が来月で満100歳を迎える新藤兼人監督の手による作品であるからこそ成せた技であり、生れた作品だと思うのだ。
認知症を患う者を家族に持つ人々の苦悩を描いている作品は数々あれど、生きている限りは必ず何時の日かは、誰のところにも巡り来る老いの問題を、只の悲しみや、苦しみとばかりには捉えずに、尚も命ある限り精一杯に生きる事の意味と、人間の生命に対する底力、命そのものが持つ尊厳と言うものを真正面から描き、老いそのものを笑い飛ばしてしまう程の迫力のある、生命の躍動のエネルギーがこの映画の中から伝わってくる。正にこれこそは新藤兼人監督ご自身のパワーそのもの、生命の輝きと言うものなのだろう。
そうして、人が人として誇りを持って人生を乗り越え、生きるその原点の力とは、人それぞれの価値観の数だけ違いがあって、皆それぞれが違う人生の歴史を背負って生きていても、その自分にとっての大切な世界を持ち続けている事と、そしてその人が生き、育んだそのエッセンスを誰かに、バトンタッチしていくこと、人の歴史は何かの形で受け継がれるように繋げていくことの意味と、人が子孫に残す事が出来る、その人なりの生きて来た役割の伝承を持っている事の重要性も伝えていてくれるのだろう。

杉村春子演じる大女優モリモトヨウコの別荘の庭師である、ロクベエさんが、ある日突然、大金を残したままで、「もう、これまで」と書き置き1枚残して83歳で自死する道を選択すると言うエピソードが描かれる、それこそは正にこれまでと人間が、その尊厳に腹を括る瞬間なのだろう。
そして、その最後の日を迎えた自分の棺の蓋を打つ為の石を用意していたと言うこの、庭師の話を聞いたモリモトヨウコが自分用の石を川原で探して用意して帰るのだが、その彼女に成り替わり、そのヨウコの恋敵?夫の不倫相手であり、長年の知人の乙羽信子演じる豊子がその石を元あった川原に投げ込んで終わるラストの何と清々しいことだろう!!!
ここに人が必ず迎える事になる最後の日、その日が来るまで我武者羅に生き抜くと言う監督の力強いメッセージが託されているように思う。
ガンを患いながら、この作品に出演し、映画の公開の日を迎える事なく他界した乙羽信子のこの映画での芝居も絶品だ。
この地味な作品は公開当時口コミで評判となりロングランした作品だ。
今見直しても、その素晴らしさは色あせる事が無い
今月20日から、鎌倉の川喜多映画記念博物館でこの「午後の遺言状」が上映される予定だ。
是非、まだご覧になっておられない方には、丁度桜の頃に当たるかも知れないので、お花見や、散策を兼ねて、この作品と出会ってみてはどうだろうか?
日本にも探せば沢山、ハリウッド映画には決して負けない素敵な作品も多数あるものだ。

Ryuu topiann(リュウとぴあん)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん / 2012年3月9日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi